STYLE PRESS

Fashion  2019.04.10|Fashion

結婚式用コサージュの選び方は?立場別・年代別コーデもご紹介!

結婚式のコーデに華やかさをプラスしたい時は、コサージュを使うのがおすすめです。ここでは、結婚式用のコサージュの選び方や、<立場別><年代別>のコサージュコーデをご紹介します。

コサージュは結婚式で使えるアイテム!

コサージュとは、ドレスやショール、セレモニースーツなどに付ける花をモチーフとした飾りのこと。生花から布やレース、ビーズまでさまざまな素材でできていてデザインもさまざまです。

おしゃれなデザインのコサージュは付けるだけで顔回りが明るくなり、服も華やかに見えるので、結婚式や入学式、卒業式などで幅広い年代の女性に使われています。

■コサージュを付ける位置は?
コサージュの位置に明確なマナーはありませんが、結婚式では左胸の鎖骨下あたりに付ける人が多いです。身長が高い人は低めの位置に、身長が低い人は高めの位置にコサージュを付けると、バランスが取れて美しく見えるでしょう。

なお、結婚式では髪にコサージュを付けるのはやめましょう。髪に花の飾りを付けるのは新婦さんの特権なので、参列者はコサージュをヘアアクセサリーにするのは控えた方が無難です。

■茎付きのコサージュはどちらが上?
茎付きのコサージュは、茎と花のどちらを上にしてもマナー違反ではありません。花のデザインを見ながら好みに合わせて付けると良いでしょう。茎を上にするとフォーマルに、茎を下にすると親しみやすい印象になります。

結婚式で使うコサージュの選び方

結婚式に参列する時はドレスや鞄、靴だけでなくコサージュのマナーも確認しておきましょう。マナーに沿ったコサージュの選び方をご紹介します。

■大きさ
目立ちすぎないように控えめのサイズを選びましょう。直径12cm以内のコサージュを選ぶと、ドレスやスーツからも浮きにくいです。

■色
淡いベージュやグレー、ブルー、ピンクなどの上品な色を選びましょう。派手でなければ、ゴールドやシルバー、グラデーションカラーやミックスカラーでもマナー違反ではありません。

■素材
コサージュはデザインが豊富ですが、結婚式にはドレッシーなものがおすすめです。シルクやレース、サテン、ビーズなどでできたコサージュは華やかでエレガントでしょう。

結婚式にNGなコサージュ

結婚式で恥をかいたり、新郎新婦に迷惑をかけたりしないためにもNGなコサージュの使用は控えましょう。

■真っ黒や真っ白
真っ黒のコサージュは、お祝いの場である結婚式には地味です。特に黒ドレスを着る場合は、黒のコサージュを合わせると喪服のように見えてしまうので、黒以外のコサージュを付けることをおすすめします。

また、花嫁さんの色である真っ白のコサージュも避けてください。小物は白でも良いという意見もありますが、白の花は新婦さんと被りやすいので、使わない方が無難です。

■目立ちすぎるデザイン
大きいコサージュや奇抜なデザインのコサージュ、原色のコサージュなどは目立ちすぎたり、フォーマルなドレスから浮いたりするため、結婚式の参列者には向きません。きれいめで落ち着いたコサージュを使いましょう。

■生花
生花のコサージュは色が鮮やかで華やかですが、結婚式にはNGです。結婚式では、生花は新郎新婦の飾りなので、参列者は造花のコサージュを付けてください。生花に見えるリアルな造花も使わないのがマナーです。

結婚式におすすめのコサージュコーデを立場別でご紹介!

<立場別>結婚式のコサージュコーデ【1】母親は黒ドレス×ネイビーコサージュ

母親が洋装で格式高いホテルなどで行われる結婚式に参加する場合、ロング丈の黒ドレスを着る人が多いです。黒ドレスは喪服に見えないようにコサージュで華やかさをプラスしましょう。
ネイビーのコサージュは知的で上品なので、派手に見えません。

<立場別>結婚式のコサージュコーデ【2】姉妹はベージュのドレスとコサージュ

姉妹の結婚式に出席する場合は、派手すぎなければ明るい色のドレスを着ても問題ありません。ベージュのドレスとコサージュの組み合わせは地味すぎないので、20代や30代でも着こなしやすいでしょう。

<立場別>結婚式のコサージュコーデ【3】親族はグレードレス×ミックスカラーコサージュ

親族はエレガントなグレーのドレス×ミックスカラーのコサージュがおすすめ。ミックスカラーのコサージュは、落ち着いたグレーのドレスをおしゃれに見せてくれるでしょう。

<立場別>結婚式のコサージュコーデ【4】友達はブルーワンピース×グレーコサージュ

新郎新婦の女友達は結婚式に華を添える立場。華やかなブルーのワンピースで結婚式を盛り上げましょう。グレーのコサージュを合わせれば、大人っぽい服装に仕上がります。

結婚式におすすめのコサージュコーデを年代別でご紹介!

<年代別>結婚式のコサージュコーデ【1】40代はピンクコサージュで上品に

40代の女性には、淡いピンクのコサージュを使った上品なコーデがぴったり。ピンクのコサージュは、結婚式で人気のセレモニースーツにも合わせやすいです。

<年代別>結婚式のコサージュコーデ【2】50代はシルバーのコサージュできれいめに

50代の女性は、シルバーのコサージュできれいめなコーデを作りましょう。コサージュとボレロの色を合わせると、統一感が出て洗練された印象になります。

<年代別>結婚式のコサージュコーデ【3】60代は黒と白のコサージュでエレガントに

60代は黒と白のシンプルなコサージュでエレガントな雰囲気を作りましょう。同系色のジャケットやセットアップなどを着ると、こなれ感のあるシックなコーデが完成します。

結婚式におすすめのアイテム【1】パールピアス

インパクトのあるデザインのピアス。コサージュと一緒につけると、華やかになります。どんな服装にも馴染むので、結婚式以外の日にも活躍します。

パールモチーフピアス

¥799

今すぐチェック

結婚式におすすめのアイテム【2】チェーンバッグ

ミニマルなサイズで結婚式でも使えるアイテム。コーデの邪魔にならないので、コサージュやドレスとも合わせやすいです。普段のお出かけに持ってもおしゃれでしょう。

チェーンショルダーマルチポシェットバッグ

¥1,699

今すぐチェック

結婚式におすすめのアイテム【3】サイドオープンサンダル

レディなデザインのパンプス。結婚式に参列する日はドレスやワンピース、セレモニースーツとコーディネートしましょう。すっきりとしたシルエットで足元が美しく見えます。

低反発サイドオープンスエードパンプス

¥1,899

今すぐチェック

顔回りやドレスのデザインを華やかに見せてくれるコサージュは、結婚式で活躍するアイテム。コサージュを使ったコーデで結婚式を盛り上げましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.