STYLE PRESS

Fashion  2018.11.15|Fashion

スカンツは着回し無限大の最強アイテム!足長効果でスタイル抜群に

今やすっかり定番アイテムとなった「スカンツ」は、見た目はスカートだけど、実はパンツ型。足さばきがよく、コーディネートにも取り入れやすいと人気のアイテムです。今回は通勤スタイルはもちろん、普段使いやデートスタイル、フォーマルにも使える、スカンツを取り入れたコーディネートをご紹介します。

2018年のトレンドアイテム「スカンツ」はどうやって着こなす?

ガウチョパンツやワイドパンツが定番である今、新たに人気アイテムとなった「スカンツ」。
見た目はスカートのようですが、ワイドパンツのような形をしているのが特徴です。カジュアルにもフェミニンにも取り入れられるので、幅広い年齢層から支持されています。

2018年のトレンドアイテムとしてショップなどでもよく見かける、という方も多いのではないでしょうか?

パンツタイプなので歩きやすく、足元にスニーカーやフラットシューズを合わせるとカジュアルに、パンプスを合わせるとレディライクに着こなすことができて、その日の気分で様々なコーディネートに取り入れやすいのがスカンツの魅力です。

通勤スタイルやちょっとしたお出かけ、リラックススタイルにも使えるスカンツは、大人女子なら一枚は持っておきたい、着回し抜群の便利アイテムなんです。

『スカンツ』はガウチョパンツやワイドパンツとはどう違う?

気になるのが「スカンツ」というネーミング。
これは見た目からもわかるように「スカート」+「パンツ」から由来されています。でも実際、ガウチョパンツやワイドパンツとどう違うのか、気になりますよね?

膝下丈や7分丈のワイドシルエットのパンツは、ガウチョパンツと呼ばれています。スカンツはガウチョパンツより丈が少し長めに作られているのが特徴です。

また、ワイドシルエットのワイドパンツと比べると、スカンツは見た目がロングスカート風。そのため、ワイドパンツよりもゆったりとしたシルエットになっています。

ガウチョパンツやワイドパンツは、カジュアルコーデに人気のアイテムです。
しかしカジュアルだけでなく、フェミニンな雰囲気もプラスしたい時などは、ぜひスカンツを選んでみてください。

花柄ワイドパンツ

¥1,299

今すぐチェック

見た目はまるでロングスカート。スカンツはぽっちゃりさんや子育てママも使えるコーデの救世主

スカンツの人気ポイントのひとつとして、程よいフレア感のあるシルエットが挙げられます。
その名の通り、スカートとパンツを組み合わせたスカンツは、見た目はまるでスカートを履いているかのよう。

しかし実際はパンツタイプなので、ロングスカートやフレアスカートを履いた時よりもシルエットがすっきりして見えます。そのため、体型カバーアイテムとしても人気なんです。
下半身のボリュームが気になって、ロング丈のフレアスカートは敬遠気味……という人は、スカンツなら足長効果もあるので、すっきりとしたシルエットで着こなすことができますよ。

またパンツスタイルなので足さばきも抜群!
子育て中のママさんやお仕事で動き回る機会が多いという人も、スカンツならちょっとかしこまった場面でも動きやすく、着こなしによっては見た目はドレッシーに決まりますね。

このように毎日のコーデに悩みがある人にも、スカンツは様々なシーンで取り入れられるコーデの救世主として、おすすめのアイテムです!

それでは早速、スカンツを取り入れたおすすめコーデ活用術を見ていきましょう。

スカンツの活用術【1】ネイビーのスカンツはシンプルスタイルでシックに

ネイビーのシンプルなデザインのスカンツを使ったコーデ。
ブラウンのトップスと合わせた秋色コーデは、ビットローファーやクラシカルなチェーンバッグを取り入れて今風の上品スタイルに。

シンプルなデザインのトップスで、コーデ自体がとてもシンプルですが、チェーンバッグがコーデのアクセントとなって、大人っぽいスタイルを演出しています。
落ち着いたカラー使いでシンプルながらもシックな装いに仕上がっています。

スカンツの活用術【2】プリーツスカンツはワントーンコーデで縦長ラインを強調

2018年にブーム再燃となったプリーツアイテム。
昔はプリーツといえばクラシカルなイメージでしたが、トレンドを意識したコーデに取り入れてみたいですよね。

トップス・ボトムス共にベージュカラーを使ったワントーンスタイルは、全体的に統一感が出ているので、きれいめで落ち着いた着こなしにピッタリです。
ライトトーンの着こなしはシルエットが膨らんで見えるのでは……と心配する方もいるかもしれませんが、プリーツラインが縦長効果をプラスしてくれるので、きれいなシルエットを作ってくれます。

足元にレオパード柄のパンプスを取り入れることで、シンプルすぎず、遊び心をプラスしたトレンドスタイルが完成します。

スカンツの活用術【3】フォーマルシーンにはビジューコーデをプラスして華やかに

スカンツは、お子さんをお持ちの子育てママさんにオススメのコーデです。
ビジューのついたカーディガンやジャケットをプラスして、フォーマルシーンでも使えるスカンツスタイルに。

一見スカートを履いているように見えるので、上品で落ち着いた雰囲気のコーディネートに見えますが、スカンツなので動きやすさも抜群。

学校行事や子連れのお出かけでも、スカンツならロングスカートを履いている時のように、足元が気にならずストレスゼロで動き回ることができます。

ショート丈のトップスをセレクトするとさらに足長効果もあるので、全体のスタイルをきれいに見せるにはおすすめです。

スカンツの活用術【4】バイカラースカンツはモード感を演出

プリーツデザインと並んで今年注目のトレンドといえば「バイカラー」です。
一つのアイテムに2色以上のカラーを盛り込んだバイカラーアイテムは、取り入れるだけでコーディネートの主役になります。

バイカラーデザインのスカンツに、明るいカラーのニットを組み合わせて、暗くなりすぎないモード感のあるコーディネートに。

膝下丈で女性らしさを感じさせるシルエットですが、スカンツだから足元も動きやすいです。ショートブーツと合わせて、すっきりした足元を演出してみてください。

スカンツの活用術【5】チノスカンツで大人トラッドな上品コーデに

チノ素材のスカンツは、たっぷりボリュームのあるフレアシルエットなので、まるでフレアスカートを履いているかのようですね。パープルのトップスと組み合わせて、秋色をきれいに取り入れた大人のスタイルに仕上がっています。

バッグやショートブーツは黒を差し色として取り入れていますが、バッグストラップにレオパード柄をプラスすることで、トレンドも忘れていません!

チノ素材のスカンツやショートブーツでトラッドなテイストを盛り込み、通勤スタイルにも使える大人スタイルの出来上がりです。


注目アイテムであるスカンツを取り入れたおすすめコーデ活用術はいかがでしたか?カジュアルにもフェミニンにも取り入れやすいスカンツは、着回しができる万能アイテムなので、一枚持っておくだけでコーデの幅がぐっと広がりそうですね。ふんわりシルエットのスカンツは、大人女子だからこそきれいに着こなせるアイテムでもあります。秋冬の時期は、スカンツを使ったコーデで幅広いスタイルを楽しんでみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.