STYLE PRESS

Fashion  2019.02.21|Fashion

ピンクパンツでどんなコーデにする?季節・年代別の着こなしをご紹介

ピンクパンツはガーリーで可愛らしいファッションアイテムですよね。子供っぽい印象のピンクも、コーデ次第で大人っぽく着こなせます。そこで今回は、ピンクパンツを使ったおすすめのコーデ術をご紹介します。

ピンクパンツの魅力とは?

ピンクパンツは女性らしさ満点ですよね。華やかなピンク色は、気分も明るく元気にしてくれます。

ピンクと言っても、色の幅はとても広いです。薄いベージュピンクから、赤や紫に近い濃いピンクまであります。色の濃さが変われば、印象も大きく変化します。

また、ピンクパンツは丈やデザインも豊富です。ショートパンツやワイドパンツまで様々ですので、コーディネートも楽しいですよ。

季節別に見るピンクパンツを使ったおすすめのコーデ術をご紹介!

<季節別>ピンクパンツを使ったコーデ【1】春はフレアワイドパンツ

春はピンク色がよく合う季節ですよね。フレアワイドパンツは裾がふんわりと広がり、軽やかで可憐なコーデになります。
花見などのイベント時に着こなしたいですね。

<季節別>ピンクパンツを使ったコーデ【2】夏は七分丈で涼しく

夏はできるだけ涼しく過ごしたいものです。七分丈のワイドパンツは通気性もよく、真夏でも快適さをキープできます。サンダルやミュールとも合わせやすいですよ。

夏は濃いピンクだと暑苦しく見えてしまいがちですので、淡いピンク色をチョイスするようにしましょう。

<季節別>ピンクパンツを使ったコーデ【3】秋はスポーツミックス風に

 

秋といえばスポーツの秋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。少しずつ涼しくなってきて、運動しやすい季節になります。

ピンクのトラックパンツは、可愛らしさとクールさを兼ね備えています。トレーナーやパーカーでスポーツライクに決めるのもいいですし、フェミニンなトップスで甘辛ミックスコーデにするのもおしゃれですね。

<季節別>ピンクパンツを使ったコーデ【4】冬はベロア生地で暖かく

冬は、パンツの素材で季節感を出していきましょう。ツイードやコーデュロイ、ベロアなどの厚手生地は防寒性が高く、真冬でも暖かく過ごせます。色も濃いめのピンクがおすすめです。

ピンクパンツには、白や黒のモノトーン、グレーやベージュ、ネイビーなどの色がよく合います。

年齢別に見るピンクパンツを使ったおすすめのコーデ術をご紹介!

<年齢別>ピンクパンツを使ったコーデ【1】20代はフリルショートパンツで可愛く

ピンクパンツのデザインを最大限に活かせられるのが、フリル付きのショートパンツです。
ガーリーさが高いアイテムですので、フェミニンなトップスを合わせると、可愛いらしいデートコーデになりますよ。

ヒールが高めのパンプスやベルト、アクセサリーなどを上手に組み合わせて、ぼんやりし過ぎないようにメリハリを付けていきましょう。

<年齢別>ピンクパンツを使ったコーデ【2】30代はテーパードパンツできちんと感を

タックが入ったテーパードパンツはきちんと感があり、30代女性の落ち着いた雰囲気を演出することができます。

ニットやカットソーならカジュアルコーデに使えますし、シャツやブラウスならオフィスコーデとしても使えますよ。

<年齢別>ピンクパンツを使ったコーデ【3】40代はワイドパンツでエレガントに

ワイドパンツは楽な着心地でありながら、どこかこなれ感のあるおしゃれさを感じさせてくれますよね。

優しいピンクベージュのワイドパンツは、大人の女性らしさを引き立ててくれること間違いなしです。ハイウエストタイプは、体型カバー効果も抜群。

ウエストリボンワイドパンツ

¥1,399

販売サイトをチェック

色の濃さ別に見るピンクパンツを使ったおすすめのコーデ術をご紹介!

<色の濃さ別>ピンクパンツを使ったコーデ【1】薄いピンクはフェミニンに

薄いピンクは、可憐で清楚感たっぷりですよね。フェミニンなコーディネートに積極的に取り入れていきましょう。

寒色に近いピンクは膨張色ですので、コーディネート次第では若干太って見えてしまいます。そこで黒や茶、ネイビーなどの濃いめの色をどこかにプラスして、キュッと引き締めてあげるのがポイントです。

<色の濃さ別>ピンクパンツを使ったコーデ【2】ベーシックなピンクはポップテイストに

ベーシックなピンク色は、鮮やかで活発なコーディネートにピッタリ。シンプルな白のTシャツもピンクパンツと合わせれば、途端にポップで可愛らしい装いになります。

子供っぽくならないよう、ヒール付きのパンプスやミュールで、大人テイストをプラスしていきましょう。

リネン混ワイドパンツ

¥999

販売サイトをチェック

<色の濃さ別>ピンクパンツを使ったコーデ【3】濃いピンクは細身がおすすめ

赤に近い濃いピンクは非常にインパクトがありますので、細身のパンツでも十分目を引きます。

白やベージュで色を抑えると、落ち着いたコーデになりますよ。逆にライダースジャケットのようなハードめの黒を取り入れると、一気にワイルド感が増し、ピンクのインパクトも強くなります。


種類もデザインの幅も広いピンクパンツは人気が高く、いろんなファッションブランドから販売されています。上手にバランスを取りながら、ぜひピンクパンツをコーデに取り入れてみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.