STYLE PRESS

Beauty  2020.02.07|Beauty

メイクをしても学校でバレない!?最新のメイク術を一挙公開!!

「メイクしたいけど校則が厳しくて出来ない」と思っているそこのあなた!今回はバレないメイク術をお伝えします。ポイントは出来るだけナチュラルで可愛く見せる。自分自身のメイク術を身につけて他の女子に差をつけましょう。

学校でバレないメイク術①ベースメイクはBBクリームで!

ベースメイクには下地とファンデーションを兼ねてくれるBBクリームがオススメ!

でもBBクリームを使用する前に必ずスキンケアをしましょう。
化粧水と乳液を肌に含ませてからBBクリームを使用します。このとき出来るだけ化粧水と乳液を肌に含ませましょう。化粧のノリはこのスキンケアで決まってきます!!
スキンケアを行った直後は肌に水分が付着していますので、乾くまで待ちます(おおよそ5分)。

その後、BBクリームをおでこ、鼻頭、両頬、顎下に付けて人差し指、中指、薬指でやさしく円を描くように肌に塗ります。またシミや毛穴など少し気になる部分には少し多めに塗っておきましょう。

BBクリームの使用量は製品に記載してある量を使用しましょう。量は製品ごとによりますが、大体10mgです。少なすぎても多すぎてもムラが出来てしまう原因になってしまうので、適量にしましょう!

BBクリームの種類ですが、10代は毛穴の開きや黒ずみ、乾燥が多い年代。主な原因は紫外線なので、保湿とUVカット効果が高いBBクリームを選択しましょう!

学校でバレないメイク術②気になる部分はコンシーラーを使いましょう!

コンシーラー

目のクマやニキビ、毛穴など隠したいところは、コンシーラーを使ってカバーしましょう。リキッドやクリームタイプのコンシーラーの方が肌に馴染ませやすくて、乾燥もしにくいのでオススメです。またイエロー系やベージュ系は肌に馴染みやすくナチュラルに仕上がります!

コンシーラーの使い方は、ニキビ跡や目のクマに少量付けてからスポンジを使って、ぼかすようにしながらカバーしていきます。

学校でバレないメイク術③フェイスパウダーで仕上げを!

フェイスパウダー

最後にフェイスパウダーを顔全体にふんわりと広げます。ファンデーションよりフェイスパウダーの方が透明感が演出できます!

また肌をさらさらにするのが目的なので、ベビーパウダーなどでもOKです!
まず、大きめのフェイスブラシにパウダーを含ませます。そのあと、おでこ・鼻・あご・頬の順で広げていってください。そうすれば、崩れやすい部分にはパウダーがしっかりのり、乾燥しやすい部分にはパウダーが少量になるようにすることが出来ます!

学校でバレないメイク術④ほんのりチークも!

チーク

チークが濃いとナチュラルメイクにはならないので、ほんのり血色が良い感じ位に塗りましょう!

メイク初心者は色味が調整できるパウダーチークがおすすめ!頬の中心から丸く入れて、自然な血色になるようにしましょう!

学校でバレないメイク術⑤一重を二重に!

二重

一重や奥二重の人が二重にする際は、メザイクなどのファイバーを使って二重にしていきます。
二重にするだけで目が大きく見えるのでオススメ!でもアイプチやアイテープで二重を作ろうとすると、目をつぶった時に不自然になったり、違和感のある仕上がりになりやすいです。そのためナチュラルで目立ちにくいファイバー系がオススメです!

ポイントは二重幅を欲張りすぎないこと。ついつい少しだけ幅を取りたいと思いがちですが、欲張りすぎると目がひきつったようになってしまったり、ファイバーが取れてしまったりするので、自分にあった二重幅にしましょう!

学校でバレないメイク術⑥ビューラーでぱっちり瞳に!

二重女性

ビューラーでまつ毛を上げてカールさせ、ぱっちり瞳にすることで目元の印象をを強くさせます!でも力を入れすぎてカールさせ過ぎないように気を付けましょう!

コツは根元からカールさせ、真ん中、毛先の順番でカールさせていきます。
ビューラーだけでは物足りない場合は、お好みで透明なマスカラを使用しましょう!マスカラを使用することで、まつ毛にボリュームを付けることができ、カールもキープできるのでオススメなのですが、ブラックやブラウンのマスカラは化粧している感が強く出てしまうので避けましょう。

学校でバレないメイク術⑦カラーリップを使って潤いのある唇に!

うるおい唇

唇は血色が良くて潤いのある唇が理想です!唇に血色感がないと病弱に見えたり寝不足に見えるので、血色感を出すのは大切です!

カラーリップは唇の乾燥を防ぎ、血色感を出すことができるうえに、安価で手に入れることができるので、是非ともゲットしましょう!
今は石原さとみさんなど、唇が厚くて潤いのある人が男性からの受けがいいので、唇が乾燥しないように気を付けましょう。


以上、学校でもバレないメイク術をお伝えしました。ポイントは最初にも伝えましたが、ナチュラルメイクであることです。最初はナチュラルでも段々欲が強くなって、濃いメイクになりがちです。学校にバレないことが重要であることを覚えておきましょう。それに男子生徒もナチュラルメイクの方が好きだと思うので、意中の彼をゲットするためにも最高のメイク術を身につけましょう!

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.