STYLE PRESS

Fashion  2019.04.18|Fashion

オペラ鑑賞に適した服装は?マナーや便利な持ち物、おすすめコーデ等

オペラに行く時は「ドレスを着た方が良いの?」「普段着でも大丈夫?」などと服装に悩む女性が多いです。ここでは、オペラ鑑賞の服装マナーやおすすめのコーデについてご紹介します。

オペラ鑑賞を楽しもう!

オペラは16世紀末のイタリア・フィレンツェで生まれた舞台芸術。歌唱とオーケストラによる楽器演奏を中心として進められるのが特徴で、約400年にわたって世界中の人に愛されてきました。

「敷居が高そう」「知識がなければ楽しめなさそう」などのイメージがありますが、初心者でも迫力のある歌声に魅了されてオペラ鑑賞にハマる人は多いです。

日本でオペラが上演されることが多いのは、東京文化会館や新国立劇場など。有名作品は『椿姫』や『カルメン』などで、歌はドイツ語やイタリア語が多いですが、字幕が表示されるため、知識がなくても映画のように劇の内容を理解できます。

ベルト付レースヘムニットワンピース

¥1,999

今すぐチェック

オペラ鑑賞のマナー

オペラを見に行くことになったら、マナーを確認しておきましょう。

■座席の背もたれに背中を付ける
鑑賞中は座席に深く座り、背中を背もたれに付けましょう。集中すると前のめりになってしまう人がいますが、前のめりになると、後ろの人の視界が妨げられます。

■動かず、静かに見る
オペラ鑑賞の間は動かず、静かに座っているのがマナーです。劇の世界に入り込むと、リズムに乗って体を揺らしてしまう人がいるので、注意してください。

■拍手は適切なタイミングで
公演によっては「幕切の拍手は音楽が完全に止まってから」などと決められていることがあります。あらかじめ、案内表示などを確認しておきましょう。

オペラ鑑賞時の服装は?

「オペラは楽しみだけど服装を決められない」と困っている人は珍しくありません。オペラ鑑賞で恥ずかしい思いをしたり、周りの人に不快感を与えたりしないように、服装マナーをチェックしましょう。

■ドレスコードはない
基本的に、オペラではドレスコードは定められていません。ドイツやイタリア、フランスなどの海外はドレスアップしてオペラ鑑賞する人も多いですが、日本ではカジュアルな服装でオペラを鑑賞する人も多いです。

■楽しみたいならおしゃれしよう
劇場にはジーンズなどの普段着で来る人もいます。しかし、着飾っている人も少なくないので、オペラの雰囲気を存分に楽しみたいなら、おしゃれするのがおすすめです。

特に、S席や「プルミエ」と呼ばれる初日公演はドレスアップしている人が多いため、普段よりワンランク上の服装が望ましいでしょう。

■体を締め付けない服装
オペラの上演時間は3時間程度です。作品によっては4時間を超えるものもあるので、リラックスして鑑賞できる服装を選びましょう。伸縮性のない素材でできた服や体を締め付ける服は疲れるので避けた方が無難です。

■体温調節できる服装
劇場内は空調が効いています。人によっては暑さや寒さを感じるため、ショールやひざ掛けなどの体温調節できるものがあると便利です。

■バッグや靴はきれいめなもの
バッグや靴も服に合わせてきれいめなものを選びましょう。バッグはA4サイズのプログラムを入れられるものがおすすめです。

オペラ鑑賞で便利な持ち物

オペラ鑑賞の際は財布やスマホ、チケットなどの他に次のものを用意しておくと役立ちます。

■オペラグラス
席によっては歌手の表情が見にくいです。迫力を体感したい人はオペラグラスを準備しましょう。劇場によっては有料でオペラグラスを貸し出してくれる場合もあるので、気になる人は事前に確認しておいてください。

