STYLE PRESS

Fashion  2019.03.03|Fashion

ベナッシをいつものコーデにプラス!浮かない足元にするポイント

もはやサンダルの域にとどまらず、街履きとしても大人気のベナッシ。ダサい仕上がりにならないようなおしゃれコーデを目指しましょう。

ベナッシとは何?着こなしのポイントをご紹介

ベナッシとは、スポーツブランドNIKE(ナイキ)のシャワーサンダルです。ネーミングの通り、履いたままでシャワーを浴びることができるラバー素材が特徴で、履き心地の良さは抜群!

様々なブランドからシャワーサンダルが販売されていますが、定番と言えばやはりNIKE(ナイキ)のベナッシ。メンズ・レディース共に大人気なので、シミラールックにも使えますよ。


■ベナッシの着こなしポイント1:はずしアイテムとして使う
いつものカジュアルスタイルや流行りのスポーツミックスコーデにはもちろん合いますが、コーデのはずしアイテムとしても良い仕事をします。

スニーカーで足元をはずして、抜け感を出す時と同じような取り入れ方からトライしてみましょう。


■ベナッシの着こなしポイント2:靴下を履いてもOK

サンダルではありますが、ファッション性が高いのがベナッシの特徴。秋冬は靴下を履いてもサマになります。
しかし、靴下を履くと滑ってしまうことも。大きめサイズだと歩きにくいので、ジャストなサイズ感を選ぶのがベストです。


■ベナッシの着こなしポイント3:自分好みのタイプをチョイス

ベナッシはカラーバリエーションが豊富です。スニーカーよりも低価格なので、何色か揃えて着こなしによって変えたり、お気に入りのカラーをアクセントとして取り入れるのもおすすめです。

ベナッシのおすすめコーデ【1】夏っぽい花柄をマキシワンピースから覗かせるコーデに

ベナッシが一番活躍する季節である夏。周りと差がつく花柄のベナッシを選んで、マキシスカートの裾からチラッと覗かせて可愛げがあるコーデに。

ワンピースのカラーは濃いめの方が、花柄がよく映えますよ。

ベナッシのおすすめコーデ【2】フェミニンコーデには白いベナッシで女子力キープ

フリルトップスに花柄スカートの王道フェミニンコーデにも取り入れることができるベナッシ。

レディライクな着こなしにおすすめなのは断然白!靴下を履いて上品にまとめると、より女子力がアップするでしょう。

ベナッシのおすすめコーデ【3】定番ベナッシで大人っぽいモノトーンカジュアルに

シンプルアイテムで作るモノトーンカジュアルには、同じくシンプルな黒いベナッシがマッチします。

デニムの丈は短めにして肌の露出部分を多くすることで、脚長効果が期待できますよ。

ベナッシのおすすめコーデ【4】秋冬のミリタリーカジュアルには靴下プラスでクールダウン

秋冬のカジュアルコーデにも使えるベナッシ。ミリタリーテイストのアウターと黒のクールなコーデの場合、はずしアイテムとして良い仕事をします。

クールすぎるコーデをトーンダウンするのにも役立ちます。さらに防寒にも効果的なので一石二鳥ですね。

ベナッシのおすすめコーデ【5】抜け感コーデの足元を黒いベナッシで引き締めて

ゆるめのデニムにロングガウンの抜け感たっぷりコーデ。ビーサンでは少々だらしなくなってしまう足元を、黒いベナッシで引き締めましょう。

メンズライクなデニムにベナッシを履くときは、トップスを女性らしくするのがポイントです。

ベナッシのおすすめコーデ【6】オールブラックコーデにミスマッチベナッシでスタイリッシュに

左右のカラーリングが逆になっている「ミスマッチ」は、コーデの主役になる大人気モデルです。

オールブラックコーデのアクセントにすれば、いつもの着こなしがよりスタイリッシュにランクアップします。

ベナッシに合うおすすめアイテム【1】MA-1ブルゾン

秋冬の定番アイテムであるMA-1。オーバーサイズなら、メンズライクな雰囲気も緩和されて可愛い印象をプラスしてくれます。

スキニーやレギンスなどのタイトなボトムにベナッシを合わせれば、スニーカーでは表現できないライトな仕上がりに。

ミスマッチや柄タイプのベナッシをコーデのアクセントにするのもおすすめです。

オーバーサイズMA-1ブルゾン

¥1,999

販売サイトをチェック

ベナッシに合うおすすめアイテム【2】タイトスカート

タイトなシルエットが新鮮なジャンパースカートは、テイストの違うアイテムでミックスコーデにするのがおしゃれテクニック。

素足にベナッシを履いてはずせば、足元から抜け感を演出することができますよ。

ベナッシのカラーはトップスと合わせて、コーデ全体のバランスを整えましょう。

フリルサス付きタイトスカート

¥1,699

販売サイトをチェック

ベナッシに合うおすすめアイテム【3】ダメージスキニー

大人っぽいカジュアルスタイルの定番ボトムであるダメージスキニーは、コーデによってきつめの印象になる危険あり。

足元をベナッシにしてトーンダウンすれば、親しみやすい雰囲気になります。

ダメージスキニーにルーズなシャツを前だけウエストインしてベナッシを合わせるスタイルは、海外セレブのベナッシコーデに多く見られます。

ダメージスキニーデニムパンツ

¥1,799

販売サイトをチェック

ベナッシが流行る理由は、様々なコーデに新鮮な表情を運んでくれるからです。ビーチやアウトドアでしか活用できないという固定観念は捨てて、いつものコーデに合わせてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.