STYLE PRESS

Fashion  2019.01.09|Fashion

スキーウェアのインナーは何を着る?行き帰りにおすすめの服装も

スキーは人気のウィンタースポーツのひとつ。毎年冬になるとスキーを楽しんでいる、という方も多いのではないでしょうか。しかし初心者さんの場合、スキーの時にどんな服装をすれば良いか悩んでしまいますよね。そこで今回は、スキーをする時の基本的な服装やおすすめアイテムをご紹介します。

快適な服装でスキーを楽しみたい!

スキーの時に何を着るかイメージできない……という方は多いのではないでしょうか。
山間部にあるスキー場はとても寒いので、きちんとした防寒対策が必要です。

基本的にスキーをする時は、スキーウェアの下にニットやTシャツなどを着て防寒対策を行います。たくさん滑っていると汗をかくので、暑くなった時に体温調節できるように、薄手のアイテムを重ね着することが重要。

また、首や手元は外気に晒されるので、手袋やニット帽、ネックウォーマーなども必須です。スキー場までの行き帰りや、滑り始めは寒いので、使い捨てカイロも用意しておきましょう。

スキーの服装に必要なアイテム【1】スキーウェア上下

スキーをする時のアウターになるのが、スキーウェアです。

スキーウェアは、保温機能の他にも防水機能がついています。たまにスキーウェアなしでスキーをしている上級者の方もいますが、初心者さんの場合、スキーウェアは必須アイテム。転んでしまっても、雪に濡れて体が冷えるのを防いでくれます。

カラフルで可愛いデザインのスキーウェアは、真っ白なゲレンデにも良く映えますよ。購入してもレンタルでも、自分のサイズにきちんと合ったものを選んでくださいね。

スキーの服装に必要なアイテム【2】ダウンベスト

スキーウェアが必要なのは分かったけど、スキーウェアの下には何を着れば良いの?と悩む人も多いようです。

1月や2月など、冬本番の時期はスキーウェアの下にダウンベストを着るのがおすすめ。薄手のダウンなら、かさ張らず防寒対策することができます。

スキーは思った以上に汗をかくスポーツですが、初心者さんや運動が苦手な方の場合、汗をかくまで滑れない可能性があります。
初めてスキーをする時や、あまりガツガツ滑らない時は、ダウンベストがあると快適に過ごせますよ。

春先などの暖かい時期は、ダウンベストなしでもOK。

スキーの服装に必要なアイテム【3】セーターやフリース

スキーウェアの下は、ダウンベストを着ても着なくても、セーターやスウェット、フリースなどのアイテムを着用します。
もこもこしたセーターだと動きにくいので、カシミヤ混など薄手で暖かいものを選びましょう。

汗をかきやすい方は、吸湿速乾性が高いフリースを選んでくださいね。

スキーの服装に必要なアイテム【4】薄手の長袖インナー

セーターやフリースの下は、スポーツ用の長袖トップスやヒートテックインナーを着用します。
寒がりさんはヒートテックがおすすめ。ただしヒートテックは吸水速乾性がやや劣るので、汗をかきやすい方はスポーツ用のインナーを選びましょう。

スキーの服装に必要なアイテム【5】吸水速乾スポブラ

女性の場合、インナーの下にスポブラを着用しましょう。スポーツ用なので、吸水速乾性に優れ、蒸れにくいのがポイントです。
動きやすいので、疲れを軽減してくれるのも嬉しいですね。

スキーの服装に必要なアイテム【6】吸水速乾スウェットパンツ

スキーウェアのパンツの下は、レギンスやスウェットパンツを着用します。スウェットパンツも吸水速乾機能のあるものを選んでおけば、汗が乾かず寒い……というトラブルを防げますよ。

また、スキーウェアの下にスウェットパンツを履いておけば、更衣室がなくても着替えやすいです。

スキーの行き帰りの服装におすすめのアイテム【1】タートルニットワンピ

スキー場の行き帰りは、身体を締め付けない楽な洋服を着ていきましょう。タイトなスキニーデニムなどは疲れやすいので注意が必要。

まずは防寒と着心地が重要です。ゆるっとしたシルエットのニットワンピなら、可愛さと着心地の両方を叶えてくれます。

また、ワンピースの下にインナーを着込んでおけば、スキーウェアへの着替えもスムーズです。

畔編みタートルネックニットワンピース

¥1,899

販売サイトをチェック

スキーの行き帰りの服装におすすめのアイテム【2】ボアフリースブルゾン

アウターは綺麗めなコートよりもラフに着られるデザインを選びましょう。軽くて暖かいボアフリースブルゾンは、スキー場の行き帰りにも大活躍間違いなし。長時間の電車やバス移動も比較的楽に過ごせます。

ボアフリースフード付きブルゾン

¥2,899

販売サイトをチェック

スキーの行き帰りの服装におすすめのアイテム【3】裏起毛スウェットワンピ

スウェットワンピースは、裏起毛のものを選びましょう。裏起毛なら防寒対策もばっちりです。足元は汚れても大丈夫なスニーカーがおすすめ。

裏起毛BIGパーカーワンピース

¥1,999

販売サイトをチェック

スキーをする時のおすすめのアイテムや、行き帰りの服装についてご紹介しました。初めてスキーに行く時は、服装で悩んでしまいますよね。快適な服装がスキーを楽しむ鍵です。ぜひ、おすすめアイテムを取り入れて、素敵なスキーの思い出を作ってくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.