STYLE PRESS

Beauty  2018.12.15|Beauty

ウェディングで人気の髪型とは?長さ・アクセ・ドレス別の素敵ヘア

結婚式は一生に一度、女の子がプリンセスになれる日。人生の晴れ舞台である結婚式では一番美しい姿をお披露目したいですよね。女性の命ともいえる髪も、ウェディングでは特に力を入れたい部分です。今回はウェディングにおすすめの髪型をご紹介します。

ウェディング当日。あなたを一段と美しく見せてくれる髪型は?

結婚式は一生に一度だけ。花嫁が主役になれる日では、綺麗に着飾った最高の自分を見てほしいですよね。

ウェディングの準備は遅くとも半年前から始まります。ドレスやヘアアクセなどを決めた後、さらにヘアメイクも決めていかなければなりません。理想のヘアメイクに近づくために、髪を伸ばす人、前髪を伸ばす人もいるでしょう。

ウェディングに似合う髪型は以下のような要素で絞っていくことができます。
■髪の長さ
■合わせるヘアアクセ
■ウェディングドレスかカラードレス

今回はこれらの3つの要素別に、おすすめの髪型をご紹介します。

長さ別ウェディングの髪型【1】ロングヘアを下ろす

ロングヘアはヘアアレンジの選択肢が多いので、花嫁ヘアに迷っている人は伸ばしておいて損はないでしょう。

ウェディングと言えばアップスタイルが定番ですが、ロングヘアを活かした下ろすスタイルも女性らしくて素敵です。顔回りがすっきりしているオフショルダーのドレスなら、大胆なカールヘアを肩まで垂らしても、胸元や肩の辺りがごちゃつくことがありません。

お辞儀をした際やキャンドルサービスなど、顔を下げるときに髪が邪魔にならないよう、耳横の髪は後ろで編み込むといいでしょう。

長さ別ウェディングの髪型【2】ロングヘアをポニーテールに

少女のようなあどけなさと健康的な印象を感じさせるポニーテールは、若い花嫁に人気です。

ゆるふわのパーマをかけた髪を高めで結んで、エアリーなポニーテールを作ります。耳横の毛を少し後れ毛として残すと、可愛らしさの中にも大人っぽさを取り入れることができます。

結び目に花やパールなどのアクセサリーを散りばめて、華やかなヘアスタイルを作りましょう。

長さ別ウェディングの髪型【3】ミディアムヘアは三つ編みでラプンツェルスタイル

肩下くらいの長さのミディアムヘアなら、アップするには短すぎるかもしれません。そこでミディアムの人におすすめなのが、ラプンツェル風の華やかアレンジです。三つ編みを組み合わせるアレンジなので、アップスタイルほど長さは必要ありません。

髪を三つに分け、それぞれ三つ編みにします。三本できた三つ編みをさらに編み込んで複雑な三つ編みを一つ作ります。三つ編みを程よくほぐしてボリュームを作ると、一層ゴージャスに仕上がりますよ。

最後に大きい花をつけたり、小花をちりばめるとチャーミングなラプンツェル風スタイルの出来上がりです。

長さ別ウェディングの髪型【4】ボブ花嫁はサイドとトップでボリュームを

ボブは、アップやポニーテールスタイルができないため、ボリュームに欠け、華やかさが足りなく感じてしまいがち。ボブヘアをボリュームアップさせるには、サイドとトップがポイントです。

サイドの髪をねじったり編み込んだりして、横から見ても綺麗に見えるよう工夫しましょう。またトップを盛ることで高さを出し、ボリュームを持たせることもできます。

毛先は空気を含んだようにふわっとエアリーな感じにすることで、柔らかい雰囲気を演出できます。

アクセサリー別ウェディングの髪型【1】サイドティアラ

片側のサイドに差し込むように取り付けるティアラは、大人っぽい品のあるアクセサリーです。落ち着いた花嫁に好まれるサイドティアラは、ボリュームのあるシニヨンによく似合います。
大輪の花が咲いているようなシニヨンの横にティアラを添えましょう。

アクセサリー別ウェディングの髪型【2】プリンセスティアラ

短い前髪の花嫁は、前髪を活かしてキュートな雰囲気のヘアスタイルをしてみましょう。前髪の根本にティアラを戴せ、プリンセスのように仕上げます。

高貴なイメージのティアラは、すっきり整った髪と合わせると一層美しく見えます。耳横に後れ毛などを出すことなく、顔回りをすっきり整えるとティアラが映えますよ。

アクセサリー別ウェディングの髪型【3】フラワー

髪全体に花をあしらうことで、まるで花畑から出てきたような鮮やかな花嫁になれます。髪をサイドに垂らし、トップから編み込んでいきましょう。

編み目に小さい花、大きい花をバランスよく配置してみて。片側だけ見えるうなじもセクシーポイントです。

お色直しで使いたいウェディングの髪型

お色直しをするなら、ウェディングドレスとはまた違った雰囲気にすると新鮮です。式でアップスタイルにしたら、カラードレスではダウンスタイルがいいかもしれません。

神聖な式では清楚な雰囲気に、お色直しでは好みを全面に出したヘアスタイルにされる花嫁も多いようです。少しくらい大胆な大きめリボンやフラワーをつけても許されるのがカラードレス。

シンプルな三つ編みヘアに、髪が隠れるほど花を贅沢につけても素敵です。

ウェディングに招待されたら使いたいアイテム【1】ビジュー付きパンプス

秋冬の結婚式に招待された際に使いたいのが、スエード生地に華やかなビジューが付いたパンプスです。アンクルストラップがお嬢様風な足元を演出してくれます。

落ち着いた色味なので、黒やグレーなどのダークカラーのドレスによく似合いそうです。

ウェディングに招待されたら使いたいアイテム【2】ボルドーのクラッチバッグ

人気のボルドーカラーが目を引くクラッチバッグです。センターに大きい金色のメタルがあしらわれ、高級感のある仕上がりになっています。

スエードとレザー調の2タイプ異なる素材を組み合わせたモダンなバッグを抱えて、秋冬の結婚式へ出かけましょう。

ウェディングに招待されたら使いたいアイテム【3】ビジューピアス

控えめなのにしっかり存在感のあるビジューピアスは、いろんなシーンで活躍でしてくれそう。アップスタイルにキラっと光る耳元が大変上品なアイテムです。

フォーマルな場でもカジュアルコーデにも使え、いつものファッションをワンランク大人に変身させてくれます。


髪型は下ろす?アップにする?それとも編み込む?つけるヘアアクセは?など、花嫁は結婚式までに決めなければならないことがたくさんあります。一生に一度のことだから後悔はしたくないですよね。最高の一日にできるよう、先輩花嫁や雑誌、美容師さんに相談しながら自分にぴったりの髪型を選んでくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.