STYLE PRESS

Fashion  2019.02.14|Fashion

気温2度の服装は?防寒×トレンドを押さえたおしゃれコーデ

冬本番の季節は、気温が氷点下近くまで下がることもしばしば。そんな寒い冬の時期でも、防寒性が高いだけではなく、きちんとおしゃれな服装を選びたいものですよね。今回は、気温2度の日にぴったりのトレンドコーデをたっぷりご紹介します。

ただ暖かいだけじゃ物足りない!寒い日も、とことんおしゃれに過ごそう

冬本番の季節には、雪の影響などによって、気温が氷点下近くなることもしばしばあります。寒い日には、防寒性の高い、おしゃれな服装を選びたいものですよね。

しかし、防寒性とおしゃれのバランスを保つのはなかなか難しく、暖かくておしゃれなコーデ作りに頭を悩ませている人も多いはず。
今回は、気温2度の日にぴったりな、あったかトレンドコーデをご紹介します。

天候に合わせたコーデ作りのポイントも解説しますので、きっと明日から真似したいコーデテクニックが見つかりますよ。

トレンドを押さえた暖かい服装で、寒い日でも、おしゃれを思いっきり楽しみましょう。

気温2度のお手本コーデ【1】最低気温2度の日は、ボアブルゾン×パーカーで大人カジュアルに

最低気温が2度の日は、日差しがある時間帯には暖かさを感じることもできます。

そんな日には、ダウンジャケットなど定番のボリュームアウターは一旦お休みして、ボアブルゾンとパーカーを使いこなした大人カジュアルな装いを楽しんでみましょう。

気温2度のお手本コーデ【2】最高気温2度の日は、タートルネック×ファーコートで体温を逃さない

最高気温が2度の日は、気温が低い時間帯には、氷点下を下回る気温になります。
寒さに耐えられるように、首元を優しく包んでくれるタートルネックと、見た目も着心地も暖かなファーコートを使って、体温を逃さない服装にするのがおすすめです。

気温2度のお手本コーデ【3】晴れの日は、レオパードスカートで一味違ったダウンジャケットコーデ

雨や雪の日と違って動きやすい晴れの日には、スカートを使ったコーディネートがおすすめです。

ボトムスをピリッと辛口なレオパード柄スカートに変えれば、いつも通りのダウンジャケットコーデにアクセントを加えられますよ。

気温2度のお手本コーデ【4】曇りの日は、デニムの下まで暖かいキレカジコーデに挑戦

一日を通して寒さが続く曇りの日には、靴下やタイツを使って、デニムの下まで暖かいカジュアルコーデを選んでみましょう。

トップスには大人らしいタートルニット、アウターにはマニッシュなチェスターコートを選んで、キレカジスタイルに仕上げると、おしゃれ度がアップしますよ。

気温2度のお手本コーデ【5】レディなタイトスカートとファーブルゾンで、雨の日まで美しく

気温も気分も下がりがちで、出かけるのが面倒になってしまうような雨の日には、タイトスカートとファーブルゾンでコーデを組んでみてください。

暖かさはもちろん、色気もたっぷりなスタイルで、憂鬱な雨の日も美しく快適に過ごしましょう。

気温2度のお手本コーデ【6】タートルニット×オーバーフードコートで、雪の日のこなれコーデ

寒い雪の日には、タートルニットとオーバーフードコートで、動きやすく暖かい大人スタイルを作り上げましょう。

コンパクトなシルエットのトップスと、ルーズなアウターの対照的なバランスで、こなれ感たっぷりの仕上がりに。

気温2度のお手本コーデ【7】冬ムードを高めるなら、あったかアウターの下はノルディック柄に

シーズンムードを盛り上げる服装を楽しみたい日には、ノルディック柄トップスを使ったコーデに挑戦してみてください。

あったかアウターを重ね合わせることで、ほっこり感がたまらない、愛らしい冬コーデの完成です。

気温2度の服装におすすめのアイテム【1】カシミヤタッチタートルネックニットトップス

カシミヤタッチ素材の柔らかな肌触りがたまらない、カシミヤタッチタートルネックニットトップスです。
程よいボリューム感を持ったネックデザインは、どんなアウターやボトムスとも相性抜群。

カジュアルにもレディにも着こなせる一枚で、気温2度の寒さにも耐えられるおしゃれを楽しみましょう。

気温2度の服装におすすめのアイテム【2】レオパードフレアスカート

辛口なレオパード柄が、周りに差をつけたスタイルを作り上げてくれるレオパードフレアスカートです。
上品に広がるフレアシルエットなので、辛口の中にも、しっかりとした女の子らしさを感じる一枚。

