STYLE PRESS

Fashion  2019.03.02|Fashion

式典の服装をホスト側・ゲスト側別に解説!マナーやおすすめコーデ集

会社の祝賀会などの式典に参加するとき、悩んでしまう服装の問題。身につけるべき装いは、ゲスト側とホスト側で異なるので注意が必要です!今回は、式典の服装についてのマナーや、おすすめのコーディネートとアイテムなどをご紹介します。

式典の服装マナー!ホスト側とゲスト側の違い

式典や祝賀パーティーなど、大切な節目であるセレモニーに参加するときの服装に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
女性の場合パーティーに「華」を添えるのも大切な役割ではありますが、やはり基本的なマナーがなっていないと「礼儀知らず」に見えてしまうことも!

式典の服装は、基本的に「準正装(セミフォーマル)」です。
一般的な結婚式と同じイメージでOKですが、場合によっては服装の規定やドレスコードが設けられていることもあります。

単に着飾ればいいだけではなく、“品よくマナーよく華やかに”しなくてはいけないうえ、ホスト側(主催者側)とゲスト側(招待客側)のマナーにも微妙に差があるので注意が必要です。
まずは、それぞれのマナーをチェックしてみましょう!

■ホスト側

・準正装(セミフォーマル)

スーツやアンサンブル、ワンピースなどで、スカートがひざ丈のものを選びましょう。
最近では、セットアップのパンツドレスなども増えてきています。

ホスト側は式典でおもてなしする側なので、当日何かの作業や案内などをすることもあり、社風などによってかなり服装の雰囲気が違ってきます。
周りと足並みをそろえた服装をすることが大切です。


・服装の色

お祝いの日らしく、華やかな装いが求められます。
黒一色や濃紺は避けて、淡いパステルカラーなど明るい色合いを選ぶことが一般的です。

社風によってはシンプルな黒いスーツなどを身につけることもありますが、アクセサリーなどで華やかさをプラスするといいでしょう。


・靴、バッグ、アクセサリー

足元は、肌色のストッキングに、かかととつま先がきちんと隠れるパンプスが一般的です。
素足、オープントゥやミュールなどの一部が隠れていない靴や、ブーツなどはカジュアルな装いになるため、選ばないようにしましょう。

バッグはクラッチバッグやミニバッグなど、パーティー用の小さなサイズのものを選びます。
過度な装飾がついていたり、リアルレザーやリアルファーなどのバッグは避けたほうがいい場合も。

アクセサリーは華美すぎるものは避けて、あくまで上品なものをチョイスします。
パールや一粒の小さめダイヤなどのネックレスがおすすめです。

■ゲスト側

・基本的にはホスト側と同じ

ゲスト側の服装も、基本的にはホスト側と同じ準正装です。
ワンピースやアンサンブルに、かかととつま先が隠れるパンプス、ヌードカラーのストッキング、上品なアクセサリー、パーティー用のバッグを身につけます。


・おもてなしされる側の“華”を

ホスト側と違うところは、ゲストは「おもてなしされる側のお客様」という点です。
大人の女性として、式典やパーティーに華を添える気持ちを持ちつつ服装を選びましょう。

ホスト側は規定などでシックな色合いのものを選ぶこともありますが、ゲスト側は上品な華やかさを重視した服装がおすすめです。
パステルカラーや白、アイボリーなどの明るい色を選ぶようにしましょう。

そして、いくら「華やかに」と言っても、最も大切なのは上品さです。
派手すぎて品を失わないよう、品のよいアクセサリーやヘアメイクで参加しましょう。

式典のホスト側におすすめな服装【1】ピンクベージュのオールインワンパンツドレス

■式典の服装【ホスト側】

オールインワンタイプのパンツドレスは、華やかさと動きやすさがあります。
落ち着いたピンクベージュなので、大人の女性らしいフェミニンな印象に。

式典のホスト側におすすめな服装【2】ネイビーのセットアップオールインワン

■式典の服装【ホスト側】

「落ち着いた色の服装で」と指定されたら、ネイビーがおすすめです。
黒ほど暗くならずに垢抜けた印象になりますし、アクセサリーをプラスすれば充分華やかに見えます。

式典のホスト側におすすめな服装【3】スーツにワンポイントアクセ

■式典の服装【ホスト側】

パンツスーツで来ることを指定されたら、アクセサリーで華やかさをプラスすることがおすすめ。
パールやビジューで胸元を飾るだけで、印象が全然違ってきます。

式典のゲスト側におすすめな服装【1】ワイドパンツオールインワン

■式典の服装【ゲスト側】

サンドベージュのセットアップパンツドレスです。
肩を出したタイプの服装は、夜の時間帯におこなわれる式典などにおすすめ。

式典のゲスト側におすすめな服装【2】カシュクールワンピース

■式典の服装【ゲスト側】

くすみピンクのワンピースドレスです。
カシュクールタイプなので華やかですし、デコルテをきれいに見せてくれます。

式典のゲスト側におすすめな服装【3】レースワンピース

■式典の服装【ゲスト側】

華やかな総レースのセットアップ風ワンピースです。
オフホワイトのレースがクラシカルで上品なイメージに見せてくれます。

式典の服装に合わせやすいアクセサリー【1】パールモチーフピアス

華やかさと上品さのあるパールは、式典に身につけていくのにぴったりなアイテム。
顔周りをパッと華やかにしてくれるピアスやイヤリング、ネックレスなどでパーティーコーデに取り入れてみましょう。

パールが顔周りにあると、いつものリップメイクもグッと女性らしくなりますよ。

パール×サークルピアス

¥599

今すぐチェック

式典の服装に合わせやすいアクセサリー【2】スエードパンプス

ポインテッドトゥのパンプスは、足元をレディライクに見せてくれます。
式典などのドレッシーな装い以外にも、普段使いできるシンプルさがあるものがおすすめです。

パーティーコーディネートは、スエード調のものや光沢のあるものなどがよく映えます。

スエードポインテッドトゥパンプス

¥1,399

今すぐチェック

式典の服装に合わせやすいアクセサリー【3】ミニショルダーバッグ

せっかく素敵な式典用の服装をしていても、普段通りの大きなバッグを使用していると野暮ったく見えてしまいます。
パーティーの時は、小さなショルダーバッグやクラッチバッグなどがおすすめです。

スマホやお財布、メイク直し用のコスメなどが入るサイズをチョイスしましょう。


式典の服装について、ホスト側とゲスト側のマナーの違いなどをご紹介しました。TPOに応じたおしゃれな装いができる女性は、見ていてとても素敵に映るもの。式典だからこそ楽しめるファッションで、綺麗にコーディネートしてみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.