STYLE PRESS

Fashion  2019.03.28|Fashion

【女性向け】四十九日のときに着ていく服装は?ケースごとにチェック

四十九日の法要に参加するときには、どのような服装が適しているのでしょうか。親族として参加するのか、参列者として参加するのかによっても異なるので、迷ってしまいますよね。今回は、四十九日の服装を色々なケースごとに解説します。

四十九日の服装は?色々なケースごとに適した服装

■まずは知ろう!喪服の種類

喪服には格の高い順に「正喪服」「準喪服」「略喪服」という種類があります。

女性の正喪服は、和装であれば染め抜き五つ紋の黒無地の着物、洋装であればワンピースやスーツ、アンサンブルなどのブラックフォーマルです。
洋装の正喪服としてのブラックフォーマルは、装飾のないシンプルなデザインのものを着用します。

準喪服は、準とつきますが正式な喪服で、参列者や親族などが幅広く身につけられる喪服です。
ワンピースやスーツ、アンサンブルなどのブラックフォーマルで、控え目なリボンやフリルなど多少の装飾が入っていてもOKです。

略喪服は、上で挙げたブラックフォーマル以外で、黒・紺・ダークグレーなどの地味な色を使ったスーツやワンピースなどを指します。
「平服」でと指定が入った場合などに着用する、喪服に準ずる服装です。

■遺族・親族の場合

四十九日の遺族・親族の服装は、正式な喪服を着ることが多いです。
正喪服を着用し、参列される方よりも軽装にならないようにします。

身内だけの法要になるなど格式にそこまで気を遣わなくていい場合は、準喪服や略喪服になることもあります。

■参列者の場合

参列者として参加する場合は、ワンピースやスーツやアンサンブルなどの喪服を着用します。
格式としては準喪服となり、遺族側よりも格が高くならないようにします。

ただし、遺族側が平服で四十九日をおこなう場合などは、「平服でお越しください」という案内をいただくこともあります。
そのときは略喪服を着用し、決して普段着では行かないように注意しましょう。

■身内だけの場合

四十九日の法要が身内だけの場合であっても、準喪服で参加することが一般的です。
「平服で」という指定があった場合のみ、略礼服で参加しましょう。

■妊婦の場合

妊婦さんの場合は、お腹の大きさに応じて、体を締め付けないデザインの喪服を着用します。
妊婦用の喪服はわざわざ用意しておく必要はありませんが、可能ならば格式に応じた喪服をレンタルしたり、略喪服としてそれに準じた服装を身につけましょう。

身内だけの四十九日法要の場合などは、妊娠中であることを配慮してもらえることも多いかと思います。
靴は光沢のない素材で装飾のないものであれば、ヒールの低いものやフラットシューズなどを履いても大丈夫です。

四十九日におすすめの服装【1】遺族・親族の場合“和装”

遺族・親族として参加する四十九日法要におすすめの服装です。
和装としての喪服は、帯や草履などの小物も黒を選びます。

四十九日におすすめの服装【2】遺族・親族の場合“洋装”

遺族・親族の立場で四十九日法要に参加する、洋装の服装です。

シンプルで装飾のないデザインの喪服を着用します。
ひざ下5cm以上あるものからくるぶしくらいまでのロング丈スカートを選ぶと、より格式の高い服装になります。

四十九日におすすめの服装【3】参列者の場合

四十九日法要に一般の参列者として参加するときの服装です。
準喪服に当たる服装を選び、ストッキングや靴・バッグなどの小物も黒を選びます。

四十九日におすすめの服装【4】参列者の場合“平服指定”

一般参列者として参加する四十九日法要で、「平服指定」されたときにおすすめの服装です。
黒のシンプルなワンピースなど、喪服に準ずる服装を選びます。

四十九日におすすめの服装【5】身内だけの場合

身内だけの四十九日法要であっても、特に平服の指定がない場合は準喪服を着用しましょう。
ワンピースとジャケットなどの一般的な喪服が望ましいです。

四十九日におすすめの服装【6】妊婦さんの場合

妊婦さんの場合は、体を締め付けないデザインの喪服で四十九日法要に参加しましょう。

マタニティ用の喪服があればベストですが、妊娠中しか使わないものでもあるため、レンタルで済ませることもおすすめです。

四十九日の服装におすすめのアイテム【1】黒のブラウス

身内だけの四十九日など、略礼服のインナーとして使える黒いブラウス。

シンプルなので、スーツのジャケットなどに合わせやすいデザインです。
普段着としても使いやすい、ボリュームのあるスリーブがポイント。

ボリューム袖ブラウス

¥1,399

今すぐチェック

四十九日の服装におすすめのアイテム【2】黒のパンプス

プレーンなデザインの黒いヒールパンプス。
程よい高さのあるヒールと装飾のないシンプルなルックスなので、どのような服装にも合わせやすいです。

四十九日の法要以外にも、色々なセレモニーで活躍してくれます。

スエードポインテッドトゥパンプス

¥1,399

今すぐチェック

四十九日の服装におすすめのアイテム【3】黒のジャケット

シンプルなシルエットの黒のテーラードジャケットです。

四十九日の服装として定番の、ブラックワンピースなどの上から羽織ることができます。
お尻まで隠れる長めの丈なので、体型カバーにも。

テーラードジャケット

¥1,599

今すぐチェック

今回は、四十九日の法要に参加するときの参加する立場ごとに異なる服装や、おすすめのコーデ例・アイテムなどをご紹介しました。法事に関する服装マナーは色々と難しいところもありますが、ルールを守って失礼のない服装を心がけましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.