STYLE PRESS

Entertainment  2020.01.17|Entertainment

プロゴルファー宮里藍、経歴から現役引退理由、そして現在の姿も!

藍ちゃんの愛称とその美貌で一躍有名になったプロゴルファー、宮里藍(みやざとあい)さん。
女子プロゴルフ界において、横峯さくらさんらと共にニュー・ヒロインとして注目されました。
今回は、その経歴から現役引退の理由、そして現在の姿までをご紹介します。

宮里藍さんの経歴①誕生からゴルフを始めたきっかけ

宮里藍さんは1985年6月19日生まれ、沖縄県出身のプロゴルファーです。

宮里聖志さん、宮里優作さんと兄が2人おり、兄妹3人全員プロゴルファーとして活躍しています。

2人の兄は3歳からゴルフを習い始めましたが、宮里藍さんが最初に始めた習い事はピアノでした。
しかし、その後兄2人のゴルフに付いていったことがきっかけで4歳から、宮里藍さんもゴルフを習い始めます。
ゴルフのコースデビューはなんと小学1年生という早さでした。
初めてのホールインワンは1994年の時だったそうです。

宮里藍さんの経歴②学生時代の活躍

中学在学時は、ゴルフの傍らバスケットボール部に入部します。
この時点で運動万能の片鱗をみせます。
そして在学中に初渡米し米国サンディエゴの世界ジュニアに出場しました。

中学2年時には、地元沖縄県で開催された第4回ダイキンオーキッドアマチュアゴルフ選手権でついに優勝します。
その後、第13回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のツアーに初出場となりました。

中学卒業と同時に沖縄県を出た宮里藍さんは、次兄の宮里優作さんがいる仙台市へと移住。東北高校に進学します。
高校2年時には、釜山アジア大会で金メダルを獲得しアマチュアプレイヤーとしてLPGAツアーに参加します。
さらに、フジサンケイレディスクラシックで4位入賞を果たします。

高校3年時には、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝を果たし、ゴルフプレイヤーとしての注目度がぐんと上がりました。

宮里藍さんの経歴③史上初の高校生プロゴルファーデビューとその後の活躍

2003年9月より開催されたミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントでも見事優勝し、同年10月9日にプロ宣言をして、プロゴルファーとなりました。
2003年当時、高校生としては史上初のプロゴルファーという快挙でした。

2004年LPGAツアーである第17回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの初戦でプロゴルファーとしての初優勝を果たします。
その後も、同年11月に行われたエリエールレディスオープンでも優勝した宮里藍さんは、あっという間に年間獲得賞金額が1億円を突破します。
この時すでに賞金ランキング2位に入ります。
さらに、日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞するなど大活躍のプロ1年目となりました。

2007年度には、1回の棄権を含む連続5回の予選落ちを経験し成績が低迷しますが、その後挽回。
2009年度にはLPGAツアー初優勝を果たし、米国女子賞金ランキング3位に入りました。

大活躍の宮里藍さんが引退した理由

その後も数々の大会で優勝や入賞をし、プロゴルファーとして大活躍をみせた宮里藍さん。
2012年11月にはウィリアム&モージー・パウエル賞を日本人としては初受賞します。
しかし、プロゴルファーとして世界ランキング1位までもを経験したものの、2017年5月26日、2017年シーズン限りでの現役引退を表明しました。
なぜ、宮里藍さんは大活躍中にも関わらず、現役引退を表明したのでしょうか。

現役引退表明時に開かれた会見では、モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手と発言しています。
会見中には「現役引退表明の4、5年前から、モチベーションの維持というのが難しくなった」と話しており、引退を意識するようになったきっかけが始まった時期についても言及しています。

宮里藍さんの現在は...!?

プロゴルファーとしての現役引退後の宮里藍さんは、その後どのような活動をしているのでしょうか。

2018年3月にはサントリーレディースのアンバサダーに就任します。
同年6月には、サントリーレディースオープンにアンバサダーとして参加するなど、まだまだゴルフに関わった活動をしているようです。

また、プライベートも充実しているようで、2018年6月19日にマネージャーの座親匠さんと入籍したことが、同じく6月21日に発表されました。

現役引退から2年目に入りますが、ゴルフとも関わり続け、さらにプライベートも充実しており、変わらず順風満帆の日々といえるでしょう。

2020年に開催予定である東京オリンピックのゴルフ競技のコーチを務められるとの可能性も囁かれていますが、あくまでも噂のため真相はわかりません。


いかがでしたでしょうか。 一世を風靡したプロゴルファーの宮里藍さん。 現役引退後もゴルフ界を支える名実共に変わらず女子プロゴルフ界のマドンナといえるでしょう。 今後のゴルフ界での活躍、そして宮里藍さん自身の第二の人生からも目が離せませんね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.