STYLE PRESS

Fashion  2019.03.23|Fashion

気温24度の日はどんな服装が正解?季節や天気をコーデの参考に

季節の変わり目は、おしゃれ女子にとって悩ましい時期。服装選びに困ってしまいますよね。外出先で思ったよりも暑かった、寒かったという経験は皆少なからずあるはずです。特に気温24度の日は、半袖を着ようか長袖を着ようか迷う微妙な気温ですよね。今回は天気や季節別に失敗しない24度の服装選びをご紹介します。

気温24度の服装はどう選ぶのが正解?

気温24度は6月や9月の気候です。6月と言えば夏の始まりですし、9月は残暑がまだまだ厳しい時期。じわっと暑く感じる温度でもあります。

天気予報では25度になると「夏日」と表現されます。24度は、夏日に認定される気温よりたった1度低いだけですから、半袖でも良さそうですよね。

でも気を付けるべきは、その日の天気が「最高24度」なのか「最低24度」なのかどうかです。最高24度なら、最低気温は18度くらいになる日もあります。20度を下回るとひんやり感じることもあるので、長袖のカットソーやカーディガンを持っていると良いでしょう。

服装を選ぶ際は、起きた時の気温だけでなく、日中、夕方の気温も併せてチェックしましょう。特に自分が外出している時間帯は容易に服装が変えられないので、慎重に選ぶ必要があります。

また、春の24度と秋の24度でも着る服に変化をつけましょう。柔らかい春色の服を選んだり、しっとり深みあるくすみカラーを取り入れることで、シーズンライクな着こなしが楽しめます。

ここからは色んなシーン別で使える、気温24度の服装をご紹介します。

〈気温別〉24度の服装【1】最高気温が24度ならアウター1枚プラスしよう

最高気温が24度の場合、夕方になるとグッと冷え込み、肌寒く感じるでしょう。コートまではいかなくても、カーディガンやジャケット、パーカーなどが一枚あると便利です。季節の変わり目は、脱ぎ着して調整できるものがあれば助かります。

春になると大活躍するのがドット柄のワンピース。1枚だけだと心元ないですが、ジャケットがあれば朝晩の冷え込みも怖くありません。ミニタリージャケットを合わせることで、フェミニンムードにワイルドな雰囲気をプラスして、甘さと辛さのバランスが好印象のカジュアルコーデに仕上がります。

〈気温別〉24度の服装【2】最高気温が24度なら7分袖がちょうどいい

コートやジャケットを着ずに一枚で勝負したい場合、7分袖をチョイスしましょう。暑すぎず、寒すぎない、丁度いい着心地が叶います。

最高気温が24度の場合、20度を下回ると半袖では寒々しく見えますし、日中暑い日に長袖だと暑苦しく見えてしまいます。涼しげで季節に丁度マッチできるのが7分袖です。

遊び心溢れるキャラクタープリントの7分丈Tシャツに、メンズライクなカーゴパンツを合わせてラフカジュアルにまとめてみましょう。白のスニーカーを履けば、爽やかな大人の休日コーデが出来上がります。

〈気温別〉24度の服装【3】最低気温が24度なら半袖×ストールがおすすめ

最低気温が24度の場合、日中はどんどん気温が上がると予想できます。しかし、朝晩はまだまだ冷え込む可能性がありますし、冷房が効いている部屋で仕事をしないといけないかもしれません。
5分丈のカットソーやストールで防寒対策を万全にしていきましょう。

ボーダーのスカーフやストールは、マリンルックで初夏のコーデにぴったりです。白とネイビーを基調とした組み合わせで、爽やかな着こなしを楽しみましょう。

〈季節別〉24度の服装【1】春の24度は春色の5分丈ニットで爽やかに

春から夏に変わる時期の気温24度は、新緑色が爽やかなニットトップスで出かけましょう。半袖より長めの5分丈の袖がシーズンライクで、季節の変わり目にぴったり。

デコルテを美しく見せるVネックを活かした、大人っぽい着こなしがおすすめです。ベージュのタイトスカートを合わせれば、オフィスにも着ていける、かっちりコーデが叶います。

前後Vネックミラノリブ5分丈ニット

¥1,499

今すぐチェック

〈季節別〉24度の服装【2】秋の24度はこっくりカラーのロングカーディガンで決めて

秋の24度は、季節を先取りしたロングニットカーディガンでゆとりある大人の女性を演出してみましょう。紅葉をイメージさせる深みのあるバーガンディは秋にぴったりです。

まだまだ日中は暑くなるので、脱ぎ着できるカーディガンは重宝しますよね。季節の変わり目は、薄手のTシャツにカーディガンをプラスしたすっきりスタイルで決めるのがおすすめです。

ロングニットカーディガン

¥1,899

今すぐチェック

〈天気別〉24度の服装【1】晴れの日の24度は薄手のロングカーディガンで華やかに

晴れの日の24度は、日差しも強く暑く感じます。一方、建物の中に入ればひんやりするかもしれません。ちょっと肌寒い時にサッと羽織れる、まるでストールのようなカーディガンは春秋に大活躍するはずです。

フリンジの付いた薄手のカーディガンは主役級の存在感。無地のTシャツに合わせれば、カーディガンが美しく映えてこなれた感じを演出できます。

Tシャツセット花柄フリンジカーディガン

¥1,899

今すぐチェック

〈天気別〉24度の服装【2】雨の日の24度はモッズコートでワイルドコーデ

雨の日は実際の気温に比べ、体感温度は低く感じるかもしれません。風があればひんやり肌寒く感じることもあるでしょう。雨の日の24度は、Tシャツに羽織れるジャケットがあれば便利です。フードがついているものが特におすすめ。雨の日でも濡れる心配なく外出できますね。

ミニタリーチックなモッズコートは、かっこいいカジュアルコーデを作りたい時のお手軽アイテムです。いつものコーデにプラスすれば、クールでワイルドな印象に早変わりします。
ガーリーなコーデにも合わせやすいので、ぜひ取り入れてみてください。


同じ気温でも季節や天気によってコーデに変化をつけるのが、真のおしゃれ女子の極意です。出先で「失敗した!」ということにならないよう、日中や夕方の気温差に注意しながら、賢く気温24度の服装を選んでいきましょうね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.