STYLE PRESS

Fashion  2019.02.26|Fashion

チュニックを選べば間違いない!体型カバーも叶う上手なコーデ

おしゃれなファッションアイテムとしてよく耳にする、チュニック。しかし、どんなものかよく分からない……という方も多いでしょう。そこで今回は、チュニックの定義とおすすめのチュニックコーデをまとめてご紹介します。

チュニックとはどんなもの?

チュニックとは、元々古代ギリシャやローマ帝国で使われていた貫頭衣がベースになっています。腰から膝辺りまでの長さがあり、腰の部分をベルトのようなもので縛って着用するのが一般的でした。

現代ではデザインも洗練されて、色や柄、形状も様々です。主に女性が着用するカジュアル着として広まり、ゆったりとしたシルエットからマタニティウェアとしても人気がありますよね。

腰から膝までの丈ですので、短めのワンピースのようにも見えますが、チュニックはあくまでも上着です。パンツやスカートなど、ボトムスを合わせて着るのが基本です。

オーバーサイズニットチュニック

¥1,599

今すぐチェック

年代別に見るチュニックを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈年代別〉チュニックを使ったコーデ【1】20代はパーカーチュニック

チュニックパーカーは、羽織としても使える万能アイテムです。もちろん、トップスとしても使えますよ。

白のチュニックは素材によっては下が透けやすいので、一枚薄いインナーを着ておくと安心ですね。

パーカーチュニックブルゾン

¥1,099

今すぐチェック

〈年代別〉チュニックを使ったコーデ【2】30代はデニムジーンズに

30代はデザイン性の高さで差をつけていきましょう。シンプルな無地のチュニックもアシンメトリーデザインなら、おしゃれさもグッとアップします。

チュニックと相性抜群のデニムジーンズは、スキニータイプを選びましょう。そうすることで、チュニックのふんわり感が引き立ちます。

〈年代別〉チュニックを使ったコーデ【3】40代はチュニックを差し色に使って

チュニックはコーデのメインとしても使えますが、他のアイテムの引き立て役としても大いに活躍してくれます。

チェスターコートやトレンチコートなど、アウターをメインにしたい時は、対照的な色のチュニックを下に着て目立たせてあげましょう。できるだけシンプルな無地のチュニックを選ぶのがポイントです。

〈年代別〉チュニックを使ったコーデ【4】50代はチュニックシャツでスッキリ

清潔感があり、スッキリと決まるのがチュニックシャツです。普通のシャツよりも柔らかい生地が使われていることが多く、ふんわりとした着心地が魅力的です。

ウエスト部分が絞れるタイプは、キュッと結ぶことで腰回りが細く見え、スタイルアップ効果も抜群です。

色別に見るチュニックを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈色別〉チュニックを使ったコーデ【1】ベージュは黒で引き締めて

ナチュラルで柔らかな色合いのベージュ色のチュニックは、上品で優しい印象を与えてくれるでしょう。
ベージュ色のチュニックは、ふんわり感が強い分、膨張して見えるのが難点です。黒やネイビーなどの濃い色のボトムスで引き締めてあげましょう。

〈色別〉チュニックを使ったコーデ【2】ピンク色でスイートに

ピンク色のチュニックは、華やかで可愛らしいコーディネートになりますよね。
淡い色合いとチュニックの柔らかさが相まって、よりフェミニンで清楚感のあるコーデに仕上がるでしょう。
パンツルックにすれば、甘さも適度に抑えられますよ。

〈色別〉チュニックを使ったコーデ【3】ネイビーは白を差し色にして

人気のネイビー色は、上手に差し色を入れていくことで更にメリハリを出すことができます。
少し長めのチュニックやキャミソールを下に重ね着してチラ見せしてあげれば、こなれ感のあるレイヤードスタイルの完成です。

全体がモコモコし過ぎないよう、ボトムスはスキニータイプやレギンスなどの細めタイプがベターです。

柄別に見るチュニックを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈柄別〉チュニックを使ったコーデ【1】メインにピッタリの花柄

花柄のチュニックは、華やかで女性らしいトップスです。大きな花柄はインパクトがありますし、小花柄は可愛らしい印象になりますよね。
また、花の種類によっては季節感を出すことも可能です。

花柄チュニックは、せっかくの模様を活かすため、ボトムスは無地を選ぶようにしましょう。グリーンのパンツはナチュラルな印象で花柄とマッチします。

ウエストドロスト花柄チュニック

¥1,799

今すぐチェック

〈柄別〉チュニックを使ったコーデ【2】ストライプ柄でクールに

ストライプ柄のチュニックは、縦長効果でスタイルが細く見えるメリットがあります。チュニックは普通のトップスよりも丈が長いので、よりその効果が発揮されやすくなります。身長が低めの方に特におすすめの柄です。

ストライプの幅によって印象が変わってきます。太めのラインはカジュアル度が強くなり、細めのストライプになるとクールさがアップします。


チュニックはデザインはもちろん、色や使われている素材も様々です。柔らかいレーヨンからスエットのような厚手のものまで揃っていますので、オールシーズン使えるのも嬉しいですよね。体型カバー効果も高いので、ぜひ積極的にチュニックをコーデに取り入れてみてください。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.