STYLE PRESS

Fashion  2019.01.16|Fashion

ロカビリーファッションブーム再来!?レトロキュートな魅力に迫る

1950年代に大流行した「ロカビリーファッション」。今再び注目が集まっているのをご存知ですか?ロックでガーリー、そしてヴィンテージ感漂うそのスタイルは、普段使いはもちろんイベントなどにもおすすめです。ぜひみなさんも、特徴やポイントをマスターして、レトロキュートなロカビリーファッションに挑戦してみましょう!

ロカビリーファッションとは?

「ロカビリーファッション」とは、1950年代にアメリカで大流行したファッションのこと。
当時は、エルビス・プレスリーを代表とする「ロックンロール」が流行った時代。そこに、白人音楽の「ヒルビリー」が融合して“ロカビリー”という言葉が誕生しました。

そんな時代背景から生まれたロカビリーファッションは、どこかロックでスパイシー。それでいて女性らしいシルエットを強調したデザインで、どんな女性でも可愛くなれるファッションなのです。

ドットフレアスカート

¥1,499

販売サイトをチェック

レディースロカビリーファッションの特徴【1】赤と黒を取り入れる

ロカビリーファッションに初めて挑戦するなら、赤と黒でコーディネートすれば間違いありません。特に、赤はロカビリーファッションによく見られる色で、トップスやスカート、靴など、どこかに赤を取り入れると、グッとロカビリーファッションっぽくなりますよ!

また、黒いTシャツやポロシャツ、レザージャケットなどを取り入れると、ロカビリー風のロックなテイストが表現できておすすめです。

レディースロカビリーファッションの特徴【2】ボリューミーなスカート

1950年代は、“ツイスト”というダンスが流行した時代。ツイストを踊るとき、ボリュームのあるスカートだと華やかで見栄えが良いですよね。

そのような理由から、ロカビリーファッションには、ボリューミーなスカートが欠かせない存在になりました。キュッと締まったウエストにふんわりと広がるスカートは、下半身をスッキリときれいに見せてくれる効果も期待できますよ。

レディースロカビリーファッションの特徴【3】ドット柄

レトロキュートなドット柄も、ロカビリーファッションに欠かせないもののひとつ。スカートはもちろん、トップスに取り入れてアクセントにしたり、大胆にワンピースで取り入れてもOK。

ドット柄は最近のトレンドでもあるので、様々なブランドで取り扱いがあります。近くのショップで簡単に手に入るので、挑戦しやすいですね!

レディースロカビリーファッションの特徴【4】赤いバンダナ

ファッションで取り入れるのに少し抵抗がある人は、ヘアスタイルからロカビリーファッションに挑戦するのも◎

ロカビリーファッションに欠かせないアイテムと言えば、何と言っても赤いバンダナ。これだけでレトロな雰囲気を演出できます。

ヘアスタイルは思い切ってアップにするか、コテで強めのカールを作ったボリュームのあるヘアがおすすめです。

ロカビリーファッション風コーデ【1】真っ赤なフレアスカートと黒小物でカジュアルロカビリー

真っ赤なスカートと黒小物を取り入れた、現代風ロカビリーファッション。カジュアルな雰囲気で普段使いしやすいコーデです。

ロカビリーファッション風コーデ【2】冬のディズニーにもピッタリ!キュートなロカビリーファッション

ミニーマウスがプリントされた赤いニットに、大きなドットのスカートを合わせたキュートなコーデです。冬のディズニーやイベントで着れば、気分も盛り上がるはず!

ロカビリーファッション風コーデ【3】シンプルコーデに赤いバンダナで、ロカビリーテイストを取り入れて

白タンクトップとデニムに、赤いバンダナと黒い靴でさりげなくロカビリーファッションのテイストを取り入れたコーデ。ロカビリーファッション初心者でも挑戦しやすいですよ。

ロカビリーファッション風コーデ【4】黒のドットワンピースと赤い靴で、清楚なロカビリーファッション

黒いワンピースと赤い靴が大人可愛いコーデ。小さめのドット柄で、派手になりすぎず清楚に着こなせます。

ロカビリーファッション風コーデ【5】柄ワンピースでレトロポップに

レコードやアンプなどロカビリーっぽいアイテムがモチーフになった柄ワンピース。開襟のデザインや高い位置でのウエストシェイプのシルエットもクラシカルな印象。赤のベルトでウエストマークをすれば、よりロカビリーっぽくなりますね。

ロカビリーファッション風コーデ【6】Gジャン合わせでやり過ぎないロカビリーに

鮮やかな発色やフレアシルエットがロカビリー感のあるスカート。ロカビリーファッションでは定番のドット柄トップスや開襟シャツではなく、Gジャンを合わせることでやり過ぎにならずにロカビリーファッションを楽しめます。

