STYLE PRESS

Entertainment  2020.02.14|Entertainment

『あまちゃん』ヒロイン能年玲奈の現在、事務所独立の背景は?

独立騒動後から、あまりメディアで見られなくなってしまった能年玲奈(のうねん れな)さん。気になる現在の活動、独立騒動の背景を調べました!

【のん現在】能年玲奈の事務所独立はなぜ?『あまちゃん』当時も給料が5万円だった?!

【のん現在】能年玲奈のプロフィール

【芸名】のん
【旧芸名】能年 玲奈(のうれん れな)
【誕生日】1993年7月13日
【出身】兵庫県神崎郡神河町
【身長】166cm
【血液型】A型

■2015年4月、事務所独立騒動が発生。

『あまちゃん』ヒロインで大活躍中の能年玲奈さんが「月給5万円しかもらっていない!?」という衝撃的な報道が出ました。

本当かどうか調べてみたところ、「週刊新潮」「週刊ポスト」によると「最初の月給は5万円だった。ですが、『あまちゃん』が始まってからは月給20万に増額され、夏冬合わせて200万円以上のボーナスも支給されている、そしてその後も800万円のボーナスも支給した。」とのことでした。

きちんとボーナスはもらっていたんですね!!
では、なぜ独立することになったのでしょうか?

【のん現在】能年玲奈大ブレイク中の、事務所独立のナゾ。

事務所独立の原因とは、実写化した映画『進撃の巨人』で事務所を通さず、知人を通して監督に接触するという"芸能界での御法度"をしてしまい、そのことから事務所側も仕事を入れることができない、と判断されてしまったそうです。

上記のことが問題視され、映画『進撃の巨人』の出演を事務所側が断ったことで、能年玲奈さんは独立を決意したようです。

能年玲奈さんも出演したい!という気持ちが強くて、先走ってしまったのでしょうか。映画『進撃の巨人』のミカサ役と、大変重要人物の予定だったそうです。
能年玲奈さんのミカサ役なんて見てみたかった、と残念に感じる人も多かったのではないでしょうか。

ちなみに実際のミカサ役を演じたのは、水原希子さんでした。

【のん現在】能年玲奈の育ての親「生ゴミ先生」こと滝沢充子(たきざわ みつこ)に洗脳されていた?

能年玲奈さんが「生ゴミ先生」と慕う1人の女性。育ての親ともいわれ、プライベートではいつも一緒なんだそうです。

「生ゴミ先生」ってどういうこと!?と思われる方もいらっしゃると思いますが、能年玲奈さんが滝沢さんから「女優にならなきゃ生ゴミね」と言われたことが「生ゴミ先生」の由来だと、2012年11月、第37回報知映画賞新人賞受賞後のインタビューで話しているそうです。

「魅力開発トレーナー」として能年玲奈さんのデビューから面倒をみてきて、朝ドラヒロインにまで変身させたのです。

この生ゴミ先生に洗脳され、レプロエンタテインメントに無断で個人事務所を設立したと言われています。

【のん現在】能年玲奈は個人事務所「株式会社三毛andカリントウ」を設立、レプロと契約終了へ

能年玲奈さんは、レプロエンタテインメントに所属している中、無断で「株式会社三毛andカリントウ」という会社を設立しました。

とても変わった会社名ですが、どんな意味があるんでしょうか?

いろんな説があるのですが、能年玲奈さんの書くイラストのワニの名前がカリントウで、そのキャラクターから一部取り入れたようです。

なぜ個人事務所を設立したのかは、節税目的、ガールズバンドで歌手デビューするんじゃないか、と言われていましたが、ここでは歌手デビューはしませんでした。

能年玲奈さんが描いた絵やグッズなどを販売する会社だそうです。

女優業の仕事ではないので、契約違反に抵触しないと能年玲奈さんは否定したそうです。その後2016年7月に、レプロエンタテインメントとの契約終了と報じられ、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立しました。

【のん現在】能年玲奈改名して【のん】芸能活動再スタート

 

個人事務所「株式会社non」を設立後の2016年7月、芸名を「のん」に改名し活動することになりました。8月には自身のInstagramもスタートしています。

2016年11月12日公開のアニメ映画『この世界の片隅に』で片渕須直監督からの「のんさん以外のすずさんは考えられない」という熱烈なオファーがあり、主人公「すず」の声に大抜擢!!

単館系作品『この世界の片隅に』は異例の大ヒット!!!

・第38回ヨコハマ映画祭審査員特別賞
・第31回高崎映画祭ホリゾント賞
・第21回日本インターネット映画大賞
・主演女優賞およびベストインパクト賞
・2016年度全国映連賞女優賞
・第11回声優アワード特別賞

と数々の賞を受賞しました!
能年玲奈さんの再スタートはうまくいったように思われましたが、ドラマ主演などの話はあるものの、未だに独立騒動のことがあり簡単には最終決定までいかないようです。

【のん現在】能年玲奈は音楽活動も開始!音楽レーベル「KAIWA (RE) CORD」(カイワ・レコード)を発動!

2017年8月には、のんさん(旧芸名能年玲奈)が代表を務める音楽レーベル「KAIWA (RE) CORD」を新たに発足しました。
「女優」として、また「歌手」として、自由な表現を展開していきたいというのんさん。

中学生のときに友達とバンドを組んで、地元のイベントに出たりしたのが忘れられなかったそうです。

表現者として、いろいろなことに挑戦することは凄いことですね。


現在では女優業だけでなく、歌手や表現者として活躍されていますが「のん」に改名してからも、以前のようには女優のお仕事が入ってこないようです。しかし最近(現在2020年)ではのんさんが出演しているCMも増え、ここからまたドラマや映画でも活躍してほしいですね!

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.