STYLE PRESS

Fashion  2019.02.05|Fashion

【主役の女性向け】両家顔合わせの服装集。家族の服装マナーもご紹介

婚約したら、両家の顔合わせを行います。ここでは、両家顔合わせの服装のマナーや主役の女性向けにおすすめの服装をご紹介します。

顔合わせとは?

顔合わせは結婚が決まった後に、二人が両親を引き合わせるために行うもの。親睦を深めることを目的として、食事会が開催されることが多いです。

最近は、結納を行わずに、両家顔合わせを正式な婚礼行事とするカップルも増えています。

顔合わせの内容は会食が中心ですが、結婚式や披露宴について両親の意見を聞いたり、新郎新婦が記念品を交換したりすることも珍しくありません。

顔合わせの服装のマナー

顔合わせの服装を選ぶ時に最も大切なのは、両家の格を合わせることです。一方がカジュアルな服装で、もう一方がフォーマルな服装であれば、気まずい雰囲気となるので、事前に「カジュアル」「インフォーマル」など、格を決めておきましょう。

二人で服装の格を決めたら、しっかりと家族に伝えて服装の相談をしておくと、当日に困ってしまうことはありません。

■主役の二人の服装
一般的に、顔合わせでは、主役の男性はブラックスーツか無地のダークカラーのスーツを着用します。シャツは白や薄い色を選び、ネクタイも派手すぎない色で清楚感を出しましょう。

主役の女性はワンピースを着ることが多いです。膝下丈の明るい色のワンピースでやわらかいイメージに仕上げると好印象でしょう。
過度な肌の露出はマナー違反なので、ミニ丈のワンピースや素足は控えて、上品な雰囲気を演出してください。

ワンピース以外では、スーツやツーピースなどでもマナー違反になりません。

和服の場合は、男性は紋付き袴、女性は振袖や色無地紋付などを着用します。ただし、振袖は格が高いため、両家で格に差が出て気まずい思いをしたくないなら、あらかじめ相手の家族に確認しておくと安心です。

■両親の服装
両親の服装は、主役の二人よりも目立たないように注意しましょう。父親はブラックスーツに白のシャツと白やシルバーのネクタイを合わせるのが一般的です。母親はワンピースやスーツを着用します。

■兄弟や親族の服装
兄弟や親族も男性はスーツ、女性はワンピースが無難です。色は二人と同等か、二人よりも控えめにして、目立ちすぎないようにしてください。兄弟が学生の場合は、制服でも構いません。

■会場にも合わせる
顔合わせは女性の自宅、高級料亭、カジュアルなレストラン、ホテルなど、さまざまな会場で行われます。高級料亭に行く時にカジュアルな服装だったり、カジュアルなレストランで振袖を着たりすると、場違いになるので、会場の雰囲気も考えて服装を選びましょう。

事前に会場を訪れたり、ホームページでドレスコードを確認したりしておけば、会場に合った服装を選べます。

■カジュアルな服装の場合
気兼ねのない雰囲気で親睦を深めるために、カジュアルな服装で顔合わせが行われることもあります。カジュアルな服装の時でも、普段着ではなく、きれいめを心がけておけば、相手の家族からの印象が良いでしょう。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【1】王道は女性らしい印象のワンピース

ベージュやピンク、白、ライトブルーなどの明るい色のワンピースはおめでたい食事会を盛り上げます。特に、肌に馴染む色は清楚感があるため、相手の家族からも好印象をゲットできるでしょう。

袖が付いたワンピースを選べば、羽織りものが必要ないので、食事も取りやすいです。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【2】きちんと感のあるジャケット×ワンピース

袖のないワンピースを着る場合は、ジャケットを着ると肌を隠せます。暗めのカラーのワンピースを選んだ時は白系のカラーのジャケットをプラスすると、さわやかなイメージになるでしょう。

かちっとしたジャケットを着るなら、ワンピースはフレアシルエットでフェミニンに仕上げるのがおすすめです。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【3】ニット×プリーツスカートで上品に

ニットにプリーツスカートを組み合わせたコーデも上品です。華やかなデザインを選べば、デイリーコーデに見える心配もありません。
トップスとスカートの色をベージュで統一すると、近づきやすい雰囲気を作れます。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【4】自宅での顔合わせならジャケット×ブラウス×レーススカートもOK

自宅で顔合わせを行う場合は、高級レストランやホテルでの顔合わせほど、フォーマルな服装でなくても問題ありません。

ブラウス×レーススカートのきれいめコーデにジャケットを羽織ると、しっかりとした女性であることをアピールできるでしょう。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【5】カジュアルな顔合わせにはシャツワンピースがおすすめ

カジュアルな服装で顔合わせを行うなら、シャツワンピースがおすすめです。シャツワンピースはカジュアルながらもきちんと感があるため、相手の家族にも受け入れてもらいやすいでしょう。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【6】ストライプブラウス×フレアスカートで大人な着こなし

ストライプブラウスとフレアスカートのコーデもカジュアルな顔合わせに使えます。モノトーンや濃いピンクなどのインパクトが強いカラーはきつい印象になるので、派手すぎない色を選ぶのがポイントです。

主役の女性におすすめの顔合わせの服装【7】2回目以降の顔合わせはパンツスタイルでもOK

2回目以降の顔合わせはパンツスタイルでも問題ないでしょう。パンツスタイルの場合は、クールになりすぎないように、パンプスなどで女性らしさをプラスしてください。

ただし、2回目以降でも高級レストランやホテルなどで顔合わせをする時は、ドレスコードに合わせるのが大切です。

顔合わせにおすすめのアイテム【1】Vネックワンピース

清楚な雰囲気のワンピース。デコルテをきれいに見せてくれるのが魅力です。ジャケットなどと合わせて着るのも良いでしょう。

7分袖Vネックワンピース

¥2,099

今すぐチェック

顔合わせにおすすめのアイテム【2】ハイネックブラウス

自宅での顔合わせや、2回目以降の顔合わせで着たいブラウス。甘めのデザインで、相手の家族だけでなく、彼からの印象も良いでしょう。存在感があるので、コーデの主役になります。

フリルハイネックブラウス

¥1,699

今すぐチェック

顔合わせにおすすめのアイテム【3】トレンチタイトスカート

カジュアルな顔合わせにぴったりのスカート。すっきりとしたシルエットで、ブラウスやジャケットと組み合わせやすいです。
落ち着いた大人っぽいデザインで、普段のコーデにも使えます。

ベルト付きトレンチタイトスカート

¥1,599

今すぐチェック

顔合わせには、清楚感と女性らしさがある服装が適しています。結婚を控えている女性は、マナーに合った服装で、相手の家族から好印象をゲットしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.