STYLE PRESS

Fashion  2019.02.16|Fashion

大人女子の赤ニットコーデ。年代別/季節別の旬なスタイリング

暖かくて柔らかい手触りのニットは、肌寒い季節に重宝しますよね。その中でも暖色系の赤ニットは、見た目も暖かそうで人気があります。そこで今回は、赤ニットを使ったおすすめのコーデ術をご紹介します。

赤ニットにはどんな種類があるの?

ニットとは、毛糸を編んで作られたファッションアイテムです。セーターやカーディガンなどが定番ですよね。

ウールニットやファーニット、アクリルなど毛糸の種類も様々で、それぞれ加工方法や糸の太さも豊富です。柔らかくて着心地がよく、なんと言っても防寒性に優れていることから、特に秋冬の寒い季節に重宝しますよね。

同じ毛糸を使っていたとしても、編み方が変わればデザインやシルエットが全く違ってくるのもニットの面白い部分です。そのため、一言でニット製品と言っても種類やデザインは膨大で、選び甲斐があるのもニットならではといえるでしょう。

ニット製品の中で特に人気な色が、赤です。火を連想させる赤は見た目も暖かそうなだけでなく、パッと目を引きやすい華やかさがあります。特に冬の一大イベント、クリスマスにピッタリの色合いということもあり、12月には大活躍すること間違いなしですよ。

Vネックリブニットトップス

¥999

販売サイトをチェック

20代におすすめの赤ニットを使ったコーデをアイテム別にご紹介!

<アイテム別>20代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【1】ルーズニットトップス

オーバーサイズのルーズニットトップスをラフにサラッと着ると、トレンド感のある着こなしになりますよ。リブニット編みで細見えを叶えるのもいいですし、ケーブル編みでデザイン性を高めるのもいいでしょう。

ルーズニットは可愛らしい反面、空気が逃げやすくなっています。中に一枚薄手のインナーを着ておけば暖かさをキープできますよ。

ルーズシルエットオフタートルグランニット

¥1,499

販売サイトをチェック

<アイテム別>20代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【2】ニットワンピース

20代はニットワンピースで、ふんわりとフェミニンに決めるのも素敵です。ボリューミーなニットも、ウエスト部分にリボンやベルトが付いているデザインのニットワンピースは腰も細く見え、全体にメリハリが出ます。

30代におすすめの赤ニットを使ったコーデをアイテム別にご紹介!

<アイテム別>30代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【1】ニットスカート

ロング丈のタイトスカートも伸縮性のあるニット素材なら、歩きやすさを損ないません。しっかりと女性らしいおしゃれを楽しみながらも、動きやすいというのは嬉しいですよね。

ただ、デザインによっては、足を大きく開くとニットが伸びて下が透けてしまうことも。下にアンダースカートやペチコート、タイツやレギンスを履いておくと安心ですよ。

<アイテム別>30代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【2】ロングニットカーディガン

ロング丈のニットカーディガンは、ふんわりと裾が広がり、エレガントに見えますよね。赤のロングニットカーディガンはインパクト抜群です。

ヒール付きのパンプスやブーティと合わせて、更にこなれ感のあるコーディネートに。

ロングニットカーディガン

¥2,399

販売サイトをチェック

40代におすすめの赤ニットを使ったコーデをアイテム別にご紹介!

<アイテム別>40代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【1】カシミヤセーター

40代になると、ファッションアイテムの素材感にもこだわっていきましょう。カシミヤタッチのニットトップスは、なめらかで柔らかい肌触り。薄手でも冷たい外気から守ってくれます。
Vネックは鎖骨もきれいに見えて、女性らしさがアップしますよ。

Vネックカシミヤタッチニットトップス

¥999

販売サイトをチェック

<アイテム別>40代におすすめの赤ニットを使ったコーデ【2】ニットワンピースは小物をプラス

40代らしいおしゃれなコーデを決めるなら、小物を上手に使ってアクセントを付けていくのがポイントです。
シンプルなワンピースには、ショート丈のアウターでアレンジを加えていきましょう。赤には白や黒が合います。

季節別に見る赤ニットを使ったおすすめのコーデ術をご紹介!

<季節別>赤ニットを使ったコーデ【1】春はタンクトップにシャツを合わせて

春は赤のニットタンクトップに花柄のシャツワンピースで、明るく華やかなコーディネートにしていきましょう。デニムジーンズやデニムスカートは、赤や花柄とも相性抜群ですよ。

<季節別>赤ニットを使ったコーデ【2】夏はキャミソールで涼しげに

赤のニットも、ショート丈のキャミソールなら夏場も使えます。一枚で着てもいいですし、インナーやシャツと合わせてアクセントを付けていくのもいいでしょう。
真っ赤より、ややピンクに近い色がおすすめ。

<季節別>赤ニットを使ったコーデ【3】秋は濃い赤で落ち着いた印象に

濃いボルドーのニットセーターは、真っ赤なニットよりも落ち着いた印象を与えるカラーで秋にピッタリです。

ロング丈のタイトスカートも、ボルドーと相性の良い黒を選べばシックなコーデになりますよ。

<季節別>赤ニットを使ったコーデ【4】冬はマフラーやスヌードを使って

冬はマフラーやスヌードといったニット小物を積極的に取り入れていきたいところ。ニット素材ならば、首元からの冷気を防ぎ、真冬でも暖かく過ごせます。

ボリューミーなマフラーやスヌードは、顔周りを明るくしてくれるだけでなく、小顔効果も得られますよ。


赤ニットと言っても、ピンクに近い淡い色から、茶色に近い濃いボルドーカラーまで様々ですよね。色合いが変われば、印象もまた大きく変わってきます。季節やTPOに合わせて、ぜひ色々なコーデにチャレンジしてみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.