STYLE PRESS

Fashion  2019.03.15|Fashion

七回忌に適した女性の服装は?マナーを守り、きちんと感を出して

七回忌に参列する時はマナーを守った服装を選びましょう。そこで今回は、七回忌の服装選びのポイントと女性におすすめの服装についてご紹介します。

七回忌の服装はどうする?

七回忌の法要は故人が亡くなってから時間が経っていて、親族だけで行われることも多いので、服装に悩む人が多いです。しかし、七回忌でもマナーをわきまえていない服装で法要に参列すると、迷惑をかけたり、世間知らずだと思われたりします。

七回忌の法要に参列する予定がある人は、恥をかかないように服装マナーについて確認しておきましょう。

七回忌とは?

七回忌は故人が亡くなってから満6年(命日から6年後)に行われる年忌法要です。四十九日法要や1周忌法要と比べて規模が小さいことが多く、参列者は故人の家族や親戚が中心となる傾向にあります。

七回忌法要では、僧侶による読経や焼香が行われます。以前は自宅に僧侶を招くことが多かったのですが、最近はお寺の本堂で行われることも少なくありません。地域によって違いはありますが、法要後は参列者が料理屋などに集まり、会食することもあります。

七回忌の服装のポイント

四十九日法要や一周忌などの一般的な法要は、喪服や礼服を着用します。しかし、年忌法要は回を重ねるごとに簡略化していくので、一周忌から数えて3回目の法要にあたる七回忌は喪服や礼服を着ない人が多いです。

喪服や礼服を着ない場合や私服を指定された場合は、「平服」と呼ばれる服装が適しています。平服では、ジーンズやTシャツなどのカジュアルな服装を避けて、略式喪服と呼ばれるきれいめな服装を心がけるのがマナーです。

■女性の平服とは?
女性の平服はワンピースやアンサンブル、スーツなどです。アンサンブルやスーツの場合は、スカートではなくパンツでもマナー違反ではありません。色は黒が望ましいですが、ネイビーやダークグレーなどの暗めカラーも大丈夫です。

ストッキングは黒を選びます。平服でも肌色のストッキングや柄入りストッキングは避けた方が良いでしょう。靴はヒールが5㎝程度のパンプスが好ましいです。

■妊婦さんの服装は?
妊婦さんも基本的には平服を着用します。体を締め付けないように、黒やダークカラーのゆったりとしたワンピースを着てください。一般的なストッキングはお腹周りを締め付ける可能性があるので、マタニティ用を準備するのがおすすめです。

なお、妊婦さんが法要に参列する時はお腹に鏡を当てるのが良いと言われることがあります。これは「鏡が魔除けとなって赤ちゃんを守る」という言い伝えが関係していますが、必ずしも鏡を持って行く必要はありません。

七回忌の服装の注意点

七回忌に参列する時はマナー違反にならないように、注意点を押さえて服装を選びましょう。

■施主よりも格の低い服装を選ぶ
参列者は施主よりも格の低い服装を心がけましょう。例えば、施主が平服である場合、参列者が格の高い喪服を着るとマナー違反になります。七回忌の服装は地域などによって差があるため、わからない場合は親戚などに確認しておくのがおすすめです。

■露出の多い服装は避ける
露出の多い服装で法要に参列するのはやめましょう。膝上丈のショートパンツやミニスカート、胸元の開いたトップスやワンピースはダークカラーのシンプルなデザインでもマナー違反です。

■ファーや革製品は使わない
ファーや革製品の小物は「殺生」を連想させるため、避けてください。ワニ革やヘビ革のバッグを持つのはやめましょう。

七回忌の服装を季節別でご紹介!

<季節別>七回忌の服装【1】春はブラウス×ガウチョパンツ

春は黒のブラウスとガウチョパンツで優しい雰囲気に。ゆったりとしたガウチョパンツは、正座をする時やお手伝いをする時でも疲れにくいです。

<季節別>七回忌の服装【2】夏は半袖ワンピースで涼しく

七回忌では、半袖や七分袖のワンピースやトップスもマナー違反ではないと考えられています。夏は、半袖の涼しいワンピースで暑さ対策をしましょう。

極端に袖が短いワンピースを着る場合は、ジャケットなどを羽織ってください。

<季節別>七回忌の服装【3】秋はカーディガン×パンツ

お寺の本堂は寒いことが多いので、寒暖差のある秋は体温調節できる服装がおすすめです。ブラウスにダークカラーのカーディガンを羽織れば、簡単に冷えを予防できるでしょう。ボトムスはパンツにすると、すっきりとしたコーデになります。

<季節別>七回忌の服装【4】冬は黒ニット×コート

冬は黒ニットで暖かいコーデを作りましょう。コートは派手でなければ、普段使いしているもので大丈夫です。なお、寒い日でも会場に到着したらコートを脱ぐのがマナーです。

七回忌の服装をシーン別でご紹介!

<シーン別>七回忌の服装【1】家族だけの法要ならカジュアルなワンピースもOK

家族だけで七回忌の法要を行う場合は、カジュアルなワンピースでも良いと考えられています。足元はダークカラーのストッキングやタイツを合わせると良いでしょう。

<シーン別>七回忌の服装【2】親戚の法要に参列するならきれいめのセットアップ

親戚の七回忌に参列する時はきれいめの服装を心がけましょう。黒などのセットップを着ると、きちんと感が出て周りの人からも好印象です。

<シーン別>七回忌の服装【3】妊婦さんはゆったりワンピース×ぺたんこシューズ

妊婦さんはお腹を圧迫しないゆったりとしたワンピースを着用しましょう。女性はヒールパンプスを履くのが良いと言われていますが、妊娠中であれば歩きやすいフラットシューズでも問題ありません。

七回忌で使えるアイテム【1】シンプルなスキッパーシャツ

シンプルなデザインのシャツ。ダークカラーを選べば、七回忌などの法要でも着用できます。膝丈スカートなどと組み合わせてきちんと感を出すのがおすすめです。

スキッパーシャツ

¥1,599

今すぐチェック

七回忌で使えるアイテム【2】上品なレーススリーブトップス

きれいめなデザインのトップス。ゆったりとしたシルエットで体型カバーにも役立ちます。七回忌では、カーディガンやジャケットを羽織ると派手に見えません。

レーススリーブVネックトップス

¥1,499

今すぐチェック

七回忌で使えるアイテム【3】ベーシックなロングフレアスカート

どんなアイテムともマッチする使いやすいスカート。七回忌に参列する時は、ブラウスやジャケットと合わせるのが良いでしょう。フォルムがきれいなので、お出かけコーデにも役立ちます。

タックロングフレアスカート

¥1,799

今すぐチェック

七回忌に参列する時はマナーを守った服装を心がけましょう。ダークカラーのシンプルなワンピースやセットアップを着れば、きちんと感が出て周りの人にも良い印象を与えられます。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.