STYLE PRESS

Lifestyle  2019.03.22|Lifestyle

彼氏と喧嘩中の女性必見!仲直りのタイミングや方法を確認しよう

彼氏と仲良くしたいと思っていても、喧嘩になることはありますよね。ここでは、彼氏との喧嘩後に仲直りするタイミングや方法、喧嘩中にしてはいけないことについてご紹介します。

彼氏との喧嘩の原因は?

喧嘩中の彼氏と彼女

彼氏と仲良くして関係を深めていきたいと考えていても喧嘩になってしまうことはあります。まずは、恋人同士の喧嘩の原因を見ていきましょう。

■生活習慣の違い
同棲中のカップルが喧嘩する原因として代表的なのが、生活習慣の違い。例えば、どちらかが片づけをしなかったり、家事を手伝ってくれなかったりすると、イライラが溜まって喧嘩になることが多いです。

■相手の態度
二人でいる時にスマホばかりを見ていたり、LINE(ライン)への返信が遅かったりすると、腹が立ちます。注意しても相手が態度を改めてくれなければ、喧嘩に繋がるでしょう。

■約束を守ってくれない
相手がデートの予定を忘れたり、遅刻を繰り返したりすると、良い気分にはなりません。他にも、二人で決めた約束をどちらかが破った場合は、喧嘩になることが多いです。

■やきもち
恋人が他の人と楽しそうにしていると、やきもちを焼いてしまう人は珍しくありません。やきもちを焼かれたことに対して相手が「めんどくさい」「束縛が強い」などと思うと、喧嘩に発展します。

彼氏と喧嘩後、仲直りをするタイミングは?

カレンダーと時計

彼氏と喧嘩をしてしまった時は、状況に応じて仲直りのタイミングを決めるのが大切です。

■自分が悪いなら、できるだけ早く
喧嘩の原因が自分にある場合は、できるだけ早く謝るのが大切です。時間が経つと、素直に謝りにくくなり、彼氏と気まずくなるので、すぐに謝りましょう。

■軽い喧嘩なら1~2日
些細なことが原因で喧嘩した場合は、1~2日程度頭を冷やしてから仲直りすると良いでしょう。自分から謝るのが苦手な人は軽く甘えたり、彼氏にご飯を作ってあげたりして「もう怒っていないよ」と伝えてください。

■最大でも1週間以内
二人の将来に関係することなどで喧嘩した場合は、しばらく距離を置いてお互いに頭を冷やすのもおすすめです。時間を空ければ、頭の中を整理できるので、冷静に話し合えます。

ただし、1週間以上時間を空けると、お互いに謝るタイミングを逃して関係修復が難しくなるので、注意してください。

彼氏と喧嘩後に仲直りする方法

カレンダーと時計

「彼氏と仲直りしたい」と思っても、どうやって行動を起こせばいいのか悩んでいる女性は多いです。仲直りしたい時におすすめの方法をご紹介します。

■素直に反省する
自分が悪いと自覚している場合は、素直に反省しましょう。「あの時は強く言いすぎてごめん」などと反省していることを言葉にすると、関係の悪化を防げます。

謝る時は今後について伝えるのも大切です。「次からは約束を守るね」などと伝えれば、今後も一緒にいたいことをアピールできます。

■話し合う
お互いに主張がある場合は、しっかりと話し合うことも大切です。気持ちは言葉にしなければ伝わらないので、怒っている理由や反省点、今後についてなど、考えていることを伝え合いましょう。

直接会って話し合うのが理想ですが、どちらかがヒートアップしそうな場合は、電話やLINE(ライン)でも問題ありません。ただし、電話やLINEの場合は、相手に意図が伝わりにくいので、誤解されないようにはっきりと気持ちを伝えましょう。

■愛情表現する
仲直りをしたいなら、愛情表現をするのもおすすめです。「好きだから一緒にいたい」ということをアピールすると、仲直りのきっかけを作れます。ただし、突然「愛してる」と言ったり、キスしたりすると、彼氏が戸惑います。

喧嘩が収まっていない時は、彼氏の様子を見ながら、手を繋いだり、デートの時の写真を送って「また二人でここに行こうね」などと伝えたりすると良いでしょう。

■軽い賠償を求める
彼氏が悪い場合は、軽い賠償を求めるのも一つの手段です。謝ってもらったら「次からは約束を守ってね」と言いつつ、「ケーキを買ってくれたら許すよ」などと軽い賠償を求めてみましょう。

賠償してもらうと、イライラが抑えられるので、仲直り後も普段通りに彼氏とコミュニケーションを取れるでしょう。しかし、毎回賠償を求めていると「何かが欲しいから怒っているの?」「賠償すれば許してもらえる」などと思われてしまうので、やりすぎには気をつけてください。

彼氏との喧嘩中にしてはいけないこと

バツマークを作る女性

彼氏がずっと怒っている場合や頻繁に喧嘩している場合は、あなたの行動が関係しているのかもしれません。彼氏との喧嘩でやってはいけないことをチェックしてみましょう。

■状況を考えずに謝る
相手が悪いのに、喧嘩の度に自分から謝っていると、彼氏はどんどんと傲慢になります。自分が悪くない時は、彼氏が謝ってくれるのを待ちましょう。

また、彼氏が怒った時、何も考えずに謝るのも良くありません。状況を把握せずに謝ると、彼氏は「何に対して怒っているのかわかっていない」と感じてしまいます。自分から謝る場合は、「○○をしてごめんね」と反省していることを伝えましょう。

■何度も連絡する
喧嘩中に何度も連絡すると「ほっといて」「うっとうしい」などと思われてしまいます。喧嘩中はむやみに連絡を取らず、「話したい」などと必要なことのみを伝えましょう。

■何度も泣く
喧嘩中は辛くなってもできるだけ彼氏の前で泣くのをやめましょう。頻繁に泣いていると「面倒くさい」「泣けば許してもらえると考えている」などと思われてしまいます。

■人格を否定する
イライラしていても人格を否定するのは良くありません。「生理的に嫌い」「あなたにはできない」などの言葉は言ってはいけないです。人格を否定すると、関係の修復は難しくなるので、彼氏と仲良くしたいなら、改善してほしいポイントをはっきりと伝えましょう。

■無視する
喧嘩中も彼氏を無視するのは避けましょう。無視すると、仲直りするタイミングを逃しやすくなるので、そのまま喧嘩別れしてしまうこともあります。

■周りの人と比べる
元カレや友達の彼氏と比べるのも良くありません。「元カレは○○してくれた」などと言うと、彼氏は「それなら元カレとよりを戻せばいい」と考えたり、落ち込んだりしてしまいます。誰かと比べたい気持ちはぐっとこらえて、彼氏に対して思っていることだけを話しましょう。


彼氏と喧嘩してしまったら、適切なタイミングで仲直りしてください。しっかりと話し合って仲直りすると、二人の関係性を深められるでしょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.