STYLE PRESS

Fashion  2019.02.14|Fashion

クラシックコンサートの服装マナーはOK?季節・年代別にご紹介

敷居の高さやいつもより特別感のある雰囲気であることから悩んでしまう、クラシックコンサートに行くときの服装。きちんとした服装がベストですが、具体的にどんな服装が良いのかわかりませんよね。そこで今回は、季節や年代別に服装のポイントをご紹介します。

クラシックコンサートとは?

クラシックな音楽をゆったりと楽しめるのが魅力的なクラシックコンサートですが、クラシックと一口に言っても、オペラやガラコンサート、オーケストラ、ピアノなど、いろいろなコンサートがあります。

クラシックというイメージから、「敷居が高い」といったイメージもあるかと思いますが、市民オーケストラの演奏であれば比較的に行きやすい雰囲気があり、服装も堅苦しくありません。

■クラシックコンサートの服装のポイント
そんなクラシックコンサートですが、いざ行こうと思ったとき、服装のマナーも気になりますよね。
ドレスコードをしなければならないという印象があるかと思いますが、実は日本では決まった服装はないようです。

まれに服装の指定をしているクラシックコンサートもありますが、基本的には「きちんと感」を意識して、いつもより少しおしゃれなくらいでOK。

露出が多く、カジュアルな服装や、音の出るアクセサリーはNGですが、市民オーケストラのようなクラシックコンサートでは着飾りすぎて浮いてしまうこともあるので、注意しましょう。

GRL ペチコート付総レースハイネックワンピース

¥1,099

今すぐチェック

<20代>クラシックコンサートの服装【1】Aラインワンピースでフェミニンに着こなす

20代の女性がクラシックコンサートに行くなら、着飾りすぎず、程よく可愛らしさを残して!
シンプルなデザインでも、ふわりと広がるAラインシルエットのワンピースなら、フェミニンな着こなしを叶えてくれます。

<20代>クラシックコンサートの服装【2】モノトーンコーデでまとめる

市民オーケストラのようなクラシックコンサートでは、華やかなドレスやアクセサリーをつけていると、かえって浮いてしまうことがあるので、オフィスカジュアルや休日のお出かけコーデを意識して。
白を多めに入れたモノトーンのワンピーススタイルなら、失敗なし!

<20代>クラシックコンサートの服装【3】キャミワンピースにニットをレイヤード

秋らしい素材や色のワンピースに、リブニットやレーストップスを重ねれば、特別感のあるよそ行きコーデに。
クラシックコンサートの服装では、きちんと感を重視したいので、20代の女性もひざより下の丈をチョイスしてみてください。

<20代>クラシックコンサートの服装【4】冬はシックな黒のワンピースにコートをオン

冬のクラシックコンサートの服装に迷ったら、黒のワンピースがおすすめです。
20代の女性ならタイトでもフレアでも可愛らしさを残して着こなせるので、あとはコートを羽織って寒さ対策を忘れずに!

<30代>クラシックコンサートの服装【1】春はジャケットを羽織ってきちんと感を出す

30代からのクラシックコンサートの服装では、大人の女性としての魅力をアピールしていきましょう。
少し肌寒い春は羽織れるものがあると便利なので、キレイめのワンピースを着たら、きちんと感が出るジャケットを羽織ってみて!

<30代>クラシックコンサートの服装【2】パンツスタイルもキレイめならOK

ジーンズのようなカジュアルすぎるパンツはNGですが、フォーマルなパンツならクラシックコンサートの服装として活用できます。
トップスもブラウスにしてきちんと感を出し、手首や足首を出して女性らしさをアピールすることがポイント。

<30代>クラシックコンサートの服装【3】総レースワンピースで芸術の秋を楽しむ

総レースのワンピースも特別感を出してくれる一枚なので、クラシックコンサートの服装にぴったり。
ロング丈で上品に着こなしながら、クラシック音楽に耳を傾けてみて!

