STYLE PRESS

Fashion  2018.10.31|Fashion

ベルト使いでコーデのおしゃれ度アップ!どう着こなすのが正解?

ベルトはゆったりした服のウエストマークとしても、ポイントとしても使える大活躍のアイテム。でも、いつも同じベルトを似たような服に合わせてしまいがちだったりしませんか?今回は、ベルトを使ったおすすめコーデをご紹介します。

ベルトでコーデの幅を広げる!

ベルトを締めた女性イメージ画像

ベルトは、長めのトップスやワンピースにウエストマークができたり、コーデのワンポイントになったりと便利なアイテムです。

しかし、ベルトと言っても幅や色、素材がいろいろありますよね。どんなベルトをどう使うのがおしゃれなのか、分からない人も多いのではないでしょうか?
この服を着るときはいつもこのベルトだけを使っている……なんて人もいるかもしれませんね。

ですが、ベルトを変えるだけで服の印象は大きく変わるのです。
早速、おしゃれさんのベルトコーデを見てみましょう。

インパクト大!太めのベルトを使ったコーデ

太めのベルトコーデ【1】爽やかな服に白い柄ベルトを結んで

細めのデニムと黄色のワンピースが爽やかなコーデ。合わせているのは、ジャガード織のベルトです。
控えめな色使いですが、エスニックなベルトは、ワンピースのウエストマークとコーデのポイントを兼ねています。
金具がない結ぶだけのベルトは、リラックスした雰囲気になりますね。

太めのベルトコーデ【2】かっちりした黒ベルトでコーデを引き締め

ベージュのニットに、透け感のある黒い花柄スカートを合わせた、一見ナチュラルでほっこりとしたカジュアルコーデです。
オーバーサイズのニットやスカートも、ゆったりして長さがあるのですが、ベルトをつけると引き締まりますね。
サイドゴアブーツもベルトとよく合っていて、コーデ全体がちぐはぐにならず、きれいにまとまっています。

太めのベルトコーデ【3】デニムスカートを引き締めるベルトコーデ2種

同じデニムスカートに合わせたコーデを2つご紹介します。
片方は暖かそうなグレーのニットに黒地の花柄入りのベルトのコーデ。
もう片方はデニムシャツに、大きなバックルの黒いレザーメッシュベルトを合わせたコーデです。

いずれも、色落ちしたデニムスカートと淡い色のトップスの柔らかい雰囲気を引き締める効果があります。

太めのベルトコーデ【4】小物の色を揃えてまとまり感を出したコーデ

太めのハイウエストパンツと、デニムシャツを使ったキレカジコーデです。
パンプスやバッグと同じカラーであるベージュのベルトを入れることで、コーデがきちんとまとまります。

デニムシャツの袖を軽く捲って、髪をざっくりとアップにすれば、抜け感のあるコーデに。

太めのベルトコーデ【5】きちんと感のあるアイテムを個性的に組み合わせる

マスタードイエローとパープルを使った、色使いが目をひくコーデです。
ストライプシャツのウエストには、シャツに使われている暖色とは対照的なグリーンのサッシュベルトで引き締めています。

レトロで個性的なコーデですが、全体的にきちんと感のあるアイテムを組み合わせているので、どこか上品な雰囲気に。

太めのベルトコーデ【6】ほっこりストールの上からベルトを締めて、シャープに

ハット帽など、旬のアイテムを使用したきれいめ秋冬コーデ。
小物と同じベージュが入ったストールは大きなチェック柄で、色はシックなのにインパクトがありますね。
黒の太いベルトを合わせることで、ストールのほっこり感をシャープに引き締めています。

太めのベルトコーデ【7】定番コートに配色ベルトを合わせて

服と合わせやすいダブルテーラードコートは、袖にボリュームがあって今年らしい雰囲気に。
配色ベルトを締めれば、コートなのにワンピースのようにも見えますね。
ベルトをウエストよりやや上に締めると、スタイルアップ効果も狙えそうです。

細いベルトを合わせた上品コーデ

細いベルトコーデ【1】ミニスカートを清楚に見せる

袖がひらひらと広がったトップスに、かっちりしたグレンチェックのミニスカートコーデです。
レディライクな小振りのバッグを合わせて、上品なデート仕様に。
さらに合わせているのは、スカートとセットになっている黒の細いベルトです。
ベルトを締めることで、スカートの印象がぼやけず、全体のバランスがよくなります。

細いベルトコーデ【2】シンプルな服をおしゃれに飾る

白Tシャツにデニムという、シンプルなコーデ。短めのテーパードデニムや、つばの大きいストローハットを合わせることで、女の子らしい雰囲気にしています。

Tシャツのロゴとスニーカーの色を揃えて、さらに優しいブラウンの細ベルトを合わせることで、手抜き感のないおしゃれな装いに。
アクティブなお出かけの時に、真似したくなるコーデですね。

細レザーベルト

¥799

今すぐチェック

細いベルトコーデ【3】リラックス服を少しかっちりさせる

黒いノースリーブに、軽い素材のロングスカート、白いコンバースというリラックス感があるコーデ。
夏は髪をおだんごにして、涼しげな印象をプラスしてみて。

大きめのピアスで顔回りのバランスを取り、茶色の細いレザーベルトを足すことで、リラックスした服を少しかっちりした雰囲気に変えることができます。

細いベルトコーデ【4】和装にも合わせて、ちょっとモダンに

柄のある半襟、主張の強いアンティークの小紋に合わせているのは、水彩画の模様が優しげな名古屋帯。
このままでは帯が着物に負けてしまいがち。そこで、帯の上からは帯締めではなくレザーの細いベルトを合わせましょう。

意外な組み合わせですが、帯回りにインパクトが出て、モダンでおしゃれな着物コーデに仕上がります。

細いベルトコーデ【5】黒ニット×黒ベルトのコーデ

コーデの主役は、プリーツが入った花柄のワイドパンツ。
オーバーサイズの黒ニットに黒ベルトを合わせれば、主役を引き立てながらも、ほどよく上半身にポイントを作ることができます。
靴のヒールとベルトの金具の色が揃っているのもおしゃれ度が高いです。

細いベルトコーデ【6】ベルトを2本使って存在感を出す

お行儀のよいお嬢様コーデには、細いベルトを色違いで2本合わせてみましょう。
赤と白というベルトの組み合わせは、ネイビーのスカートと合わせると、少しマリンテイストっぽくなりますね。


いかがでしたか?いつもの服もベルトを締めればきっと見違えるはず。ぜひベルトコーデの参考にしてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.