STYLE PRESS

Fashion  2019.03.14|Fashion

運動会の服装に迷ってない?おしゃれも忘れない動きやすさ重視コーデ

運動会に参加する時の服装に悩む女性は多くいるようです。ここでは、運動会の服装選びのポイントと注意点、運動会に適したコーデなどをご紹介します。

運動会の服装はどうする?

普段、学校行事に出席したり、会社に行ったりする時のかっちりとした服装で運動会に参加すると、周りから浮いてしまいます。そのため、運動会に参加する時は服装に悩む女性が多くいます。

まずは、運動会の服装選びのポイントについて確認しましょう。

■動きやすくて楽な服装を選ぶ
運動会では競技に参加したり、撮影やお手伝いをしたりと動き回る機会が多いです。おしゃれに気を使いすぎて動きにくい服装になると、周りの人から良く思われないため、アクティブに過ごせるコーデを心がけましょう。

また、疲れにくい服装を選ぶのも大切です。特に、長時間の運動会に参加する場合は、リラックスできるコーデに仕上げましょう。

■きれいめでさわやかな服装がおすすめ
動きやすさを重視して服装を選ぶと、ラフすぎる印象になることがあります。部屋着のように見えると、ママ友や同僚から「手抜きしている」と思われるので、運動会の日はきれいめでさわやかなイメージの服装を選びましょう。

■日焼け対策をする
運動会では一日中、日光に当たることも多いです。春や秋は日差しが強く、紫外線の影響も大きいため、日焼け対策できる服装を心がけましょう。

日焼けが気になる場合は、UVカット機能の付いたパーカーやカーディガンを羽織ったり、帽子を被ったりするのがおすすめです。なお、日傘は周りの人の視界を妨げてしまうので、グラウンドで使うのは避けましょう。

■気温の変化に対応できる服装を選ぶ
運動会が開催される春や秋は、日中と夕方で気温の差が大きいです。また、雨が降ったり、曇ったりして一気に気温が下がることも多いので、運動会では気温の変化に対応できる服装を選びましょう。

朝は暖かくてもシャツやジャケットなどを持って行くと、気温が下がった時に冷えを予防できます。

運動会の服装の注意点

運動会に参加する時は、次のポイントに注意して服装を決めましょう。

■露出を控える
運動会では、しゃがむ機会が多いです。胸元が大きく開いたトップスや丈が短いスカートを着ると、しゃがんだ時に下着や谷間が見えてしまうので、露出の多いアイテムを使うのはやめましょう。

■汗染みに気をつける
運動会で日差しに当たると、汗をかきます。汗染みができると恥ずかしく、清潔感もなくなるので、運動会の日はグレーやカーキ、ベージュなどのアイテムは避けた方が良いでしょう。

特に、上半身は汗をかきやすいので、トップスは汗染みが目立たない色を選ぶのがおすすめです。

■汚れが気になるアイテムは使わない
運動会では、服に砂埃が付く可能性が高いです。白のパンツや高級なブランドのアイテムなど、汚れが気になるアイテムを運動会コーデに取り入れるのはやめましょう。

■ヒールの高い靴は履かない
ヒールの高いパンプスやサンダルは疲れやすく、動きにくいため、運動会には適しません。運動会では、長時間履いていても足が痛くならないスニーカーやフラットシューズを履きましょう。

運動会に適した服装を年代別でご紹介!

<年代別>運動会の服装【1】20代はワイドパンツでアクティブに

20代の女性は、ワイドパンツを使ってアクティブな服装に仕上げましょう。ボーダーTシャツなどのベーシックアイテムを合わせれば、大人っぽい運動会コーデが完成します。

<年代別>運動会の服装【2】30代はサロペット×帽子でカジュアルファッション

30代にはサロペットを使ったカジュアルなファッションがぴったり。全体をモノトーンカラーでまとめると、きれいめのコーデを作れます。

日差しが気になる時は、キャップなどの帽子を被ると良いでしょう。

<年代別>運動会の服装【3】40代はストライプシャツでさわやかに

40代の女性は、ストライプシャツを使ってさわやかな雰囲気を演出しましょう。楽しい運動会では、思い切って赤などの明るい色のアイテムを使うのもおすすめです。

運動会に適した服装をシーン別でご紹介

<シーン別>運動会の服装【1】ゆっくり観戦するならスカートスタイル

競技に参加せず、ゆっくりと観戦を楽しむなら、スカートスタイルでも大丈夫。落ち着いた色のセットアップを着ると、周りからの印象も良くなるでしょう。

<シーン別>運動会の服装【2】競技に参加するならジャージスタイル

競技に参加する予定がある人は動きやすい服装を選びましょう。ジャージを使ってラフなコーデを作れば、運動会を存分に楽しめます。

ただし、全身をジャージでコーディネートすると部屋着に見えやすいので、注意してください。

<シーン別>運動会の服装【3】ママは子供とリンクコーデ

ママは子供とリンクコーデにするのも良いでしょう。デザインや色が似たアイテムを使うと、仲良し親子の運動会コーデが完成します。

子供の服装が指定されている場合は、靴などのアイテムのみをお揃いにするのもおしゃれです。

<シーン別>運動会の服装【4】会社の運動会はロングカーデできれいめに

会社の運動会に参加する時は、きれいめな服装を心がけましょう。Tシャツやスキニーデニムのカジュアルコーデもロング丈のカーディガンを羽織れば、上品に見えます。

運動会の服装におすすめのアイテム【1】パーカー

カジュアルなデザインのパーカー。運動会の日は、デニムパンツなどと組み合わせるのが良いでしょう。コーデに取り入れやすいので、普段もヘビロテできます。

ボリュームスリーブパーカー

¥1,799

今すぐチェック

運動会の服装におすすめのアイテム【2】ハイウエストスキニーパンツ

シルエットがきれいなパンツ。トップスをインして着ると、美脚効果を期待できます。Tシャツやパーカーを合わせれば、運動会に馴染むコーデを作れます。

スーパーストレッチハイウエストスキニーパンツ

¥1,999

今すぐチェック

運動会の服装におすすめのアイテム【3】スニーカー

運動会の服装とマッチするスニーカー。お手伝いや写真撮影などでグラウンドを動き回っても疲れにくいです。パンツスタイルともスカートスタイルとも相性が良いですよ。

ローカットスニーカー

¥1,799

今すぐチェック

運動会はさわやかで動きやすい服装で参加してください。周りに馴染むおしゃれコーデを作れば、ママ友や上司などから好印象をゲットできるでしょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.