<30代>クラシックコンサートの服装【4】タイトなロングワンピースで上品に

冬のクラシックコンサートの服装では、ニットを取り入れて暖かく着こなすのもgood。
カジュアルになりすぎないように、タイトなシルエットやロングワンピースで女性らしさをプラスし、コートを羽織って品よく決めましょう。

<40代>クラシックコンサートの服装【1】春カラーのフレアスカートをオン

40代からは、大人っぽさに加えて優雅な雰囲気もプラスしていきましょう。
春のクラシックコンサートの服装なら、パステルカラーのフレアスカートを入れて可憐な着こなしをしてみて!

<40代>クラシックコンサートの服装【2】夏はサラッとワンピースを着こなす

夏はシンプルにワンピース一枚でサラッと着こなすのも◎。
くすみピンクなら大人女子でも取り入れやすく、きちんと感を出してくれるので、クラシックコンサートの服装にしても浮きません。

<40代>クラシックコンサートの服装【3】レース素材をプラスして大人っぽく

シンプルなワンピースにも、レース素材が施されているだけで特別感を演出してくれるので、クラシックコンサートの服装としても活躍してくれます。
秋らしい黒やブラウンでまとめれば、40代の女性でも着こなしやすいです。

<40代>クラシックコンサートの服装【4】冬はファーコートで高級感を出す

冬はファーコートで特別感と高級感を演出。
オーケストラなどのクラシックコンサートなら、いつもより少しおしゃれな服装を、オペラなどのクラシックコンサートなら、ドレスコードに合わせるといいですよ。

<50代>クラシックコンサートの服装【1】春は七分袖のセットアップで統一感を出す

50代からのクラシックコンサートの服装は、大人の洗練されたスタイルを意識していきたいもの。
スカートやワンピースが苦手な女性でもセットアップのパンツスタイルなら、上品に着こなせます。

<50代>クラシックコンサートの服装【2】夏は軽く羽織れるものを用意

夏はタイトなワンピースでベースを作ったら、冷房対策に羽織ものを用意。
ベージュやグレーなどの優しい色で統一すれば、クラシックコンサートにふさわしい50代女性の服装になります。

<50代>クラシックコンサートの服装【3】深みカラーで大人っぽさを増す

秋になったら、少し落ち着いたトーンの服装にして、クラシックコンサートらしさと季節感を両立。
サテンのような少しツヤのあるドレスなら、敷居の高いオペラやガラコンサートにもおすすめです。

<50代>クラシックコンサートの服装【4】ピンクのスカートを入れて特別感アップ

50代の女性は、基本的に色を統一した方が洗練された雰囲気を作りやすいですが、ワンポイントに色を入れて特別感を出すのも◎。
冬のクラシックコンサートの服装なら、ロングコートを合わせて大人の余裕を引き出してみて。

クラシックコンサートの服装におすすめのアイテム①清楚な花柄のワンピース

クラシックコンサートの服装の定番であるワンピースなら、小花柄のワンピースも素敵。
華奢で可憐な着こなしを叶え、お嬢様のようなきちんと感を出してくれます。

バッグや足元は黒で締めて、高級感もプラスするとさらにgood!

GRL ボウタイ付きフリル切替プリーツ花柄ワンピース

¥2,699

今すぐチェック

クラシックコンサートの服装におすすめのアイテム②女度を上げるタイトなセットアップ

セットアップであれば、クラシックコンサートの服装に悩んだときも安心。
そのまま着るだけで、統一感のある着こなしができます。

できるだけタイトなスカートやひざ下の丈のセットアップを選び、大人っぽさや女度を上げることがおすすめです。

GRL カシュクールニットセットアップ

¥2,499

今すぐチェック

クラシックコンサートの服装におすすめのアイテム③エレガントに決まるファー付きコート

秋冬や春先に欠かせないコート選びで迷っているなら、ファー付きタイプもおすすめです。

クラシックコンサートの服装をしたとき、袖口に施されたファーが高級感を演出してくれます。
シンプルなデザインの中に、ふわふわ感もあることで、可愛らしい雰囲気も作ってくれますよ。


クラシックコンサートの服装をご紹介しました。あまり難しく考えず、いつもよりフォーマルな服装を意識すれば、クラシックコンサートの会場にも馴染みます。おしゃれも音楽も楽しんで、素敵な1日を過ごしてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.