STYLE PRESS

Fashion  2020.02.28|Fashion

オトナが選ぶカーディガン色は黒!ショート&ロング&ニットコーデ術

コーディネートの着回し抜群なカーディガン。オシャレな大人女子がこぞって選ぶ色は”黒”なんです。そこで黒カーディガンの種類別コーディネート術をまとめました。

【黒ショートカーディガン×白T】定番コーデ

羽織としても、トップスとしても2パターンのコーディネートを楽しめるのがカーディガンの大きなメリット◎
今回はボタンを閉めトップスとして活用。黒カーディガンでシンプルですが、インナーに白Tを着用しチラッと見えることで、落ち着いた印象をもたせつつ、こなれ感が出てオシャレ度アップ。
ボトムスは何でも合わせられるので、自由自在にコーディネートが可能です。

この場合は、ボトムスも黒にあわせているので、暗い印象になりすぎないように、バッグを白にしていますね。

【黒カーディガン×ラテコーデ】大人ガーリーコーデ

最近町でよく見かける話題の”ラテコーデ”。
ベージュやブラウンのワントーンカラーで統一させたコーディネートのことを言います。
しかし「メリハリが無い気がする。」「ちょっとガーリーすぎるかも。」などといったような不安を感じるという方も多いのではないでしょうか?

そんな時に使えるのが黒カーディガンなんです。黒のカラーをチョイスすることで、コーディネートの邪魔にならず、さらにはキュッと締まった印象を与えてくれます。これはつまり、困ったときに使える万能カラーが”黒”だということなんです。
これだけで流行を取り入れつつ、大人ガーリーが完成します。

【黒カーディガン×柄ロンパース】海外風コーデ

柄物のお洋服を着るときに案外困ってしまうのが、羽織りもの。
「1枚じゃ肌寒いから、上に何か着たいけど、何を合わせたらいいの?」
そんな時、絶対に使えるのが黒カーディガンです。

羽織りを加えても派手さは増さず、しっかりと馴染んでくれます。
明るめの原色カラーに合わせることで、より海外風のオシャレな雰囲気になるので、旅先でぜひしたいコーディネートではないでしょうか。
また、海外などの旅行先は気温の予測がつきづらいので、カーディガンが1枚あれば、大活躍間違いなしです。

【黒ロングカーディガン×モノトーン】モードコーデ

ゆったりとした黒のロングカーディガンに、白のトップスと黒のボトムスを合わせ、とことんモノトーンでシンプルなコーディネートになります。

ドルマン袖の変形カーディガンを選ぶことで、カーディガンがコーディネートの主役になり、その他のアイテムを抑えてもオシャレです。
ゆったりめの着用感はリラックスさを漂わせ、作りこみすぎない大人の余裕を感じさせます。

また、ロングカーディガンは体型カバーにも抜群です。気になるお尻周りをカバーし、スタイルアップ効果を狙えます。

【黒ニットカーディガン×デニム】オシャレカジュアルコーデ

冬にかけて絶対に着たい”ボリュームニットカーディガン”。女性をかわいく見せる要素がギュッと詰まっているニットカーディガンは、網み目が太く、袖にボリュームがあるものを是非チョイスしてみてください。

ボトムスにはデニムを、さらには小物でメガネを取り入れることで、カジュアルさと抜け感を出し、キュートなニットカーディガンとのバランスをとったオシャレさんコーデ。大好きな彼と、天気の良い日に公園デートがピッタリです。彼もこんなオシャレな子と絶対にデートに行きたがるはず♡


いかがでしたでしょうか。黒のガーディガンでも、その長さや形状で、まったく違った楽しみ方が可能なのです。大人かわいいには、可愛すぎても、地味過ぎてもいけません。そんなときに黒ガーディガンはピッタリ役立つというのがおわかりいただけましたでしょうか。カーディガンは季節の移り目に持ち歩くのに最適なアイテムですから、ぜひとも購入を検討してみてください。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.