STYLE PRESS

Fashion  2018.10.25|Fashion

モテコーデはフレアスカートで作る!ミニ、膝丈、ロングどれにする?

男性ウケ抜群のフレアスカート。季節問わず着こなせるので、一着は持っていたい優秀アイテムです。そこで今回は、フレアスカートを使ったモテコーデをミニ、膝丈、ロングと丈別にご紹介します。デートや特別な日のコーデの参考にしてみてください。

大人女子のモテコーデはフレアスカートで決まり!

デートや特別な日のお出かけなど、女性らしいモテコーデを意識する時に欠かせないのがスカートですよね。中でも男性ウケがいいのは、ふわふわと揺れるフレアスカート。柔らかい雰囲気を与え、清楚さを演出できるフレアスカートは、女性らしさを感じるとのことで男性人気の高いアイテムとなります。

ミニ、膝丈、ロング丈と長さが異なるものや素材違いなど、フレアスカートはたくさんのバリエーションがあります。それぞれで違った印象を作ることができるので、着回しも抜群です。

そこで今回は、丈別にフレアスカートを使ったおすすめのモテコーデをご紹介します。気になる男性と会う時や、パーティーや合コンの時のコーデの参考にしてくださいね。

フレアスカートのモテコーデ/ミニ丈編【1】冬にピッタリ!ざっくりニット+ブーツは王道

冬の王道モテコーデといえば、ミニ丈フレアスカート×ニットトップス。もこもこニットは、男性人気が高いアイテムです。トップスもスカートも“モテ”を意識して、ガーリーさを演出しましょう。

足元は靴下にショートブーツを合わせて、季節感を出して。寒い時は靴下ではなく、タイツに変えて防寒対策を。しかし、厚手のタイツを履くと、コーデ全体が重くなってしまうので、デニールは肌色が透ける40デニールくらいがいいかもしれません。

フレアスカートのモテコーデ/ミニ丈編【2】可愛らしさにカジュアルをプラスした引き算コーデ

ミニ丈サイズのフレアスカートは、他の丈と比べると甘さ全開のコーデに仕上がりがち。
そこでスカートの柄や合わせるアイテムを、トレーナーやスニーカーなどカジュアルなアイテムをプラスすることで、キュートさとカジュアルさが絶妙にMIXされたモテコーデが完成します。

普段はパンツなどのボーイッシュな格好が多いという人も挑戦しやすいスタイルです。
スカートを柄物にする場合は、柄スカートに使われているカラーを他のアイテムで使えば、全体的に統一感が出ます。

フレアスカートのモテコーデ/膝丈編【1】女の子らしさ全開!ギンガムチェックフレアスカート

ミニ丈サイズに抵抗がある方は、膝丈サイズのフレアスカートで男性ウケのモテコーデを狙いましょう。

人気のチェック柄をスカートで取り入れて。スカートに使われている黒白で全体をまとめると、きれいなモノトーンコーデが完成します。

ギンガムチェックバックテールフレアスカート

¥1,099

今すぐチェック

フレアスカートのモテコーデ/膝丈編【2】一枚は持っていたい着回し力抜群の黒スカート

どんなアイテムとも相性が良い膝丈の黒スカートは一枚持っておくと便利です。アウターや靴などの小物を変えるだけでもガラッと印象が変わります。

カジュアルにもフェミニンにも着こなせる万能アイテムなので、素材違いで複数持っていても損はないですよ。

フレアスカートのモテコーデ/ロング丈編【1】丈感とカラーで秋冬らしさを

マスタードイエローのロング丈フレアスカートは、秋冬シーズンにぴったりのアイテム。ベレー帽をプラスすると更に季節感が出ます。

そこまで寒くない秋口は、透け感のあるトップスと合わせて軽さを演出。透け感コーデで肌見せし、大人っぽい色気で男性を魅了しましょう。

足元はヒールを履くことで、少しだけ見えている足首がほっそりと見えます。足長効果もあるのでおすすめです。

フレアスカートのモテコーデ/ロング丈編【2】辛口ライダースに甘さをプラスしたMIXコーデ

人気のレザーのライダースジャケットは、ロング丈のフレアスカートと相性抜群!トレンド感も出せるので、秋冬におすすめの着こなしです。

ライダースの丈は短めを選んで、バランスよく着こなしましょう。また、女性らしさを出す際は、かっちりしすぎない素材を意識してみてください。

小物は、ファーなど温かみのあるものをプラスして、ライダースのきつめな印象を緩和しましょう。柄物を加えてアクセントにするのもいいかもしれません。

ライダース×ロング丈フレアスカートで、誰でも簡単に甘辛コーデを楽しむことができますよ。


丈別に男性ウケが高いモテコーデをご紹介しました。真似してみたいコーデはありましたでしょうか。フレアスカートはどんなコーデにも合わせやすいので、一着は持っていたいアイテムです。ぜひ、モテコーデに挑戦する際はフレアスカートを取り入れてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.