STYLE PRESS

Lifestyle  2018.11.12|Lifestyle

ウールのお手入れは簡単にできる!家庭でできる洗濯のコツとは?

お気に入りのウールのセーターやスカート。たくさん着たいし、履きたいけれど、お手入れが大変だからなかなか着れない……という人は多いのではないでしょうか。しかし実は、ウールの洗濯は意外と簡単にできるのです。今回は自宅でできるウールの洗濯方法をご紹介します。

ウールは洗濯すると縮んでしまう?

ウール製品を洗濯機で洗ってみたら「縮んでしまった」「なんだかごわごわになった」という経験はありませんか?それはウールの性質に理由があります。

ウールは羊の毛で、ウールの表面は「スケール」という組織に覆われています。
スケールとは、うろこのような形の組織で、人間の髪でいうキューティクルに近い性質を持つもの。しかしスケールは、水に濡れることで開いてしまうのです。

スケールが開いた状態の羊毛が洗濯機の中で洗われると、繊維同士が絡まって縮んだり固くなったりする原因となるのです。

この現象を「フェルト収縮」といいます。そのため、家庭で洗濯機を使ってウール製品を洗うと縮んだり固くなってしまいます。

ウールは自宅で洗える!

ウールのダメージを防ぐ一番の方法は、クリーニングでドライクリーニングをしてもらうことです。

ドライクリーニングはその名前が示すとおり、水を使いません。汚れを落とすために使うものは、水ではなく有機溶剤。有機溶剤だとウール表面のスケールは開きにくいのです。
結果、フェルト収縮が起きにくく、ウール製品のダメージが防げます。

手洗いだと不安なものや、大きくて洗ったり干したりしにくいものは、ドライクリーニングに出すことをおすすめします。

ですが、ウール製品を自宅で洗える方法もあります。
洗う前に、まず服についている洗濯表示を確認しましょう。洗面器に「×」がついているようなマークがなければ、手洗いが可能です。×がついているものは、クリーニング店にお願いしましょう。

ウールの洗濯方法は?

■手洗い方法

ウール製品を手洗いするときは、30度以下のぬるま湯の中で、洗剤を使って優しく押し洗いをします。洗剤は「おしゃれ着洗い用」と表記されているものを使ってください。
温度の変化は傷みの元です。洗いからすすぎまでずっと同じくらいの温度のぬるま湯を使うのが大切。

すすぎは、ぬるま湯を変えながら、ぬるま湯がきれいになるまで押し洗いを繰り返します。
脱水するときは絞らずに、バスタオルに挟んで上から押して、バスタオルに水分を吸わせるだけにしましょう。


■洗濯機での洗い方

もし洗いたい服の洗濯表示に洗濯機のマークがあれば、洗濯機で洗うこともできます。
洗濯ネットに入れて、通常のコースではなく洗濯機の弱水流コースや手洗いコースを使って、できるだけ優しく洗いましょう。

ネットは、中で服が動くと傷みの原因になるので、必ず畳んだ服がちょうど合うくらいのサイズを使って洗ってください。
洗濯機で洗う場合も、洗濯機での脱水は数十秒だけにしておくか、脱水なしで取り出して手洗いと同様、バスタオルに挟んで押すだけにします。


■干し方

干すときは、なるべく平干しにします。
専用のネットがなかったり、場所がなくて平干しが難しい場合は、物干し竿を使いましょう。服の真ん中くらいの位置で、二つ折りするように物干し竿にかけると服への負荷が少なくすみますよ。

これでウールやウール混でも怖がらず着られる!おすすめアイテムをご紹介

おすすめのウールアイテム【1】上品キュートなラップスカート

ふわふわとした毛足の長いファブリックが、冬気分を盛り上げるスカートです。ミニ丈がキュートですが、台形シルエットで上品に見えます。

ラップスカートなので、裾に余裕があって、見た目以上に動きやすいのも嬉しいポイントです。汚れが目立ちやすい白が入っていますが、自分で洗えるなら気にせず履けますね。

シャギーチェックラップスカート

¥1,399

今すぐチェック

おすすめのウールアイテム【2】女の子らしいクラシカルなジャンスカ

グレンチェックがクラシカルなジャンスカです。
フレアラインは、女の子らしいシルエットも、歩くたびに揺れる裾も素敵ですよね。シンプルなトップスと合わせれば、即おしゃれコーデが完成する便利なアイテムです。
自分で洗えれば、秋冬にたくさん活躍するでしょう。

おすすめのウールアイテム【3】ころんとかわいいウールベレー帽

帽子は洗いにくいものだと思っていませんか?
洗いにくいからウール素材の帽子は避けようかな……という人もいるはず。

でもウール素材のベレー帽は、ウールの洗濯方法で洗えるので、安心してかぶれますよ。
丁寧に洗って、丸いかわいい形ときれいな色をキープしてくださいね。


いかがでしたか?お気に入りのウールやウール混の服や小物を洗濯が怖いからといって眠らせておくのは、あまりにももったいないことです。ウールの洗濯は「30度以下のぬるま湯の中で、おしゃれ着洗い用の洗剤を使って押し洗いする。すすぎも同じ温度で押し洗いし、脱水はバスタオルに挟んで押して、水分を吸い取るくらいにする。そして干すときはなるべく平干しする」と、とても簡単にできるのです。これからは洗濯を気にせずにどんどんウール素材をコーデに取り入れて、秋冬ファッションをより楽しんでくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.