STYLE PRESS

Fashion  2018.12.26|Fashion

気温5度の服装で悩む方必見!おしゃれと防寒を両立させるコーデ案

寒さが厳しい1月2月。日本の平均気温は5度程度と冷え込みが厳しい時期になります。オフィスや電車は暖かいけれど外は凍えるほど肌寒く、服装選びに困ってしまいますね。厚着していったら昼間暑くなったり、逆に風が強い日は体感温度が寒く感じたり、服装選びで失敗された方も多いのではないでしょうか?今回は色んな条件別で、気温5度の服装コーデ案をご紹介します。

気温5度といっても様々!服装を間違えないコツ

気温5度と言っても、その日の天候や最高気温が5度の場合と最低気温が5度の場合で服装も変わってきます。

最低気温が5度の場合、昼間は暖かくなる可能性があります。日中暖かくなるかもしれない場合は、脱ぎ着できるようなアウターで調整するのが良いでしょう。例えばカーディガンやコートを重ね着し、暑く感じたら脱げるような服装がおすすめです。

一方、最高気温が5度の場合は、かなり寒い日になると予想できます。ダウンジャケットやコートはもちろん、インナーにもこだわりましょう。薄手なのに暖かさを逃がさない冬用シャツがおすすめです。アウターに響かないほどの薄さなのにしっかり防寒してくれます。

風の日や雨の日は、気温5度といえども体感温度はもっと低く感じるでしょう。日差しがないのでいつもより厳しい冷え込みになります。首元を暖かくして寒さ対策しましょう。マフラーやストールといった小物は欠かせません。

パンツを履く場合は、裏地がボアになったものを選べば暖かいですよ。スカートの場合はあったか素材のタイツを合わせ、下半身を冷やさないようにしましょう。

ここからは条件別の気温5度コーデをご紹介します。

気温5度の服装【1】脱ぎ着できるダウンジャケットが定番

最低気温が5度の日の日中は、案外暖かくなるかもしれません。晴れの日は日差しが気持ちよく感じることさえあるでしょう。最低気温が5度の日は、暑く感じたときに脱いで調整できるようなアウター選びがポイントになります。

一枚で暖かさ抜群のダウンジャケットは有能です。ふわっと軽く、羽毛の効果で体から熱を逃しません。最近はカラフルでコーデの主役になれる綺麗色のダウンジャケットも人気です。
レッドやイエローなど、元気が出るビタミンカラーのダウンジャケットには、シンプルな黒やグレーのトップスと合わせて、アウターを映えさせましょう。

トップスはニットや裏地にボアがついている冬用スウェットを合わせた、スポーティーで動きやすいコーデも良いですね。

気温5度の服装【2】コート×ニットがおすすめ

最高気温が5度の日はかなりの冷え込みが予想されます。寒い日は長めのコートとニットの組み合わせが良いでしょう。肌を出さないような服装にするのも大切です。

寒さが入ってきやすい首元は、タートルネックセーターでしっかり防寒しましょう。短いスカートを着る際はニーハイブーツを組み合わせて、露出部分をなるべく少なくするのもポイントです。

袖にふわふわのファーがついたコートは、存在感がありリッチテイストに仕上がります。トップスは目を引くほど鮮やかなボルドーやパープルのセーターがおすすめ。

コートは中の服装をすっぽり隠してしまいますが、首元からちらっと華やかなセーターが見えるなら、とてもおしゃれでこなれた感じを出すことができます。

気温5度の服装【3】マフラーやストールが欠かせない

風の日の5度は冷たく感じるものです。電車やオフィスに入ると暖房がついて暖かいのですが、外に出ると冷たい北風に身も凍えそう。

部屋の中と外の温度差が激しい時、外に行くことの多いOLさんにおすすめなのが、ストールなどの小物を取り入れたコーデです。

ストールはボリュームがあるので、他はすっきりさせることで華奢なスタイルを強調できます。大人っぽい黒のニットをタイトスカートにインして、腰回りもきちんと感を出しましょう。

ストッキングとパンプスも黒でまとめて、上品なレディムードスタイルに仕上げます。

気温5度の服装【4】ロングコートで気温差にも対応

日差しがない曇りの日の5度は、ひんやり肌寒く感じるかもしれません。しかし屋内や風を遮る地下、アーケード街などに行くと気温が変わります。コートを着ても脱いでも美しく見えるコーデをすることで、どんなシーンでも対応できます。

肌触りのいいロングコートは縦長のラインを強調し、スタイルよく見せてくれます。特に肌馴染みのいいキャメルカラーは大人っぽい着こなしができますよ。

冷気を直接肌に触れさせないのが冬コーデのポイントですが、多くは出さず足首をアンクルブーツからチラ見せすることで、女性らしい印象になります。

ウールタッチロングチェスターコート

¥2,999

今すぐチェック

気温5度の服装【5】風を通さない動きやすいジャケットが正解

雨の日は暖かく、さらに動きやすい服装にするのが正解です。ボアやファー生地のコートだと濡れると乾きにくいためNG。雨の日は濡れても拭いて乾かしやすい生地のジャケットを合わせるといいでしょう。

足元にボリュームのあるロングスカートやスカーチョなどは泥跳ねで汚れやすいので、雨の日はできるだけスキニーやタイトのボトムスですっきりまとめましょう。

裏地のあるジャケットなら風も通さず、寒い日も活躍できます。

フードファーモッズコート

¥3,499

今すぐチェック

天気予報で「今日の気温は5度です。」と言われた場合、考えるべきなのは晴れの5度なのか、風の日の5度なのか、雨の日なのかということ。また、その日のスケジュールも考えましょう。屋内にいることが多いですか?それとも外回りでしょうか?最高気温が5度の場合と最低気温が5度の場合とでも、服装は大きく変わります。外的な要素を考慮して、一日快適でいられるぴったりの服装を選んでお出かけしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.