STYLE PRESS

Fashion  2019.01.21|Fashion

2月の服装は何を着る?可愛いと暖かいを叶えるコーデ案

まだまだ寒い日が続く2月。しかし日によっては、春を感じさせるほどぽかぽか陽気になることもあります。気候の変動が激しい時に困るのが服装ですよね。今回は冬の防寒対策と、おしゃれの両立を叶えるコーデ案をご紹介します。

服装を困らせる、日本の2月の平均気候は?

東京の2月の平均気温は約7.2度です。1月の平均6.1度に比べると少し暖かいですが、それでも北風が吹く日や雨の日は肌寒く感じられます。

12月、1月に比べて雨は少なくなり、晴れる日が増えていきます。さらに2月の下旬になれば、暖かい日光を浴びると、春の訪れを感じさせてくれます。

一方、東北や北海道ではまだまだ真冬真っ只中で、平均気温は氷点下まで下がります。厚手の防寒具やコート、ダウンジャケットが欠かせません。

冬のコーデを悩ませるのは、コートに変化を持たせることが難しいため、毎日同じような服装になってしまいがちなこと。また、黒やグレー、ベージュなど、定番の冬色を選びがちで、暗い印象のコーデになってしまうことです。

今回は、寒さ対策とおしゃれの両方を楽しむ方法をご紹介します。

2月の服装【1】ボアパーカー×ダウンジャケット

大人でも楽しめる冬のスポーツミックスコーデには、可愛らしさを演出するもこもこのボアパーカーがおすすめです。一枚でも十分暖かさを感じますが、長時間外に滞在するなら、さらにダウンジャケットもオンしましょう。

パンツとスニーカーをダウンジャケットと合わせた黒でまとめることで、シックでかっこいい着こなしができます。

2月の服装【2】ダークカラーのスポーツミックスは足元に色味を入れて

白と黒のモノトーンコーデは、大人をかっこよくシックに決めてくれます。でも寒い時期にダークカラーは重くみえてしまいがちです。コーデに黒の割合が多いと感じる時は、足元に色味を加えて、遊び心と鮮やかさを演出してみましょう。

イエローの靴下とベージュのスニーカーが、女性らしいキュート感もプラスして、ワンランク上のコーデが完成します。

2月の服装【3】カラーブルゾンで大人のゆるカジコーデ

コートやブルゾンは、黒やベージュなど、どんな服にも合わせやすい無難な色を選んでしまいがち。冬の間、いつも同じジャケットでは飽きてしまいますよね。

服装や気分に合わせて、アウターにも変化をつけると良いでしょう。

シンプルな白のスウェットワンピースには、ブルーのブルゾンとパープルのスニーカーを合わせて、色味を楽しんでみてはいかがですか?

大人の休日にぴったりなゆるカジコーデの出来上がりです。

2月の服装【4】ロングコートでトレンドも防寒も両方ゲット

トレンドのロングコートは、マニッシュ風な着こなしと防寒も併せて叶えられる才色兼備アイテムです。

サイドにスリットが入っているので女性らしい雰囲気を残していますが、メンズライクなかっこよさもあるデザインなので、パンツスタイルとの相性が抜群です。いつもと違うアウターに挑戦したい時に、ぜひチョイスしてみましょう。

2月の服装【5】ブーツは卒業してソックス×ローファー

雨や雪の多い12月、1月はブーツを履くことが多いですが、2月になると降水確率が下がり、晴れの日が多くなります。

特に立春を過ぎると暦上では春になります。そろそろブーツを卒業して、足元を軽やかにしても良い頃ですよね。

シーズンライクを感じつつ、足元をすっきり見せたいなら、ソックスとローファーの組み合わせがおすすめです。レギンスを履いて寒さ対策はしっかりして、足首をチラっと見せて女性らしさも演出しましょう。

2月の服装【6】マフラーがあればコートなしコーデもあり

2月の下旬ごろになると春先のような暖かさを感じる日も増えてきます。外に出て日差しを浴びると、暖かくてホッとすることもあるでしょう。

暖かい日は厚手のカーディガンをアウターにし、ジャケットやコートを脱いでお出かけするのもおすすめです。寒々しく見えないよう、大判のマフラーやストールをぐるぐる巻きにしてバランスを取りましょう。

落ち着いた色合いのコーデの時は、色味がはっきりしているマフラーを巻けば、差し色になって美しく着こなせますよ。

2月の服装【7】春を感じるイエローボアジャケット

春に近づく2月は、明るい色のアウターに挑戦してみましょう。顔回りを明るくするイエローのアウターなら、周りの目を引くはずです。大きめのボタンとボリュームのあるスリーブが女性らしさを演出し、キュートに着こなせます。

ショート丈なのでスカートにもパンツにも合わせやすく、2月から春まで長く着こなせそうです。

ビッグテーラードカラーボアジャケット

¥3,799

今すぐチェック

2月の服装【8】すっきりスタイルで軽やかさを叶えるコーデ

2月になったら、もこもこボリュームのあるアウターから、すっきり軽やかなコートに切り替えていきましょう。ロングコートなら防寒しつつ、スタイリッシュな着こなしが実現します。

ロールアップのパンツから足首をチラ見せすることで、女性らしさと軽やかさをアピールできますよ。

2月の服装【9】ラベンダーのガウンコートでダークな冬イメージを払拭

冬は日照時間も短く、気温も寒いので暗いイメージになりがちです。春が間近に迫った2月は、暗い気持ちを忘れさせる明るいカラーのアウターでお出かけしてみましょう。

肌ざわりが良くしっとり素材のフェイクメルトンなので、羽織るだけで上質で、品のいい女性に大変身できてしまいます。
ウエストのベルトを活用するなら、スタイリッシュで女性らしいシルエットを作ることができます。


2月はまだまだ肌寒いとはいえ、暦の上では春ですので、春らしい服装に移行していく時期でもあります。暖かい服を選びつつも、色やデザインは春に近づけていきましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.