トレンドライクなレオパードフレアスカートを使いこなして、気温2度の日も、流行最先端のコーデに仕上げましょう。

レオパードフレアスカート

¥2,199

今すぐチェック

気温2度の服装におすすめのアイテム【3】ショールカラーエコファーコート

ふわふわのエコファーが、コーデをリッチなテイストにまとめあげてくれるショールカラーエコファーコートです。
着回し力の高いロング丈は、スカートスタイルにもパンツスタイルにもマッチしてくれます。

寒さが厳しい気温2度の日には、エレガントなファーコートを使って、大人感たっぷりのスタイルで出かけましょう。

気温2度のおすすめ重ね着コーデ【1】ニットワンピース×リブレギンス

今季人気のゆるっとしたシルエットのニットワンピース。気温2度の日に一枚で着ると、上半身は温かいものの、足元は少し寒く感じることも。

そこで、レギンスをレイヤードするのがおすすめ。レギンスの中でも10分丈のリブレギンスでスリット入りのものを選ぶと、旬なコーデになりますよ。

気温2度のおすすめ重ね着コーデ【2】ニット×白シャツ

保温性のある厚手ニットは白シャツをレイヤードすると、爽やかになるだけでなく重ね着の効果でさらに暖かく。襟元だけでなく、裾からも白シャツをチラ見せすると、今っぽいラフなコーデに。

足元に白ソックスを合わせれば抜け感が加わり、重くなり過ぎないモノトーンコーデに。

気温2度のおすすめ重ね着コーデ【3】トレンチコート×インナーダウン

気温2度の場合、トレンチコート一枚では少し寒く感じてしまいます。しかし、インナーダウンをプラスすればトレンチコートでも十分な暖かさに。「春が近づいてきたのでトレンチコートを着たいけれど、寒くて無理」というような場合に春を先取りできる重ね着です。

気温2度のおすすめ重ね着コーデ【4】ライダース×ニットカーディガン

ニットカーディガンもライダースも、秋口にはぴったりでも気温2度となると寒さを防ぎきれません。しかし、この2つを重ね着するとちょうどよい暖かさに。ライダースのハードな印象をニットカーディガンのほっこりした雰囲気で緩和することもできますよ。

気温2度のおすすめ重ね着コーデ【5】ウールコート×パーカー

きれいめのウールコートにパーカーをプラスしてカジュアルダウン。暖かい上にリラックス感のあるコーデに仕上がります。いかにも着込んでいる、という感じにならずに防寒ができますよ。

気温2度の日の足元は?

気温2度なら足元の防寒もぬかりなく行いたいところ。パンプスではなくショートブーツを選ぶ、というだけでなく、ファー付きのものをチョイスすればさらに暖かく。足首を温めることで、体感気温を上げることができますよ。

また、タイツは100デニールくらいの厚手のものや、裏起毛のもの、発熱効果があるものを選ぶといいですね。

気温2度のおすすめ小物【1】ニット帽

気温2度ともなると、頭の防寒対策もプラスして。人気が続いているニット帽なら、おしゃれをしながら頭を寒さから守ることができます。

使いやすいのはどんな服にでも合う黒やグレーですが、あえて赤などの差し色を選ぶと、暗くなりがちな冬のコーデのアクセントになりますよ。

気温2度のおすすめ小物【2】レザーグローブ

冷たくなりやすい手は手袋でカバーを。ニットよりもレザーの方が冷たい空気を通さずに暖かく感じられます。手首にファーが付いたものなら、エレガントさが加わるだけでなく、コートの袖口の隙間から冷気が入り込むのを防いでくれますよ。

気温2度のおすすめ小物【3】チェック柄ストール

秋にはカーディガン代わりに、冬には首元に巻いて、と長い期間活躍してくれる大判のストール。手持ちのアイテムにプラスするなら、トレンドのチェック柄がおすすめ。服ではチェック柄が子供っぽくならないか不安な人でも、ストールなら気軽に取り入れられます。首元に無造作に巻くだけで、コーデを大人かわいい旬な雰囲気に仕上げられますよ。

気温2度のおすすめ小物【4】スヌード

ストールは巻き方が難しい、という人はスヌードを選んでみては。ニットでざっくり編まれたものなら、今っぽいカジュアル感が生まれます。

さっと付けられるので、忙しい朝でも便利なのも魅力。首回りにボリューム感が出ることで、小顔に見える効果もありますよ。

気温2度のおすすめ小物【5】ソックス

おしゃれさんの間で人気な、ソックスを足元にプラスするコーデ。ストッキングの上に重ね履きするなら、気温2度でもスカート×パンプスのコーデができますよ。クラシカルな雰囲気になるのも素敵です。半端丈パンツの裾からチラ見せするのもおすすめです。


防寒性とトレンド感を兼ね備えたおしゃれなコーディネートはいかがでしたか。厳しい寒さが続くと、暖かさ重視の服装に偏りがちですが、寒い日こそ、おしゃれを楽しんで気分を盛り上げましょう。服装にマンネリを感じた日には、今回ご紹介したコーデテクを活用してみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.