STYLE PRESS

Lifestyle  2018.12.05|Lifestyle

意外と知らない初詣の作法!神社とお寺の違い、参拝作法を教えます

お正月に、友人や恋人、家族と一緒に初詣に行くという方は多いです。しかし、意外と知られていないのが初詣の作法です。今回は、神社やお寺の違いなども含めて、初詣についてのアレコレをご紹介します。

お寺と神社の違いって?初詣の作法を知って、もっと素敵な女性になろう

お正月に友人や恋人、家族と一緒に初詣に行ってお参りをする人は多いですよね。しかし、初詣でお寺や神社をお参りする際の、正しい作法を知っている人は少ないものです。

「そもそも、お寺と神社って何が違うの?」と思う人もいるのではないでしょうか。

お寺と神社には大きな違いがあります。
お寺は仏教を信条としており、仏様を祀っているものです。そして、神社は神道を信条としており、神様を祀っています。

仏教や神道、仏様や神様の違いは見極めづらいものかもしれませんが、お寺と神社は、見た目にも大きな違いがあります。
見た目の違いとして、お寺は墓や仏像があることに対し、神社は鳥居がある造りをしています。

初詣で行く場所が、お寺なのか神社なのかによって、お参りの作法も多少変わってきます。

今回は、お寺と神社、それぞれのポイントも含め、初詣の作法をご紹介します。
正しい作法を知って、きちんとお参りのできる素敵な女性になりましょう。

ボア付き中綿入りモッズコート

¥2,699

販売サイトをチェック

お寺を参拝するときに気をつけたいポイント

お寺を参拝するときに気をつけたいポイントを知ろう

お寺を参拝するときの正しい作法は、以下のようなものです。

1:賽銭箱の前で、深めにお辞儀をする
2:鐘がある場合には、お辞儀の後に鐘を鳴らす
3:ロウソクや線香がある場合には、線香をあげる
4:お賽銭を入れる
5:手を合わせて拝む。このとき、拍手はしない
6:最後に、もう一度お辞儀をする

難しい作法ではありませんので、きちんと方法や順序を覚えて、正しく参拝しましょう。

神社を参拝するときに気をつけたいポイント

神社を参拝するときに気をつけたいポイント

神社を参拝するときの作法は、お寺とは違った作法となっています。神社を参拝するときの正しい作法は、以下の通りです。

1:賽銭箱の前で、軽くお辞儀をする
2:鈴がある場合には、鈴を鳴らす
3:お賽銭を入れる
4:二回お辞儀をする
5:二回拍手をする
6:手を合わせて拝む
7:深めにお辞儀をする
8:最後にもう一度、軽くお辞儀をする

お寺よりも手順が多く感じますが、作法自体は簡単ですよね。お辞儀や拍手の回数も決まっていますので、きちんと覚えて、正しく参拝するようにしましょう。

お寺と神社で共通の作法!

初詣の作法【1】手水が設置されていたら、きちんと手や口を清めよう

手水が設置されていたら手や口を清めるのが初詣の作法

お寺や神社には、手水舎(ちょうずや・てみずや)と呼ばれる手洗い場があります。

手水舎で身を清める際にも、正しい作法がありますので、マナーとして覚えておくようにしましょう。

1:右手で柄杓(ひしゃく)を取る。一杯の水で身を清めるため、水の配分に注意しましょう
2:左手に柄杓の水をかけて、左手を洗う
3:柄杓を左手に持ち替え、右手も洗う
4:再び、右手で柄杓を持つ。柄杓の水を左手に注ぎ、その水で口をゆすぐ
5:もう一度、左手を軽く洗う
6:柄杓を立てて、持ち手の部分に水を流し、柄杓を洗う
7:柄杓を元の場所に戻す

難しい作業のように思えますが、実際にやってみると案外簡単なものです。きちんと身を清めて、気持ちよく参拝をしてくださいね。

初詣の作法【2】鳥居や門のくぐり方にも気を配ること

鳥居や門をくぐるときも気を配るのが初詣の作法

お寺には門、神社には鳥居があります。
くぐるものは違いますが、入り方はお寺も神社も変わりません。

まず、お寺や神社に来たときには、門や鳥居をくぐる前に一礼をしてから、お寺や神社に入るようにします。
そして、帰るときには、門や鳥居をくぐって、お寺や神社を出た後に一礼をします。

