STYLE PRESS

Fashion  2019.04.08|Fashion

ボックススカートの特徴は?おしゃれに決めるコーデのポイント

ファッション雑誌でよく目にする「ボックススカート」。いまいちどんな形のスカートなのか、イメージを掴めていない人もいるかもしれません。ボックススカートとは、レトロファッションにも、かっこいいシックファッションにも使える、コーデの幅が広がるアイテムです。今回はボックススカートとは何か、どんなコーデに使えるのか、まとめてご紹介します。

ボックススカートとはどんなスカート?

ボックススカートとは、四角や台形をしたシンプルなデザインのスカートのことです。一般的にタイトで短い丈のものが多く、足元をすっきり見せてくれます。

コーデュロイやニットのボックススカートは、秋冬に大活躍するアイテムです。ボックススカートなら足元がコンパクトにまとまるので、トップスはオーバーサイズのセーターなどを着て、ボリュームを出しても素敵に決まります。

春夏はコットンのボックススカートで、爽やかにまとめてみましょう。Tシャツやサマーニット、ブラウスとも相性が良く、清楚に着こなせます。

無地のボックススカートの方が一般的ですが、千鳥柄やチェック柄などのデザインが入ったものなら、着るだけでコーデの主役になり、良いアクセントになりますよ。

ボックススカートコーデ【1】ミニスカート×ロングシャツで長さを遊ぶコーデ

白のボックススカートと言えば夏のイメージがありますが、厚手のデニム生地であれば秋冬も着まわすことができます。

短めのボックススカートは、足元のコーディネートが大切なポイントになります。寒々しく見せないためにも、黒ブーティと合わせ、シーズンムードにマッチさせましょう。

ミニスカートにロングのシャツカーディガンをプラスし、あえて裾の長さをチグハグにするのもナイスアイディアです。フロントから見せる表情とバックの表情が変わり、目を引くコーデになります。

ボックススカートコーデ【2】フェイクウールスカートでフェミニンコーデ

ゆったり台形シルエットはフレアほど甘くなく、タイトスカートほどシックではないので、ちょうどいい感じのコーデが得意です。

トップスは白のニットをチョイスしましょう。落ち着いたくすみピンクのボックススカートを綺麗に映えさせてくれます。
仕上げに透け感がセンシュアルな黒タイツを合わせて、レディライクなコーデの完成です。

ボックススカートコーデ【3】チェック柄スカートで作るレトロコーデ

レディムード漂うグレンチェックの台形スカートは、70年代のファッションを思い出させます。

白ブラウスや白ニットをインして、品の良いお嬢様スタイルを作ってみましょう。ヘルシーに足を出して、白ソックスにローファーを履くと、大人可愛い学生チックなコーデが楽しめます。

ボックススカートコーデ【4】ゆるやか台形シルエットがスタイリッシュな大人のキレカジコーデ

カジュアルになりすぎる大きめポケット付きのスカートですが、デコルテが広く開いた女性らしいトップスを合わせることで、カジュアルアップに成功しています。

ブラックやブラウンのボックススカートはカジュアルテイストが強いので、パステルピンクやパープルなどの柔らかいカラーのトップスや、ボリュームスリーブのようなレディライクなデザインのものを合わせると、甘さが加わり綺麗めカジュアルに変身できます。

スニーカーではなく、ヒールを合わせて大人っぽく仕上げるのもポイントです。

ボックススカートコーデ【5】大きめベルトがアクセントのスカートはシックに決めて

カジュアル要素の強い大きめのベルトを活かすため、トップスはインして腰回りをすっきりさせましょう。ベーシックなデザインが足を長く、ウエストも細く見せてくれます。

黒のトップスでシックに決めて、大人の品の良さを強調するコンサバ系ファッションに仕上げるのもおすすめです。

甘さを少し加えたい時は、首元や袖周りにフリルのついたニットを選ぶといいでしょう。大人っぽいコーデの中に乙女な要素を加えることができますよ。

ベルト付台形ミニスカート

¥999

今すぐチェック

ボックススカートコーデ【6】大胆なレオパード柄はおフェロ系にまとめて

ワイルドな印象のレオパード柄ですが、台形シルエットが大人っぽさや女性らしさを増してくれるので、ワイルド感が控えめなコーデが作れます。ヘルシーに出した足は、ロングブーツでセンシュアルにまとめてみましょう。

