STYLE PRESS

Fashion  2019.03.07|Fashion

サロペットコーデは黒をチョイス!楽ちんおしゃれ見えスタイル

色々なコーデに使えるサロペットは、幅広い年代の方に人気がありますよね。その中でもシックな黒は、使い勝手抜群です。そこで今回は、黒のサロペットを使ったおすすめコーデ術をご紹介します。

サロペットってどんなもの?

サロペットは、上から下まで一繋ぎになっているファッションアイテムです。ボトムス部分がパンツだったり、スカートだったりします。

サロペットとオーバーオールの違いがよく分からない……という方も多いでしょう。サロペットという言葉自体はフランス語で、オーバーオールは英語です。

基本的な形状はほぼ同じですが、オーバーオールの方がサロペットに比べて背当て部分が広めです。サロペットは背当てが殆どないものが多く、肩紐がクロス状になっているものも少なくありません。

また、サロペットは「オールインワン」と呼ばれることもあります。どちらも語源が違うだけで、大きな違いはありません。

サロペットは、楽な着心地から非常に人気があります。色やデザインも豊富ですが、特に人気なのがベーシックな黒や、濃いインディゴブルーです。どんな色とも合わせやすく、着回しやすいのが魅力的ですよね。

ストレッチスキニーデニムサロペット

¥999

今すぐチェック

季節別に見る黒サロペットを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈季節別〉黒サロペットを使ったコーデ【1】春はピンクのシャツと合わせて

春は様々な花が咲き誇り、景色も色付いてくる季節ですよね。そんな春には、鮮やかなピンク色のアイテムがよく合います。

花柄のシャツや、ピンクストライプのシャツは、シンプルな黒サロペットも華やかにしてくれることでしょう。

〈季節別〉黒サロペットを使ったコーデ【2】夏はシフォン生地で涼しく

夏場は薄くて軽い生地がおすすめです。シフォン生地はふんわり軽く、着心地もいいですよね。

裾が広めのワイドパンツタイプは、通気性も良く、夏でも快適に過ごせます。白のスカラップブラウスを下に着ると、黒の強さも和らげてくれます。

ドットシフォンウエストリボンキャミオールインワン

¥2,799

今すぐチェック

〈季節別〉黒サロペットを使ったコーデ【3】秋はボーダーカットソーと

昼夜の寒暖差が大きい秋には、カットソーが大活躍します。黒サロペットと相性抜群なのが、ボーダーカットソーです。

太って見えがちなボーダーカットソーも、ハイウエストのサロペットと合わせれば、バランスよく着こなせます。

〈季節別〉黒サロペットを使ったコーデ【4】冬のアウターはブルゾンで

冬はコートやジャケットなどのアウターを着る機会が増えますよね。黒サロペットは基本的にどの色とも合いますが、テイストを合わせるとよりおしゃれ感が出ますよ。

スポーティーなデザインのサロペットには、ブルゾンタイプがピッタリです。スニーカーやニット帽など、小物でアクセントを加えるのも素敵ですね。

デザイン別に見る黒サロペットを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈デザイン別〉黒サロペットを使ったコーデ【1】ストライプデザイン

細いピンストライプ柄のサロペットは、縦長効果があり、スタイルも良く見せてくれます。実際の身長よりも背が高めに見えるので、低身長の方にもおすすめです。

同じ縦長のリブニットを下に着ると、高身長見え効果も更にアップしますよ。

〈デザイン別〉黒サロペットを使ったコーデ【2】ベロア生地サロペット

ほのかに光る光沢が美しいベロア生地。ベロア生地のサロペットは上質感があり、見た目も非常に品があります。

カジュアルライクなサロペットも、素材が変わることで一気にフォーマルな着こなしになります。ベロアは厚手なので、秋から冬のコーデに取り入れていきましょう。

〈デザイン別〉黒サロペットを使ったコーデ【3】チェック柄サロペット

チェック柄の黒サロペットは、おしゃれさと知的さを感じさせるアイテムです。チェック柄にも色々な種類があり、パターン次第でカジュアルからフォーマルまで使い分けられます。

チェック柄サロペットの場合、無地でシンプルなインナーを合わせていきましょう。

〈デザイン別〉黒サロペットを使ったコーデ【4】バックレースアップデザイン

バックがレースリボンで締められるサロペットは、シルエットにメリハリが出るというメリットがあります。より華奢に見え、女性らしさが引き立ちますよ。

肩ストラップが細いワイドパンツタイプは、きれいなAラインが仕上がり、ふんわりとしたエレガントなコーデに。
きれいめパンプスで足元から美しく決めるのもポイントです。

〈デザイン別〉黒サロペットを使ったコーデ【5】花柄サロペット

女性らしいコーディネートに積極的に取り入れていきたいのが、花柄ですよね。黒ベースに花柄があしらわれているものは、クールでありながらフェミニンさのある、甘辛ミックスコーデになりますよ。

大きめの花柄でインパクトを出すのもいいですし、小花柄で清楚に決めるのもおしゃれですね。
せっかくの花柄を損なわないよう、インナーは無地を選ぶようにしましょう。


サロペットは元々作業用の衣類として用いられていたものです。そのため機能性も高く、動きやすいですよね。黒のサロペットなら汚れも目立ちにくいので、アウトドアシーンのコーデにもピッタリですよ。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.