STYLE PRESS

Lifestyle  2019.04.14|Lifestyle

バツイチ男性の魅力は?再婚のハードルや幸せになる秘訣とは

最近は、バツイチ男性と結婚したいと思う女性や再婚したいと考えているバツイチ女性が少なくありません。ここでは、バツイチ男性の魅力や再婚のハードル、幸せな再婚生活を送る秘訣などをご紹介します。

バツイチ男性の魅力は?

バツイチで再婚した夫婦

日本の離婚率は35パーセント程度であり、約3組に1組が離婚すると言われています。そのため、最近はバツイチの人が増えていて再婚する人も珍しくありません。

バツイチと聞くと「自分勝手なのかな?」「結婚に向いていないの?」などと思う人もいますが、近年はバツイチ男性がモテるようになってきています。「隠れた理想の結婚相手」とも言われるバツイチ男性の魅力をチェックしてみましょう。

■落ち着きがある
未婚の男性は彼女をゲットしたり、結婚したりするためにガツガツしています。一方、バツイチの男性は結婚に対して焦りがないことが多いので、「落ち着いていて大人っぽい」などと女性から人気です。

■女性との暮らしに慣れている
バツイチの男性は女性との同居生活に慣れています。よって、女性に対して幻想や理想を抱いていないと言われています。家事や育児などにプレッシャーを感じている女性は、多少の失敗を気にしないバツイチ男性に惹かれるでしょう。

■思いやりがある
バツイチの男性は過去の失敗を反省していることも多いです。例えば、家事をしないことが原因で元妻と喧嘩をした場合は、再婚後、相手を思いやって積極的に家事を手伝ってくれるでしょう。

また、離婚で辛い経験をした男性は思いやりを持っています。大切な相手に自分のような辛い経験をさせたくないと考えている場合は、優しく接してくれるでしょう。

■頼りがいがある
離婚を経験しているバツイチの男性は人生経験が豊富です。そのため、頼りがいがあり、「引っ張ってほしい」と考えている女性からモテます。

■料理や掃除ができる
バツイチの男性は多くの場合、一人暮らしの期間があるので、料理や掃除が得意です。家事を手伝ってくれたり、自分のことは自分でしてくれたりするため、一人で家事をすることにプレッシャーを感じる女性からも人気を集めています。

狙い目のバツイチ男性とやめた方が良いバツイチ男性の見分け方

バツイチの男性と会話する女性

バツイチ男性は魅力的ですが、離婚を経験したすべての男性が女性を幸せにするわけではありません。狙い目の男性とやめた方が良い男性の見分け方を確認しましょう。

■元妻に対する言動
元妻に対して「相手がすべて悪い」「前の奥さんは何もできなかった」などという男性は離婚を反省していないので、再婚しても同じ失敗を繰り返すと考えられます。

一方、過去のことを聞くと「自分が悪い」などと言う男性は反省しているので、再婚後幸せになれる可能性が高いです。

■離婚時の約束
男性は離婚の際に、元妻に対して慰謝料や子供の養育費の支払いを約束させられていることが少なくありません。離婚後も慰謝料や養育費をきちんと支払い、それを隠さずに教えてくれる男性は誠実だと判断できます。

その一方で、慰謝料や養育費について教えてくれなかったり、必要な費用を支払っていないのに自分にお金をかけたりしている場合は、結婚をやめた方が良いでしょう。

■貯金
離婚後は出費が減るのでお金が貯まりやすいです。将来のことを考えて出費を抑え、貯金をしている男性は経済面で安心できます。反対に、ギャンブルやお酒、車、趣味などにお金をかけていて貯金がない男性は計画性がなく、浪費癖があるため、避けた方が無難です。

バツイチが再婚する場合のハードル

再婚した夫婦と子供

最近はバツイチの人が再婚するケースも増えていますが、初婚と比べると、ハードルはあります。「再婚したい」と考えた時に覚悟すべきハードルをご紹介します。

■相手の両親の反対
再婚が増えているとはいえ、依然としてバツイチの人に対しては良いイメージを持たない人もいます。相手の両親がバツイチの人に対して良く思っていない場合は、元パートナーが原因で離婚した場合も再婚を反対されることも珍しくありません。

特に、相手が初婚の場合は、相手の両親に結婚を反対されることが多いでしょう。

■子供との関係
子持ちで再婚する場合は、子供との相性も大切です。相手が子持ちの場合、子供は自分と血が繋がっていないので「育てられるの?」「家族になれるの?」などと不安に思うことも多いでしょう。

相手が子なしでも、自分が子供を育てている場合は、子供と相手が良い関係を築けないと、再婚しても幸せになれません。

双方が子持ちの場合は、子供同士の相性も確かめる必要があります。残念ながら、子供同士が仲良くなれなければ、再婚は難しいです。

■経済面の問題
男性がバツイチの場合、慰謝料や養育費などを支払っていることが多いです。多額の慰謝料や養育費を支払わなければならない場合は、生活費が圧迫されることもあるでしょう。

■元夫・元妻への感情
バツイチで子供がいる場合などは、元夫や元妻と会う機会があります。再婚相手が元パートナーと会ったり、連絡を取ったりしていると、「本当に大丈夫?」などと心配になることは多いです。

バツイチが幸せな再婚生活を送る秘訣

再婚で幸せになった夫婦

幸せな再婚生活を送りたい人は秘訣を確認しておきましょう。

■相手を支える
結婚生活では「相手が○○してくれない」と思うと不満が募ります。そのため、幸せな結婚生活を送るには「相手に○○してあげよう」と考えるのがポイントです。

相手に求めるのではなく、自分が尽くせば、相手に喜んでもらった時に幸せを感じるので、楽しい生活が続きやすいでしょう。

■感謝や愛情を伝える
長期間一緒にいると、「言葉にしなくてもわかってくれるだろう」と感謝や愛情を伝える機会が減っていきます。ところが、感謝や愛情は意外と相手に伝わりにくいです。幸せな再婚生活を送りたいバツイチの人は、積極的に感謝や愛情を言葉や行動で伝えていきましょう。


バツイチでも再婚で幸せになれます。バツイチ男性を魅力に思う女性やバツイチで再婚したいと思っている女性は、ハードルを乗り越えて幸せを掴みましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.