STYLE PRESS

Beauty  2020.02.14|Beauty

髪の毛の正しい洗い方や乾かし方を学んで健康的でツヤのある髪に

みなさんは正しい髪の毛の洗い方はご存知ですか?普段やっている髪の毛の洗い方でも、もしかすると、美しい髪を作ってくれる土台となる頭皮を傷つけてしまったり、髪の毛のキューティクルを損なってしまっているかもしれません。今回は、正しい髪の毛の洗い方や乾かし方についてご紹介します。

髪の毛の洗い方~髪の毛を洗う前にすべきこと~

ヘアブラッシングをする女性

髪の毛のブラッシングは、朝起きた後の寝癖せ直しの時のみになってしまっている方が多いのではないでしょうか?
実は、外出して髪の毛に一日の皮脂やほこりなどの汚れが溜まってしまった夜こそしっかりとブラッシングして、これらの汚れをシャンプーで落としやすくしておかなくてはならないのです。

髪の毛を洗う前のブラッシングには、先が尖ったコームよりも、タコの吸盤のようなクッションが付いているクッションブラシを使って、髪の毛に必要以上のダメージを与えてしまわないように注意しましょう。

髪の毛の洗い方~適切なお湯の温度とシャンプーの泡~

シャンプーの泡

あまり高い温度のお湯で髪の毛を洗ってしまうと、頭皮に刺激を与えてしまったり、乾燥を悪化させてしまうことがあります。
指先で温度確認をして、少しぬるいと感じるくらいの36度から38度の間が、他の体の部位よりも皮の薄い頭皮にちょうど良い温度です。
髪の毛を洗う時のお湯の温度は、あくまでも頭皮を洗うということを重視して調節するようにしましょう。

また、髪の毛を洗う時のシャンプーは、洗顔の時のようにもこもことするまで泡立てる必要はありません。
シャンプーは泡立てるというよりも、手に取ったシャンプーを手のひら全体に伸ばして頭皮に馴染ませるようにして使います。

髪の毛の洗い方ポイント

髪の毛の洗い方ポイント①頭皮をマッサージするように洗う

頭皮マッサージ

髪の毛を洗う時に一番大切なのは、爪を立ててゴシゴシと頭皮を掻くように洗うのではなく、指の腹を使って優しくマッサージするように少しずつ洗っていくことです。
さらに、頭皮の上に円を描くようにしてマッサージするとシャンプーもより泡立ちやすくなるので、しっかりと頭皮の隅々まで汚れを落とすことができます。夜のシャンプー時は、ゆっくりと時間をかけて丁寧にケアしてあげましょう。

髪の毛の洗い方ポイント②コンディショナーは毛先のみに

毛先を洗う

髪の毛をサラサラにしてくれるコンディショナーですが、枝毛や乾燥、痛みが目立ちやすい毛先を中心に馴染ませましょう。
まんべんなく髪全体にコンディショナーが馴染んできたら、毛先に向かって手ぐしを入れるようにしてさらに髪の毛の一本一本にまで付けるようにしましょう。

コンディショナーを使う時に、頭皮にまでコンディショナーが付いてしまうと、シャンプーに比べて落ちにくいコンディショナーは、なかなか落ちることがなく頭皮の毛穴を詰まらせてしまうので、髪の毛の成長を遅らせてしまったり、髪の毛に栄養がいくのを妨げてしまったりするので注意しましょう。

髪の毛の洗い方ポイント③最後のすすぎはしっかりと

髪をすすぐ女性

髪の毛を洗うことが目的のシャンプーですが、洗い残しができてしまうと、頭皮の老廃物となってしまいます。
特に自分の目でシャンプーが落ちたかどうか確認することのできない、耳の裏や襟足、前髪の生え際などには、時間をかけてシャンプーをしっかりと落とすようにします。

シャワーヘッドが固定されていない場合は、直接シャワーヘッドを持って、すすぎたい部分に近づけて洗い流すようにすると、洗い残しを防ぐことができます。

髪の毛の洗い方ドライ編

髪の毛の洗い方ドライ編①毛先の拭き方

毛先を拭く女性

髪の毛を洗った後は、吸水性の高いタオルを使ってできるだけタオルドライの時点で水分を取るようにします。

洗った後の髪の毛は、キューティクルが開いて傷みやすくなっているので、タオルでゴシゴシ擦るように拭くのではなく、毛先をタオルで挟むようにして乾かすようにしましょう。

髪の毛の洗い方ドライ編②頭皮の拭き方

頭皮を拭く女性

乾きづらい頭皮はタオルをかぶるようにして全体を包み、シャンプーの時と同じように指の腹でマッサージするように拭きます。

毛先を拭く時とは違って、乾かさなくてはならない面積が広いので、大き目のタオルやバスタオルを使うと拭きやすくなります。

髪の毛の洗い方ドライ編③乾かすタイミング

タオルを持った女性

特に暑い夏場はドライヤーを使うのが億劫になってしまい、自然乾燥で済ませてしまいがちですが、適切なタイミングでドライヤーをしないと、枝毛を招くだけでなく頭皮を冷やしてしまうので薄毛の原因となってしまうこともあります。

濡れた髪の毛はキューティクルが開いて弱っている状態なので、乾かすのは早ければ早いほど良いのですが、濡れたままの髪の毛をいきなりドライヤーを使って乾かすのは、ドライヤーの熱をあてる時間が長くなるので、あまりおすすめできません。
タオルでできる限り髪の毛の水分を取ってしまってからドライヤーで乾かすのが、一番おすすめのタイミングです。

髪の毛の洗い方ドライ編④ドライヤーのやり方

バスローブでドライヤーを持つ女性

ドライヤーを使って髪の毛を乾かす時は、しっかり内側までまんべんなくドライヤーの風があたるようにすることを心がけましょう。

ドライヤーの風を髪の毛にあてる時は、ドライヤーの送風口を左右に振るようにして、熱を散らしてあげたり、ドライヤーを髪の毛から20cmほど離れた位置からあてるようにすると、髪の毛が傷みにくいのでおすすめです。


いかがでしたか?髪を洗う前のケアやシャンプーの泡立て方にも美しい髪を作ることのできるポイントがあるのは、驚きですよね! 正しい髪の洗い方や乾かし方をマスターして、しっかりと毎日髪をケアしてあげるようにしたいですね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.