STYLE PRESS

Lifestyle  2018.12.25|Lifestyle

大切な服にカビができちゃった!?対処方法と予防策をご紹介

久しぶりにタンスから洋服を出したら、大切にしていた服にカビが付いていた経験はありませんか?カビが生えていたらとてもショックですよね。そこで今回は、服にカビが生えていた時の対処法、また予防策などをご紹介します。

服にカビができるのはなぜ?カビの発生原因は?

服にカビができる原因【1】湿気

浴室 水滴 カビ

湿気はカビの大敵です。湿度が75%以上になると、途端にカビが発生しやすくなります。

結露の溜まりやすい窓際のカーテンや、汗がこもりやすい寝具などにもカビは発生しやすくなるので注意しましょう。

服にカビができる原因【2】温度

温度計 浜辺

湿気に、適温が加わるとカビの発生率もぐんとアップします。カビが発生しやすいのは20〜30度と言われていますので、梅雨〜秋にかけては特に注意が必要です。

タンスやクローゼットの換気をこまめに行い、除湿機などを併用すると効果的ですよ。

服にカビができる原因【3】カビの栄養になる汚れ

洗濯 臭い 

皮脂汚れや、食べ物のシミなどが服の繊維に残っていると、カビの栄養源となってカビを余計に増やしてしまいます。
服を収納する時は、必ず洗濯をして、十分に乾かすようにしましょう。

また、洗濯機の中にカビが溜まっていると、そのカビ菌が衣類に移ってしまうことがあります。

洗濯したばかりなのに、服がカビ臭く感じることはありませんか?そんな時は洗濯槽の中にカビが溜まっている可能性大です。
専用のクリーナーで、定期的に洗濯機の中も清潔にしておきましょう。

服につくカビは大きく分けて白と黒の二種類!

カビが生えたタンクトップ

服に生えるカビは、大きく分けて白カビと黒カビの二種類があります。

まれにオレンジ色や緑、茶色いカビが発生することもありますが、これらのカビは基本的に糖質に反応して発生するものです。

食べこぼしや皮脂汚れがが落としきれていなかったり、死んだカビ菌が酸化して変色している可能性があります。

白カビ、黒カビの落とし方をそれぞれご紹介!

服に生えたカビの落とし方【1】白カビはアルコール消毒で

アルコール 除菌 服

白カビは黒カビに比べて簡単に落とせます。
衣類の表面のみに発生していることが多いので、衣類用ブラシで軽くこするだけで落ちることもあります。

ただし、ブラッシングは必ず通気性の良いところで行うようにしましょう。そうしなければ、カビ菌が散って他の衣類に移ってしまいます。

また、エタノールやアルコールスプレーをを使って除菌するのも効果的です。カビが気になる部分に塗布し、トントンと叩くようにしてカビを取り除きましょう。

あとはしっかりと天日干しにして、完全に乾かしてから収納するようにしてください。気になるのであれば、一旦洗濯してから乾すのがいいでしょう。

服に生えたカビの落とし方【2】黒カビは漂白剤を使って

漂白剤 洗濯洗剤

黒カビは繊維の奥まで根を張っていることが多く、簡単に落とすことはできません。

黒カビが服についていたら、漂白剤を使って落とす必要があります。漂白剤には塩素系漂白剤、酸素系漂白剤の二種類があります。塩素系漂白剤の方がより強力ですが、その分繊維も傷みやすく、色落ちしやすいのがネックです。
真っ白な服など、色落ちが気にならない服であれば塩素系を使い、それ以外の服は酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

漂白剤は1リットルあたり10gが目安です。40〜50度くらいのお湯に適量を溶かして30分〜2時間ほど漬け置きし、カビが付いている部分を丁寧に揉み洗いしましょう。ゴム手袋の着用と換気を忘れないようにしてくださいね。

この時、漂白剤と同量の重曹を追加するとより効果的ですよ。

服に生えたカビの落とし方【3】革についたカビは重曹ペーストで落とす

重曹

レザージャケットやレザースカート、ベルトなどの革製品にもカビが発生することがあります。そんな時は重曹と水を3:1の割合で混ぜた重曹ペーストを使って落としましょう。

柔らかい布にペーストを付け、そっとカビを拭き取りましょう。乾拭きをして、十分に乾燥させてから収納してください。

服にカビがつかないようにするには?

洗濯 洗濯物

カビはそもそも発生しないように心がけることが大切です。
一度着用したものは必ず洗濯し、十分に乾かしてから収納してください。

タンスの中やクローゼット内に湿気がこもらないように、収納する時に工夫をするようにしましょう。除湿シートや新聞紙を一緒に入れておくと湿気を吸い取ってくれますよ。

定期的に空気の入れ替えをして、風通しを良くするのもおすすめです。

カビ対策を知ってファッションを楽しもう!

カビ対策をして楽しみたい服【1】レースのトップス

黒カビが目立ちやすい白のレースも、しっかり対策をしておけば安心ですね。
女性らしさが際立つレース使いのトップスは、一枚は持っておきたいアイテムです。可憐で上品なコーデが決まりますよ。

ハイネックパワショルレーストップス

¥1,599

今すぐチェック

カビ対策をして楽しみたい服【2】ニットセットアップ

湿気がこもりやすいニットも、カビ対策をしっかりとしておきましょう。
上品なコーデに使えるニットのセットアップは統一感も出て素敵ですよ。スリット入りなら、タイトなシルエットでも動きやすくておすすめです。

カシュクールニットセットアップ

¥3,299

今すぐチェック

カビ対策をして楽しみたい服【3】レザースカート

手入れが難しそうなレザースカートも、カビ対策をしっかりしておけば怖くありません。トレンドのアイテムですので、ぜひ取り入れていきたいですよね。

時々柔らかい布で乾拭きをしてあげるだけでもカビ予防になりますよ。通気性の良いところに吊るして収納するのがベスト。


高温多湿の日本は、特にカビが発生しやすい気候にあります。大切な服にカビが発生しないように、できる対策からしっかり行い、予防していきましょう。どうしても落としきれないカビは無理にこすったりせず、クリーニングに出してプロの手できれいにしてもらうのがいいかもしれません。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.