「お邪魔します」という気持ちを込めて、きちんとご挨拶をしましょう。

初詣の作法【3】お賽銭の金額に決まりはなし!自分の気持ちを込めること

自分の気持ちを込めてお賽銭の額を決めよう

賽銭の金額に決まりはなく、その人の気持ちで金額を決めればいいとされています。

気持ちを込めることが大切ですので、大きい金額を入れればいいということも、少ない金額では失礼ということもありません。
「5円を入れると縁起がいい」「10円を入れると縁起が悪い」というのは、言葉遊びが派生して生まれた話ですので、気にしなくても大丈夫です。

一点注意が必要なのは、賽銭は、「前回のお願い事に対するお礼」として入れるものです。
お願い事を叶えてもらう意味ではなく、前回のお願い事を見守ってくれたことに対する感謝の気持ちを込めましょう。

初詣の作法【4】お参りするときは「見守ってもらう」ことをお願いする

お参りするときには見守ってくださいとお願いするのが初詣の作法

お参りをするときは、「願い事を叶えてください」という気持ちではなく、「願いが成就するように見守ってください」とお願いするようにしましょう。

「◯◯が叶いますように!」ではなく、「◯◯ができるよう頑張るので、見守ってください」と、自分が努力することを前提にしてください。

仏様や神様は、願いを叶えてくれる存在ではなく、願いを叶える努力を見守ってくれる存在なのです。

初詣の作法【5】何よりも謙虚な気持ちを大切にしよう

謙虚な気持ちでお参りすることが初詣の作法

初詣には正しい作法がありますが、何よりも大切なのは、自分の気持ちです。

マナーとしては、正しい作法を知って、正しい作法で参拝することが大切です。
しかし、間違ってしまったからといって、不安に思うことはありません。

仏様や神様を敬う気持ちと、感謝する気持ちを忘れずに、謙虚な気持ちで初詣をするようにしましょう。

あったかアイテムで、初詣コーデを素敵に仕上げよう

初詣にぴったりのアイテム【1】ハイネックドロップショルダーニットトップス

首元を優しく包み込むハイネックデザインが魅力的な、ハイネックドロップショルダーニットトップスです。

サイドスリットや前後差ヘムなど、細部まで計算されたデザインは、トレンドライクなコーディネートを作り上げてくれます。
見た目も着心地も暖かなニットトップスを着て、快適な初詣にしましょう。

ハイネックドロップショルダーニットトップス

¥1,999

販売サイトをチェック

初詣にぴったりのアイテム【2】ハイウエストテーパードデニムパンツ

ハイウエストデザインが美脚効果をもたらしてくれる、ハイウエストテーパードデニムパンツです。
絶妙なテーパードシルエットは、スタイルを綺麗に見せてくれるだけでなく、トレンドライクな雰囲気に仕上げてくれます。

大人カジュアルを叶えてくれるボトムスで、アクティブに初詣を楽しみましょう。

ハイウエストテーパードデニムパンツ

¥2,599

販売サイトをチェック

初詣にぴったりのアイテム【3】ノーカラーフェイクムートンコート

ボリュームたっぷりで愛らしいムートン調が魅力的な、ノーカラーフェイクムートンコートです。
ノーカラーデザインのため、きちんと大人らしいスタイルに仕上げることができるのも嬉しいアウターです。

冬らしさを高めるアウターに身を包んで、ほっこりと暖かい初詣にしましょう。

ノーカラーフェイクムートンコート

¥3,799

販売サイトをチェック

初詣の正しい作法はいかがでしたか。気持ちが大切ですので、あまり難しく考えすぎず、清らかな気持ちで初詣に行くようにしましょう。また、初詣に行く際にはファッションにもこだわって、素敵な年の始めを迎えてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2018 STYLE PRESS All Rights Reserved.