STYLE PRESS

Fashion  2019.03.16|Fashion

パートの面接はどんな服装でいけばいい?職種や雰囲気別のコーデ例

パートの面接、どのような服装で行けばいいのか迷いますよね。スーツスタイル、もしくはある程度かしこまった服装が必要になってくる職場も多いです。今回はパートの面接の服装についてご紹介します。

パートの面接におすすめの服装は?

求人を見てパート先に応募してみたものの、どのような雰囲気の服装で行けばいいのか悩んでしまいますよね。
就職活動のときのようなリクルートスーツを着ればいいのか、はたまたきれいめカジュアル程度でいいのか……、職場によって服装の雰囲気が異なるので難しいところです。

パート面接の服装は、その職場によって適した雰囲気が異なります。
スーツやそれに準じた服装を求められることもあれば、いつもより綺麗な普段着のような服装でOK なところも。

職種によって大まかに雰囲気が分けられるため、まずはざっくりとした職種別のおすすめな服装をチェックしてみましょう。

ウエストリボンペプラムトップス

¥1,399

今すぐチェック

■スーツやスーツに準ずる服装が望ましいケース

職場で働いている社員が、スーツやそれにあたるような制服を身につけて働いているところの場合、パートの面接でもスーツを着ていくことが基本です。
事務職や受付業務などのオフィスワーク、百貨店やホテルなど敷居が高めの場所、銀行のテラー業務などがそれにあたります。

学生以外の年齢の場合、いかにもなリクルートスーツでは少し幼い印象に見えてしまいます。
黒一色よりは、紺やグレーなどベーシックな色合いのスーツに、白の清潔感のあるシャツを合わせましょう。

スーツまで必要ではない場合でも、ジャケットを身につけていくことがおすすめです。

■いつもよりきれいめな普段着でいいケース

コンビニや飲食店でのキッチン・ホール業務、スーパーなどの職場の場合は、パート面接でスーツ着用を求められることが少ないと思います。
ただしデニムやTシャツ、スニーカーなどのカジュアルアイテムは避けて、いつもよりきれいめで上品な服装を身につけましょう。

オフィスカジュアルでも着られるようなカットソーに、ジャケットやきれいめなカーディガンなどがおすすめです。
接客業の場合は明るいカラーのアイテムで、明るさや親しみやすさのある華やかさをプラスしましょう。

■ファッションセンスが求められるケース

アパレルショップでの接客や、アクセサリーショップでの販売業務、美容室など、ファッションセンスを求められる職場もあります。
そういった職場の場合は、働くことを希望しているブランドのアイテムを身につけたり、ショップのイメージに合った服装をしたりなどの工夫が必要です。

ベーシックな服装に少しファッション要素をプラスするなど、おしゃれを意識したコーディネートにしましょう。



それではここから、パート面接におすすめのコーディネート例をいくつかご紹介します。
スーツのマナーは基本的なものと変わらないため、ここではスーツに準じる服装やきれいめカジュアルなどを選びました。

ぜひ参考にしてみてください。

かっちり系パートの面接におすすめな服装【1】紺ブレザーとテーパードパンツ

紺のブレザーにテーパードパンツを合わせたコーディネート。
かっちりめの職場や、少しお高めの飲食店などの面接におすすめの服装です。

かっちり系パートの面接におすすめな服装【2】テーラードジャケット

テーラードジャケットと白のカットソー、ストライプのテーパードパンツを使ったコーディネートです。
かっちりめの職場か、少し華やかさがある職場のパート面接におすすめの服装ですね。

華やかさをアピールしたいパートの面接におすすめな服装【1】レーストップスと白カーデのアンサンブル

レーストップスと白カーデのアンサンブルに、膝丈フレアスカートを合わせた面接コーデ。
カフェなどのおしゃれな飲食店など、明るさや華やかさのある職場のパート面接におすすめです。

華やかさをアピールしたいパートの面接におすすめな服装【2】白シャツとカーディガン

白シャツにベージュのスカート、ロングカーディガンを合わせた面接コーデです。
一見かっちりめに見えますがカジュアルアイテムも多めなので、そこまで堅くない職場でのパート面接におすすめな服装です。

おしゃれ系パートの面接におすすめな服装【1】カラー使い多めコーデ

黒トップスにカーディガン、ブルー系のパンツを合わせた服装です。
色味を使った派手めコーデなので、ファッション業界などのパート面接におすすめ。

おしゃれ系パートの面接におすすめな服装【2】きれいめカジュアル

白シャツにライトグレーのパンツ、メタリックアクセントのあるパンプスを合わせたコーディネートです。
実際にはヘアスタイルをまとめ髪にして袖まくりをせず、こなれ感をマイナスした方がパート面接らしい服装になります。

パート面接の服装におすすめのアイテム【1】トップスとパンツのセットアップ

トップスとパンツのきれいめセットアップです。
センタータックの入ったトップスで、きちんと感の中にも垢抜けた印象になります。

上下別々に使えるので、パート面接以外の普段使いにもお役立ち。

パート面接の服装におすすめのアイテム【2】テーラードジャケット

細身え効果のあるテーラードジャケットです。
きれいめなトップスに合わせて羽織ると、きちんと感のある面接コーデになります。

受付や事務など、すこしかっちりめのパートにおすすめの服装です。

パート面接の服装におすすめのアイテム【3】カーディガン

華やかさのある明るいカラーのカーディガンです。
ひざ丈のスカートなどと合わせて、清楚系な面接コーデに。

カジュアル要素が強めなので、あまりかっちりしていないパート先での面接におすすめの服装です。


パートの面接に行くときの服装について、色々とご紹介しました。パートの面接は職場によってかなり雰囲気が違うので、様子がわからないときはベーシックな服装で行くことがベター。心配な時は事前に服装の雰囲気をリサーチしてもいいかもしれませんね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.