STYLE PRESS

Fashion  2019.03.09|Fashion

キャップをコーデに取り入れよう!旬な帽子コーデをチェック

コーデに物足りなさを感じたときに便利なキャップ。季節や年代、色別にどんな風に取り入れるのが正解なのでしょうか?そこで今回は、キャップを使ったおすすめコーデ術をご紹介します。

そもそもキャップってどんな帽子?

キャップは帽子の一種で、野球帽と呼ばれることもあります。ツバが前部分のみについていて、後ろ部分にアジャスターがあって締め具合を調節できるタイプもあります。

元々、スポーツをする時や、観戦時の日差し対策としてかぶるものでしたが、デザイン性の高さから、おしゃれなファッションアイテムとしても用いられるようになってきました。
男性はもちろんのこと、女性にも大変人気がありますよ。

スポーティーなコーデに使えるのはもちろん、フェミニンコーデやガーリーコーデのスパイスとしても使えます。

Dreaminロゴ刺繍キャップ

¥799

販売サイトをチェック

季節別に見るキャップを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈季節別〉キャップを使ったコーデ【1】春はシャツワンピースと

春先にはトップスとしてもアウターとしても使えるシャツワンピースが大活躍!ロング丈のシャツワンピースは、前を開けてサラリと羽織れるので、体温調節もしやすいですよね。

キャップはシャツの色に合わせてもいいですし、対照的な色でメリハリを出すのもいいでしょう。

〈季節別〉キャップを使ったコーデ【2】夏はモノトーンコーデに

キャップは夏の熱中症対策としても非常に有効です。
夏場はTシャツなどのカラフルなコーデが多くなりますが、あえてモノトーンコーデにして、周りと差を付けてみませんか?

オーバーサイズ気味の白カットソーには、黒の無地キャップがおすすめです。モノトーンサンダルやスニーカーで、スポーティーに決めていきましょう。

〈季節別〉キャップを使ったコーデ【3】秋はコットン素材のキャップ

秋はキャップの素材にもこだわっていきたいものです。コットン素材のキャップは、吸汗性と通気性に優れており、まだまだ残暑厳しい秋も快適に過ごせますよ。優しい風合いですので、ニットトップスとも相性抜群です。

コットン素材は柔らかいので、普段キャップに慣れていない方にもおすすめです。締めつけ感がなく、かぶり心地も楽ちんですよ。

コットンローキャップ

¥699

販売サイトをチェック

〈季節別〉キャップを使ったコーデ【4】冬は色のバランスを考えて

冬場は、全体のカラーバランスをしっかり考えてコーデしていくのがポイントになります。

まず、メインになるアイテムを決めてから、他のアイテムを選んでいきましょう。

トレンドのレオパード柄をメインにするなら、ベージュや白、黒を取り入れるとバランスも良くなります。

年代別に見るキャップを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈年代別〉キャップを使ったコーデ【1】20代はミニスカートで若々しく

20代は若々しく活発なコーデにしていきましょう。ミニスカートを使ったガーリーなコーデにもキャップはよく似合いますよ。
アウターはブルゾンやパーカーなど、カジュアルでスポーティーなタイプがいいでしょう。

靴はスニーカーでもいいですし、厚底ブーツでミリタリーライクにするのも素敵です。

ラインロゴツイルキャップ

¥599

販売サイトをチェック

〈年代別〉キャップを使ったコーデ【2】30代はナチュラル感を出して

30代になると、キャップも自然に取り入れて、ナチュラル感のあるコーデに仕上げていきましょう。

コーデ全体の彩度を抑えてあげると、キャップも馴染みやすくなりますよ。
アイテムのテイストを統一させるのもいいでしょう。キャップをかぶるなら、カジュアルでメンズライクなアイテムがベストです。

〈年代別〉キャップを使ったコーデ【3】40代はロングスカートで上品に

キャップと言うと、どうしてもカジュアル感がありますが、ロングスカートを使えば上品さもプラスされます。
クラシカルなチェック柄は、落ち着きのある柔らかい印象を与えてくれることでしょう。

40代は小物使いもポイントになってきます。ツヤ感のあるバッグやアクセサリーでアクセントを付けていくと素敵ですよ。

色別に見るキャップを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈色別〉キャップを使ったコーデ【1】ニュアンスカラーにはグレーやベージュを

淡いベージュやグレーといったニュアンスカラーは、着る人の雰囲気を和らげてくれますよね、ほんわかとした優しい色合いのニュアンスカラーには、ベージュやグレーのキャップを選ぶと全体のバランスも良くなります。

ぼんやりとし過ぎないよう、どこかに引き締め効果のある黒やネイビーを差し色にしてあげましょう。

〈色別〉キャップを使ったコーデ【2】明るい髪色には黒キャップを

黒のキャップは最も使い勝手がよく、汎用性の高い色です。ロゴやワッペンなどのデザインも目に付きやすいので、自分で刺繍を入れてアレンジする方もいるほど。

基本的にどの色とも相性の良い黒ですが、特に髪の色が明るい方によく似合います。

ロゴキャップ

¥799

販売サイトをチェック

キャップは単なる日差しよけとしてではなく、おしゃれアイテムの一つとしてしっかりと活用していきましょう。ツバを丸めて使うのもいいですし『NewEra(ニューエラ)』のように真っ直ぐなツバのキャップも人気がありますよ。ぜひご紹介したキャップコーデを参考にしてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.