STYLE PRESS

Fashion  2019.02.26|Fashion

ジャンパースカートの特徴は?季節・年代・丈別の最旬コーデ

ジャンパースカートという言葉は聞いたことがあるけれども、具体的にどのようなアイテムなのか、はっきりしないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ジャンパースカートの定義とおすすめコーデ術をまとめてご紹介します。

ジャンパースカートってどんなもの?

ジャンパースカートとは、袖がなく、エプロンのような形のワンピースを指します。ジャンパースカートだと名称が長いので、略して『ジャンスカ』と呼ばれることも多いですよね。ジャンパースカートは、エプロンスカートとも呼ばれます。

基本的にシャツやブラウスなどのトップスを着た上から着用するので、ジャンパースカートを一枚で着ることはほとんどありません。

「ジャンパースカート=デニム生地」というイメージが強い方も多いですが、使われている生地は実に様々です。タイトからフレアまで裾のタイプも充実していますし、色や丈も豊富ですよ。

ライトオンスデニムベルト付タイトジャンスカ

¥1,499

今すぐチェック

季節別に見るジャンパースカートを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈季節別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【1】春はフレアタイプでふんわり

春先は明るく華やかなピンクがよく映える季節ですよね。フレアタイプのジャンパースカートは、動きに合わせて軽やかに裾が広がるので、更に春らしい装いになりますよ。
ピンク色と相性がいい白や黒のトップスで、可愛らしく決めていきましょう。

トップス×フレアジャンスカセット

¥2,099

今すぐチェック

〈季節別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【2】夏は涼しげなカラーで

夏は爽やかなカラーを取り入れて、見た目から涼しくコーディネートしていきましょう。

白のフリルトップスに鮮やかなグリーンのジャンパースカートを合わせると、周りの青々とした自然にもマッチした、季節感のあるコーデになりますよ。
素材も通気性のよい生地を選ぶと快適に過ごせます。

〈季節別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【3】秋は中間色がおすすめ

秋はアースカラーやニュアンスカラーといった中間色を積極的に取り入れて、季節感を出していきましょう。
ベージュやネイビー、グレーやキャメルなど、少し彩度が低めのカラーを選ぶのがポイントです。

地味になり過ぎないよう、チェック柄やフリルデザインなどでしっかりとアクセントを入れていくようにしましょう。

〈季節別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【4】冬はロング丈で

ロング丈のジャンパースカートは、冬場でも暖かく着こなせますよ。下にタイツやレギンスを履いておけば足も冷えにくくなります。

コーデュロイやツイード、ベロアなどの厚手生地のスカートなら、防寒性も高く冷たい外気から守ってくれることでしょう。

年代別に見るジャンパースカートを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈年齢別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【1】20代ならショート丈で可愛く

20代は、ショート丈のジャンパースカートで可愛らしくおしゃれを楽しんでいきましょう。

トップスはきれいめブラウスやシャツを選べば、子供っぽさも抑えられますよ。ジャンパースカートも少し落ち着いた色にするのがポイントです。

〈年齢別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【2】20代は個性的なデザインも

遊び心のあるパッチワークデザインは、若々しく個性的な印象になりますよね。人とかぶりたくない方にピッタリです。

デニム生地は丈夫で、リメイクにも最適です。お気に入りのワッペンを付けてみたり、刺繍でアレンジしてみるのも素敵ですね。

〈年齢別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【3】30代はスリット入りで

ガーリーなイメージの強いデニムジャンパースカートも、タイトシルエットのロング丈なら大人の女性らしいコーデになります。
インナーもトレーナーやTシャツではなく、きれいめカットソーを合わせていきましょう。

スリット入りは歩きやすくなるだけでなく、セクシーさもプラスされます。高めのヒール付きパンプスで、足元からエレガントに決めていきましょう。

フリルストラップデニムジャンスカ

¥1,499

今すぐチェック

〈年齢別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【4】40代はハイウエストタイプ

体型が気になりだす40代。ジャンパースカートは、ぽっこりお腹や太ももをしっかりとカバーしてくれます。

ウエストにリボンやベルトが付いているタイプなら、腰も細く見えますし、スタイルアップ効果も抜群です。タイトシルエットのジャンパースカートをスッキリ着こなしましょう。

ウエストリボンタイトジャンパースカート

¥1,299

今すぐチェック

〈年齢別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【5】50代は品よく着こなすのが鍵

50代になると、ジャンパースカートを着るのに抵抗を感じる方も増えてくるでしょう。そこでおすすめなのが、ジャンパースカートの上からカーディガンやセーターなどを着て、大人っぽく着こなす方法です。

特にザックリとしたケーブル編みはデザイン性が高く、サッと羽織るだけでスタイリッシュになりますよ。

また、ジャンパースカートの生地にもこだわっていきましょう。高級感のある生地なら、年齢にふさわしい品のあるコーデに仕上がりますよ。

丈別に見るジャンパースカートを使ったおすすめコーデ術をご紹介!

〈丈別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【1】ショート丈

ショート丈のジャンパースカートは、子供っぽくなり過ぎない素材とデザイン選びが鍵になります。ストラップ部分は細めがいいでしょう。金属類が付いていないタイプは、ショート丈でも大人っぽくなりますよ。

〈丈別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【2】ミドル丈

ミドル丈は最もデザインの種類が多く、着回しやすいのが特徴です。デニム素材のジャンパースカートは、フレアタイプで軽さを出していきましょう。
対照的な色の小物をプラスすれば、コーデのアクセントにもなります。

〈丈別〉ジャンパースカートを使ったコーデ【3】ロング丈

ロング丈は、野暮ったくならないようにするのがポイントです。薄くて軽い素材のジャンパースカートは重苦しさもなく、軽やかな着こなしが楽しめます。
きれいめトップスやアクセサリーで、きれいめにまとめましょう。


意外にもデザインの幅が広く、あらゆる年齢層でも着回せるのがジャンパースカートです。インナーを工夫すれば、季節を問わず使えるのも嬉しいですよね。ぜひ、色々なジャンパースカートコーデを楽しんでみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.