STYLE PRESS

Fashion  2019.04.27|Fashion

サイクリング初心者の服装ガイド!おすすめコーデやアイテムなど

サイクリングをするときには、通常のおしゃれとは違う服装選びが必要になってきます。快適に自転車に乗るために注意したいポイントや、季節ごとにおすすめの服装などをまとめました。おすすめのアイテムもご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

サイクリングをするときはどんな服装がいい?服選びのポイントや季節ごとの注意点

サイクリングと言っても、本格的なロードレースから、短距離移動の街乗り、旅行先などでのサイクリングコースなど、シーンは様々です。

季節やシーンによって適した服装が異なるので、まずは服装選びのポイントからチェックしてみましょう。

フード付き配色ブルゾン

¥1,999

今すぐチェック

■本格的にサイクリングするときのウェア

■本格的にサイクリングするときのウェア

サイクリングを本格的に始めたいという場合は、専用の「サイクルウェア」を使った服装がおすすめです。
サイクルウェアは体に沿ったデザインで、空気抵抗を抑えて快適に走ることができます。

サイクルウェアの基本的な組み合わせは、次のようになります。

【春】
・ウィンドブレーカー
・短パン
・アームウォーマー
・レッグウォーマー
・ヘルメット
・インナーウェア

気温などに合わせて、アームウォーマーやウィンドブレーカーを脱ぎ着して調節しましょう。


【夏】
・メッシュ素材のサイクルウェアやインナーウェア
・短パン
・アームウォーマー
・レッグウォーマー
・グローブ
・フェイスカバー
・ネックカバー
・サングラス

夏でも速乾性のあるアームウォーマーやレッグウォーマーを選べば快適です。
サングラスやネックカバーなどで紫外線対策も忘れずに。


【秋】
・ウィンドブレーカー
・半袖ジャージ
・アームウォーマー
・レッグウォーマー
・ヘルメット
・ウォームインナー
・厚手の靴下
・ビブタイツ(肩から吊り下げるような形の専用パンツ)
・グローブ

急に寒くなったときに対応できる防寒小物を合わせて、秋らしいスタイルに。


【冬】
・ウィンドブレーカー
・トレーナー
・長袖インナーウェア
・アームウォーマー
・レッグウォーマー
・ヘルメット
・ネックウォーマー
・イヤーウォーマー
・防風グローブ
・防風シューズカバー
・ビブタイツ(冬用)

冬用の小物を合わせて寒さ対策をしっかりおこないましょう。
サイクルウェアも冬物を選んで、体が冷えないように。

■短距離や街乗りなら手持ちのアイテムを

■短距離や街乗りなら手持ちのアイテムを

本格的なレースではなく、通勤や通学などで街乗りサイクリングをしたい場合は、手持ちのアイテムでコーデを組んでOK。
服装選びのポイントとしては、次のようなことに気をつけましょう。


・タイヤやチェーンに絡まらないボトムス

ひらひらしたワイドパンツやロング丈のスカートなどは、裾がタイヤやチェーンに絡まってしまうことがあります。
シンプルなパンツスタイルや、ひざ丈~ミモレ丈くらいのスカートスタイルがおすすめです。


・風の抵抗を受けにくいように

ゆるっとしたサイズ感のコートなどのアウターは、前を開けて着ると風の抵抗を受けてバサバサと開いてしまいます。
前に進みにくく疲れやすいので、前を閉じて着るか、体に沿ったデザインのアウターを着ることがおすすめです。


・脚を動かしやすいボトムス

サイクリングをしていると、当然ながらひざの曲げ伸ばしを行うことになります。
乗っている間中、ほぼずっと動かしていることになるので、ひざ部分がしっかり曲げられるボトムスを着用しましょう。

スキニータイプのパンツは少し窮屈に感じるので、ストレッチ素材のものなどがおすすめです。

サイクリングにおすすめの服装【1】本格的なウェアもカラフルに可愛く

専用のウェアを使った、これから本格的にサイクリングを始めたい人におすすめの服装です。

風の抵抗を受けない体にフィットしたサイクルウェアは、赤系統の色味を使ってコーデを組むと女性らしい印象になります。

サイクリングにおすすめの服装【2】スポーティーコーデで“かっこいい”女子に

スポーツブランドのアウターやスパッツを使ったコーディネートです。
街乗りでも映えるようなスポーツミックスコーデは、サイクリングだけではなくジムへ行く時などの服装にもおすすめ。

サイクリングにおすすめの服装【3】春:シンプルなアスレジャーコーデ

グレーのカットソーとブラックのトラックパンツを使ったコーディネート。
スポーティーなアスレジャーコーデは、軽いお出かけのサイクリングにおすすめの服装です。

サイクリングにおすすめの服装【4】夏:旅先でのサイクリングはラフコーデで軽やかに

ボーダートップスとブラックのワイドスラックスを合わせたコーディネートです。
旅先やお出かけ先でのサイクリングでは、おしゃれさを意識した服装で思いっきり楽しむと◎

サイクリングにおすすめの服装【5】秋:ストリート感のあるこなれ街乗りスタイル

スウェットトップスとブラックスキニーパンツ、ダッドスニーカーを合わせた服装です。

ニットキャップやリュックなどでこなれた印象のスタイリングにまとめ、街乗りシーンでもおしゃれなサイクリングコーデに。

サイクリングにおすすめの服装【6】冬:パーカー×マウンテンパーカーのスポーツミックス

パーカーとマウンテンパーカーをレイヤードした、冬におすすめのサイクリングコーデ。

ストリート感のあるスポーツミックスな服装は、スリットレギンスをプラスすることで女性らしい印象を出すことができます。

サイクリングの服装におすすめのアイテム【1】パーカー

サイクリングなどのスポーツやストリートミックススタイルの服装に欠かせないパーカー。

シンプルな無地のパーカーは、ドロストコードとの配色コントラストで遊びを効かせたデザインがおすすめです。
短め丈のものを選べば、ハイウエストタイプのボトムスとの相性も抜群。

裏毛ボリュームスリーブパーカー

¥1,499

今すぐチェック

サイクリングの服装におすすめのアイテム【2】ストレッチスキニーパンツ

トレンド感のあるフレイドヘムのスキニーパンツ。

サイクリングをするときの服装にスキニーパンツを選ぶなら、ストレッチが効いた素材のものがベターです。

パーカーやマウンテンパーカーなどのスポーティーなアイテムとも相性がよく、逆に可愛い印象のトップスなどとも合わせやすいですよ。

フライドヘムストレッチスキニーパンツ

¥1,999

今すぐチェック

サイクリングの服装におすすめのアイテム【3】ローカットスニーカー

シンプルで履きこなしやすいローカットスニーカー。

街乗りでサイクリングをするなら、“いかにも”な運動靴よりもこなれ感のあるローカットスニーカーがおすすめです。
どんな服装にも合わせやすいので、パンツスタイルにもスカートスタイルにも◎

ローカットスニーカー

¥1,799

今すぐチェック

サイクリングをするときの服装選びのポイントやおすすめコーデ、おすすめアイテムなどをご紹介しました。ポイントに注意した服装を選べば、快適に自転車を乗りこなすことができます。街乗りに、本格的なサイクリングに、ぜひ参考にしてみてください。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.