黒やゴールドメタルの小物で統一すると、色っぽさがアップしますよ。真っ赤なリップを塗ったら、おフェロ風のセクシー×ワイルドコーデの完成です。

ボックススカートコーデ【7】ダブルボタンがガーリッシュなヴィンテージコーデ

緩やかに裾広がりになる台形シルエットとフロントのボタンが、ガーリッシュで愛らしいデザインです。

ブラウスやVネックニットなどを合わせても良いですが、あえてトレーナーをチョイスし、カジュアルダウンを狙ってみるのもおすすめです。

きちんと感のあるグレンチェックスカートとラフなトレーナーのチグハグコーデがこなれた感じを引き出してくれます。

春のボックススカートコーデ【1】ギンガムチェックでガーリーに

春らしさを感じさせてくれるギンガムチェック。ナチュラルなコットン素材なのも季節感を演出しています。ギンガムチェックの白×黒に合わせて、他のアイテムもモノトーンでまとめてシンプルに。甘過ぎないガーリーコーデに仕上がります。スカートのフロントボタンがシンプルなコーデの中でアクセントになっています。

春のボックススカートコーデ【2】ロング丈スカートを白で爽やかに

トレンドのロング丈スカートも、春なら白で軽やかに。大きめポケットでワークテイストなのが旬な印象。他のアイテムの色味がダークカラーでも、白の面積が大きいので春らしく爽やかに仕上がります。ソックスで白をリンクさせているのもポイント。

夏のボックススカートコーデ【1】Tシャツ合わせでカジュアルに

爽やかに着こなせる、コットン素材のベージュスカート。ベーシックなトップスと相性がよく、白Tシャツを合わせればきれいめカジュアルに。帆布のトートを合わせてナチュラルに仕上げています。足元は厚底サンダルに黒ソックスを合わせて遊び心を。

夏のボックススカートコーデ【2】白のミニ丈でリゾートコーデに

セクシーになりがちなミニ丈のスカートですが、カジュアルなツイル素材ならヘルシーに着られます。白のボックススカートにきれい色のオフショルダーとストローハットを合わせれば、リゾート感たっぷりの夏コーデに。ビーチリゾートで楽しみたいスタイルです。

秋のボックススカートコーデ【1】ロング丈のテーラードジャケットでマニッシュに

切りっぱなしデザインでアクティブな印象のブラックデニムのボックススカート。ロング丈とグレンチェックがマニッシュなテーラードジャケットを羽織って新鮮な組み合わせに。ベーシックカラーでまとめているので、ミニ丈のデニムスカートでも大人っぽい印象です。

ブーツからのぞかせたソックスの赤がアクセントに。Tシャツのロゴとさりげなくリンクさせています。

秋のボックススカートコーデ【2】チェック柄でトラッド感を

ミニ丈は脚が出るのが気になる、という人でもチャレンジしやすくなるのが秋冬。タイツ合わせなら脚見せをしても艶かしくなりにくいので、ミニ丈初心者でも安心です。

チェック柄ならミニスカートでもトラッドな雰囲気に。ツイードの素材感が温かみがあります。シンプルなグレーのニットを合わせてきれいめにまとめつつ、足元はドレスシューズでトレンド感をプラス。

秋のボックススカートコーデ【3】パープルスカートで印象的に

秋らしいこっくりとした色味のパープルのボックススカート。適度なフレア具合と膝丈が上品な印象です。チェック柄のボウタイブラウスを合わせて、トレンド感がありつつもエレガントなコーデに。足元もラウンドトゥのパンプスでとことんレディライクに。

冬のボックススカートコーデ【1】MA-1で甘辛ミックスに

ガーリーなミニ丈のボックススカートにMA-1を合わせた甘辛ミックスコーデ。ダークカラーのアイテム多めで、ミニスカートを大人カジュアルにまとめています。かっちりとした小さめショルダーにスニーカー、と小物使いのきれいめ感とカジュアル感のバランスも絶妙。

冬のボックススカートコーデ【2】くすみカラーで大人っぽい冬色コーデに

太めベルトがついて、メリハリのあるスタイルを作りやすいボックススカート。ハリ感があるロング丈の場合、重たさがあるのでトップスはタイトなシルエットのものを選ぶとバランスがよくなります。

グレージュのガウンコートをさらっと羽織って、くすみカラーでまとめた大人っぽいコーデに。小物は黒で揃えて統一感を出しています。


ガーリッシュな雰囲気と品の良さを感じさせるボックススカートですが、トップスや足元のコーデに変化をつければ、テイストもガラッと変わります。シンプルでベーシックなシルエットのものが多いので、どんなトップスとも合わせやすいのも魅力です。ヘビロテになること間違いなしのボックススカートを、あなたの着回しコーデに加えてみましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.