■ハンカチ
観劇中に音を出すのはマナー違反ですが、どうしても咳やくしゃみが出てしまうことはあります。ハンカチがあれば、口を押えられるので、周りの人に迷惑がかかりにくいでしょう。また、泣ける演目でもハンカチは役立ちます。

なお、上演中にバッグの中からハンカチを取り出すと、周りの人がオペラに集中できないので、ハンカチはポケットに入れるか膝の上に置いておくのがマナーです。

オペラ鑑賞におすすめの服装【1】マチネは結婚式の二次会を意識

マチネ(昼公演)を見る場合は、結婚式の二次会を意識した服装を選ぶと良いでしょう。グレーやブラックなどの落ち着いたワンピースを着れば、オペラ鑑賞にふさわしい大人っぽい服装に仕上がります。

オペラ鑑賞におすすめの服装【2】ソワレは総レースドレスで華やかに

オペラのソワレ(夜公演)を鑑賞する人の服装は、マチネと比べてドレッシー。ブルーの総レースドレスなどを着れば、華やかになって劇場の雰囲気を満喫できます。

オペラ鑑賞におすすめの服装【3】カジュアルOKならチェックワンピース

最近はカジュアルな服装でもOKのオペラも増えています。「カジュアルな服装でお越しください」などと指定されたら、きれいめのチェックワンピースなどを着ると良いでしょう。Tシャツやダメージデニムは避けた方が無難です。

オペラ鑑賞におすすめの服装【4】パンツスタイルならチノパン

オペラ鑑賞の日はきれいめの服装がおすすめ。パンツスタイルならチノパンを選ぶと良いでしょう。ぺプラムブラウスなどを組み合わせると、普段よりおしゃれな観劇コーデが完成します。

オペラ鑑賞におすすめの服装【5】平日ならオフィスカジュアルもOK

平日の夜に上演されるオペラは、仕事帰りの服装で鑑賞に来る人も多いです。女性はオフィスカジュアルでも周りに馴染めるでしょう。
スカーフやアクセサリーなどをプラスするといつもよりも華やかになります。

オペラ鑑賞におすすめの服装【6】着物なら小紋

オペラは西洋の舞台芸術ですが、もちろん着物で鑑賞するのも問題ありません。着物の場合は、振袖や訪問着と比べて格が低い小紋などを選ぶ人が多いです。

お気に入りの着物で劇場に行くと、より一層オペラを楽しめるでしょう。

オペラ鑑賞におすすめの服装【7】ドイツやイタリアなどの海外ではジャケット×ドレス

ドイツやイタリアなどの海外の劇場でオペラを鑑賞するなら、日本よりもドレスアップするのがおすすめ。ジャケットと結婚式で着るようなドレスを合わせれば、海外の豪華絢爛な劇場にマッチする服装に仕上がります。

オペラ鑑賞におすすめのアイテム【1】ドッキングワンピース

ロマンチックなデザインのワンピース。可愛いアイテムですが、こなれた雰囲気なので、大人っぽく着こなせます。

オペラ鑑賞の日はパンプスなどとコーディネートしましょう。

チュールドッキングワンピース×ベスト×ベルトセット

¥1,999

今すぐチェック

オペラ鑑賞におすすめのアイテム【2】キャンディスリーブトップス

大人っぽいデザインのトップス。首回りがすっきりとしているので、フェイスラインが美しく見えます。

オペラ鑑賞の際は、スカートやチノパンを組み合わせてきれいめな服装を作りましょう。

前後2wayキャンディースリーブトップス

¥2,199

今すぐチェック

オペラ鑑賞におすすめのアイテム【3】花柄スカート

華やかなデザインのスカート。ブラウスやニットと合わせれば、オペラ鑑賞にマッチする服装になります。オン・オフ問わず着られるので、普段のコーデでも活躍するでしょう。

グログラン花柄フレアスカート

¥2,499

今すぐチェック

オペラ鑑賞の日はドレスやワンピース、スカートなどのきれいめな服装を選びましょう。おしゃれな服装で劇場に行けば、オペラを存分に楽しめます。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.