STYLE PRESS

Fashion  2019.03.21|Fashion

保育士の服装で気を付けるべきポイントは?季節やシーン別にご紹介

子供の安全面を第一に考えて服装を決めなければならない保育士。動きやすく、汚れてもいいような服装だとは何となく分かっていても、具体的にどのような服装が望ましいか分からずにいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、保育士さんの服装についてご紹介します。

保育士の服装で意識すべきポイントとは?

ラフすぎるのも、おしゃれすぎるのも気を付けたいのが保育士さんの服装です。
子どもの安全はもちろん、保護者の目も考えると、服装を選ぶのって思っている以上に大変ですよね。

基本的には園の方針に従うことが大切ですが、詳しく決まりがない場合はどのようなポイントを重視して選べばいいのでしょうか。

■保育士の服装選びのポイント
・Tシャツやパンツなど、動きやすさを重視する
・子供の肌が触れても大丈夫なように、綿など自然素材のものを選ぶ
・親御さんと接することも考えて、清潔さも意識する
・かぶるタイプのエプロンや子供が好きそうなキャラクターのエプロンを選ぶ

■保育士でNGな服装
・取って飲み込む危険があるビジューやボタンなど、装飾品が付いた服
・子供が引っ張ったり、首に巻いたりする危険があるフードや紐付きのトップス
・派手な色やだらしなく見えてしまうジャージ

保育士さんの定番の服装とも言えるジャージは、場合によってはだらしなく見えてしまうこともあるので、注意しましょう。

GRL サイドラインベロアセットアップ

¥2,339

今すぐチェック

保育士さんの服装ポイント【1】春は薄手のコーデで爽やかにまとめる

春の保育士さんの服装なら、薄手のロングTシャツにパンツスタイルがおすすめ。
チノパンツが定番ですが、園で許可が出ているなら動きやすいジーンズもいいでしょう。
急な寒さに備えて、サッと羽織れるジャージやカーディガンを用意しておくのも◎。

保育士さんの服装ポイント【2】夏はTシャツにパンツスタイルで決まり

夏の保育士さんの服装では、Tシャツにパンツを合わせた組み合わせが定番です。
パンツも7分丈にするなどして、暑さ対策をしているそう。
紫外線も強くなるので、UV対策もしっかり行いたいところですね。

保育士さんの服装ポイント【3】秋はトレーナーにシフトして暖かく

秋はトレーナーや、少し厚めのロングTシャツにパンツを合わせた服装にシフトする保育士さんが多いようです。
フードや紐がないシンプルなものを選びましょう!

保育士さんの服装ポイント【4】冬は重ね着や薄手のダウンジャケットを用意

冬はトレーナーと薄手の長袖をレイヤードして防寒対策をしましょう。
戸外で活動するときは、動きやすい薄手のダウンジャケットがあると安心です。
冬場の保育士の服装でも、引き続きチノパンツが活躍してくれます。

保育士さんの服装ポイント【5】研修のときは時と場合に合わせて変える

研修と一口に言っても、座学の研修や、実際に子供たちと触れ合いながらの研修があるようなので、臨機応変に服装を考えましょう。

保育士さんの一員として混ざるのであれば、季節に合わせて動きやすい服装で大丈夫ですが、座学なら少しだけフォーマルを意識してブラウスやタイトスカートなどできちんと感を出してみて!

保育士さんの服装ポイント【6】行事のときは園で指定されているものを着る

運動会や発表会のような行事があるときの服装は、園で決められたお揃いのTシャツやパンツを履くことが多いようです。
指定がなくても、色を統一した服装になることが多いようなので、園の方針をチェックしておきましょう。

保育士さんの服装ポイント【7】式典のときはフォーマルに決める

入園式や卒園式は保育士にとっても大切な日なので、普段の服装というワケにはいきません。
園にもよりますが、フォーマルなセットアップやスーツできちんと感を出しましょう。

保育士さんの服装ポイント【8】定番のジャージはラフなものや派手な色は避ける

動きやすくて通気性の良いジャージは、保育士の定番の服装とも言えますよね。
その一方でラフに見えてしまうこともあるので、落ち着いた色でボトムスだけをジャージにするなどして工夫しましょう!

保育士さんの服装ポイント【9】エプロンは子供ウケが良く、着脱しやすいものを選ぶ

保育士の服装と言えば、エプロンですよね。
このときのエプロンも動きやすく、着脱しやすいものを選び、明るくなれるような色をチョイス!
園で禁止されていないなら、子供たちが好きなキャラクターものを選ぶのも◎。

保育士さんの服装におすすめのアイテム①春や秋冬に活躍してくれるシンプルなトップス

薄手のトップスは、春だけでなく、秋冬の服装のインナーとしても着ることがあるので、何枚あっても重宝します。

ボディラインにフィットし、伸縮性のあるタイプだと、保育士の服装で欲しい清潔感と動きやすさを両立することができるので、保護者ウケも◎。
シンプルな白やグレー、ボーダーなどがおすすめです。

GRL Vネックテレコリブトップス

¥1,099

今すぐチェック

保育士さんの服装におすすめのアイテム②園外でのお散歩も安心のジーンズ

ジーンズを仕事着として使用することが認められている保育園であれば、ジーンズを一枚持っておくと便利ですよ。

ジャージではラフすぎますが、ジーンズならおしゃれに見えるので、園外に出るときも安心。
ただ、保育士の服装でジーンズを選ぶなら、ストレッチ性があるタイプか、少しゆとりのあるストレートデニムがいいでしょう。

GRL ハイウエストヴィンテージライクスキニーデニムパンツ

¥2,499

今すぐチェック

保育士さんの服装におすすめのアイテム③子供たちと活発に動けるストレッチパンツ

ジーンズよりもストレッチ性があるパンツなら、活発に動き回る子供たちに合わせて柔軟に対応することができます。

ベーシックな黒なら脚を引き締めて見せてくれますし、サイドラインがあれば保育士の服装でもさり気ないおしゃれ見えを叶えてくれますよ。
シーズン問わず履けるのも嬉しいですね。

GRL サイドラインストレッチパンツ

¥1,299

今すぐチェック

保育士の服装についてご紹介しました。子供の安全面を重視しながらも、親御さんに失礼のないように清潔さを心掛けた服装が基準になります。園の方針をしっかりチェックした上で、自分にぴったりな服装を見つけてみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.