足元はパンプスに白ソックスを合わせてクラシカルに、クルンと巻いた前髪もロカビリー風のポイントです。

ロカビリーファッション風コーデ【7】ドット柄の開襟シャツでとことんロカビリーに

ロカビリーファッションの代表的アイテムである、ドット柄の開襟シャツ。裾をウエスト部分でキュッと結べばよりロカビリーっぽい着こなしに。

ポップなフレアスカートを合わせてヘアバンドもプラスすれば、パーフェクトなロカビリースタイルになります。

ロカビリーファッション風コーデ【8】インパクト大のレコードバッグを主役に

絞られたウエストとフレアになったスカート部分がロカビリーらしい開襟ワンピース。首元には大ぶりのネックレスをプラスすれば、より50年代風のファッションに。

存在感抜群のレコードバッグは、ロカビリー気分をぐっと高めてくれます。

ロカビリーファッション風コーデ【9】ロングジャケットでマニッシュなロカビリー

ロング丈のテーラードジャケットの襟元にバッジをプラスして、マニッシュなロカビリーファッションに。裾に向かって広がるパンツのシルエットもレトロっぽい雰囲気が漂います。ヘアアクセはもちろんバンダナで決まり。

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【1】パワーショルダーのドットブラウス

大きめのドット柄がキュートなブラウス。パワーショルダーがレトロ感たっぷりで、ロカビリーファッションにピッタリ!フレアスカートやタイトなボトムスと合わせて、バランス良く着こなして。

スクエアネックパワショルドットブラウス

¥799

販売サイトをチェック

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【2】黒のギンガムチェックフレアスカート

歩くたび揺れるボリュームたっぷりのデザインが可愛い、ギンガムチェック柄スカート。今年らしいバックテールデザインとシックな黒で、ロカビリーファッション初心者の人でも安心して着られます。バックウエストゴム入りで着心地も快適です!

ギンガムチェックバックテールフレアスカート

¥1,099

販売サイトをチェック

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【3】ロックなライダースジャケット

ルーズなデザインでこなれ感のあるライダースジャケット。裏ボア仕様で暖かいので、冬のロカビリーファッションに最適!存在感のあるルックスで周りの目を引く一着です。

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【4】ボウタイリボンのドットワンピース

ハイネックにボウタイリボン、とレトロっぽさ満点のワンピース。ドット柄もロカビリー気分を高めてくれます。コーデいらずでこれ一枚でロカビリーファッションが楽しめますよ。

ボウタイリボンドットワンピース

¥1,699

販売サイトをチェック

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【5】クラシカルなドットフレアスカート

ロカビリーファッションには欠かせない、ドット柄のフレアスカート。開襟シャツや赤のカットソーと合わせれば、完璧なロカビリーコーデに。ウエストゴムが入っていないので、トップスをインしてもきれいなシルエットになりますよ。

ドットフレアスカート

¥1,999

販売サイトをチェック

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【6】テーラードカラーのショートシャツ

テーラードの開襟がクラシカルなシャツ。ショート丈なのもロカビリーっぽさがありますね。ロールアップした袖もレトロ感のポイント。

フレアスカートと合わせればパーフェクトなロカビリースタイルに、ハイウエストのパンツと合わせればさりげなくロカビリー要素を取り入れられます。

テーラードカラーショートシャツ

¥1,399

販売サイトをチェック

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【7】ヘアアクセになる赤いスカーフ

ロカビリーファッションはヘアアクセも特徴的。スカーフをヘアバンドのようにアレンジすれば、ロカビリーっぽさをより高められます。色は断然赤がおすすめ。

ロカビリーファッションにおすすめのアイテム【8】フィット感のあるノースリーブトップス

ロカビリーファッションは、上半身はコンパクトで下半身がボリューミーなシルエットがポイント。カットソーを合わせるなら、ボディラインにきれいにフィットするものを選びましょう。

シンプルなノースリーブトップスは、ロカビリーファッション以外のコーデも楽しめ、着回し力も抜群です。

テレコノースリーブトップス

¥899

販売サイトをチェック

50年代のアメリカの、レトロな魅力たっぷりのロカビリーファッション。いきなり全部取り入れるのに抵抗がある人は、まずはどこか一箇所にロカビリー風アイテムを取り入れることから始めてみて。それだけでもヴィンテージ感のあるおしゃれなコーデが楽しめますよ。古き良きアメリカンな雰囲気を楽しんでくださいね!

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.