STYLE PRESS

Lifestyle  2018.10.26|Lifestyle

ニットの正しい洗濯方法は?伸び縮みを防ぐ洗い方や干し方など

お気に入りのニット。ついたくさん着てしまって、いざ洗濯するとき、どのように洗濯したら良いのか悩んだことはありませんか?洗ったことが原因で傷んだり縮んだりしてしまったら悲しいですよね。そこで今回はニットの正しい洗濯方法をご紹介します。

ニットを洗濯する手順【1】まずはニットの洗濯頻度を確認しよう!

寒くなると、毎日着たくなるニットですが、夏にTシャツを洗濯するように、着るたびに洗っても良いのでしょうか?

残念ながら、ウールやカシミアなどの天然素材のニットは水や摩擦に弱いため、洗うほどに傷んでしまいます。アクリル素材であっても、毛玉ができるおそれがあります。

そのため、ニットの洗濯は、1シーズンに1回の洗濯で良いという意見もあります。この頻度に抵抗のある方は、1シーズンに3、4回、つまり1か月に1回程度の頻度で洗ってみてはいかがでしょうか。

ニットを洗濯する手順【2】洗濯表示を確認しよう

すべてのニットをクリーニングに出していては、費用がかさみますので、できるかぎり自宅で洗濯したいものですね。しかし、それで大切なニットを傷めてしまっては本末転倒。自宅での洗濯が可能か、必ず洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示はややこしいと感じる方もいるかもしれません。洋服のタグに記された表示を選択するだけで、洗濯可否を判定してくれる「洗濯ナビ」などのアプリを利用する手もありますが、

■ドライクリーニング
■洗濯機
■手洗い

のマークにバツがついていなければ、自宅でいずれかの方法で洗えると覚えておいてください。

ただし、大切にしているニットや装飾があるもの、色落ちしやすいものは、クリーニングに出した方がいいでしょう。また、色移りの心配な白ニットは、洗濯機で洗える場合も、クリーニングに出したり、単独で洗ったりするなどの注意が必要です。

ニットを洗濯する手順【3】ニットを洗ってみよう

ニットと洗濯かごと洗剤

洗濯機を使用するにしても、手洗いするにしても、注意すべき点をご紹介します。

■中性洗剤やおしゃれ着専用洗剤を使う
天然素材のニットの場合、通常の洗濯で使用する弱アルカリ性の洗剤ではフェルト化してしまうため、中性洗剤やおしゃれ着専用洗剤を使いましょう。

■水温に気をつける
天然素材のニットは極端に冷たい水や高温下では縮んでしまいます。ニットの洗濯表示をみて、水の上限温度を確認してくださいね。

■洗濯ネットを使う
ニットの摩擦や型崩れを防ぐため、水に浸す前に裏返してたたみ、1枚ずつネットに入れましょう。

では、いよいよ洗い方のご紹介です。

■手洗いする場合
洗剤を混ぜたぬるま湯に、ニットを浸します。ニットの下に手を入れ、持ち上げる動作を繰り返します。もみこんだり、こすったりするような動作は避け、5分以上時間をかけないようにしましょう!
洗剤水を捨て、ニットを取り出し、折りたたみながらやさしくしぼります。洗ったときと変わらない温度の水でやさしくすすぎ、しぼります。最後にバスタオルで残った水分を吸い取ります。

■洗濯機を使用する場合
お使いの洗濯機の「手洗いコース」を利用しましょう。

ニットを洗濯する手順【4】しわや伸び縮みを避ける干し方

干したニット

ハンガーを使用すると、ニットは水分の重みで伸びてしまいます。専用のニット干し用ネットを使用したり、バスタオルの上に広げるなどして、日陰で平干ししてください。

快適なニットライフを送るには?

洗濯方法がわかっても、正直ニットのお手入れは怖いと思われる方もいるかもしれませんね。

高価な天然素材のニットは着る回数を抑え、普段使いには、プチプラのニットを選ぶことにより、快適なニットライフを送れるかもしれません。ここでは、プチプラでありながら、毎日着たくなるニットをご紹介します。

GRL(グレイル) ルーズシルエットオフタートルラグランニット

¥1,899

今すぐチェック

プチプラ高見えニット【1】オーソドックスなケーブル編みタートルネック

使用頻度が高いニットを探すなら、まずは定番のケーブル編みのタートルネックがおすすめです。ケーブルニットを着ると、寒い季節の到来を感じますよね。

ボトムスは色も形も選びませんが、やわらかい印象のアイテムなので、落ち着いた色のボトムスを合わせて、子どもっぽくならないようにしましょう。

GRL ケーブル編みタートルネックトップス

¥2,099

今すぐチェック

プチプラ高見えニット【2】カットソー感覚で着まわせるリブニット

厚みのあるケーブル編みのニットも寒い季節の定番ですが、体にフィットするリブニットも活躍する場の多いアイテムです。カットソーのように着まわせるので、何色か揃えてみてはいかがでしょう。

写真のようにチェックのミニスカートと合わせたり、ロングボトムスやデニムなど、どんなボトムスとも好相性で着こなせます。

プチプラ高見えニット【3】袖がキュートなキャンディースリーブトップス

定番ニットのほか、デザインにひと工夫あるものを選んでみましょう。袖をしぼったニットは個性的ですが、シックな色を選べば、さまざまなアイテムと合わせやすくなります。

たとえば、フォーマル寄りのテーパードパンツと合わせると素敵ですが、デニムとも好相性です。


大切なニットを長く着るための洗濯方法をご紹介しました。洗濯は少々勇気が必要だったり、面倒だったりするかもしれませんが、自宅でお手入れできるようになるとクリーニングに行く必要が無くなります。プチプラのニットも含め、お気に入りのニットと長くお付き合いしたいものですね!

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.