STYLE PRESS

Lifestyle  2018.12.06|Lifestyle

身長差カップルとは何センチから?身長差別のメリット・デメリット

カップルでは、それぞれ身長差が出るものです。身長差によって傍から見た印象も大きく変わります。そこで今回は、それぞれの身長差でどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

身長差カップルとは?

カップル

身長差カップルとは、男女の身長差が大きなカップルのことを指します。男性が大きい場合はもちろん、女性が男性より大きい場合にも使われます。

二人の身長がほとんど同じ場合と、20センチ以上の差がある場合では、コミュニケーションのとり方にも違いが出てきますよね。男性目線、女性目線によってその感じ方も変わってくることでしょう。

では、それぞれの身長差ではどのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか。

身長差が10センチ未満のカップルのメリット・デメリット

身長差が10センチ未満のカップルのメリットは?

浜辺のカップル

身長差が10センチ未満のカップルの場合、目線がとても近いというメリットがあります。目線が近いと相手のちょっとした変化にも気が付きやすくなりますし、コミュニケーションも取りやすくなりますよ。傍から見ても、仲良く見えることでしょう。

すぐ近くで話ができるというのも素敵ですよね。身長差が大きいと手をつないだり、キスやハグをするときにどちらか一方が背伸びをしたり、かがんだりする必要があります。

しかし身長差が小さいと、お互いに無理な体勢をとる必要もありません。楽な姿勢でいつまでもくっついていられるのは嬉しいですよね。

身長差が10センチ未満のカップルのデメリットは?

ひげの男性 ハイヒール

身長差が10センチ未満のカップルの場合、女性が高いヒールの靴を履くと男性の身長を追い抜いてしまうことがあります。

男性の中には身長にコンプレックスを抱いている方も少なくありません。彼女には自分の身長を超えてしまうヒールをあまり履いて欲しくないという方も多いでしょう。
そのため、パンプスやブーツなどの選択肢が狭まるというデメリットがあります。

一般的なヒールの高さは5〜8センチほどです。彼氏との身長差が気になる場合は、フラットソールタイプの靴を選ぶようにしましょう。

身長差が10〜20センチ未満のカップルのメリット・デメリット

身長差が10〜20センチ未満のカップルのメリットとは?

抱き合うカップル

約15センチの身長差は、男女の理想の身長差だと言われています。女性の目線が男性の首から顎の位置にあたるくらいの身長差です。

見た目のバランスもとても良く、女性が高めのヒールを履いても男性の身長を追い抜くことはほぼありません。ヒールの高さを気にすることなく、好きなデザインの靴が選べるというのは嬉しいですよね。

身長差が15〜20センチだと、キスをする時は女性が少し上を向いて男性が軽く身をかがめる必要があります。ドラマや映画でよくある理想的なシチュエーションですよね。

ハグをするときも、女性が男性の首や胸元に顔をうずめるような形になります。女性からすると守られている安心感があり、男性からすると庇護欲が出て、男としてのプライドも維持しやすい身長差と言えるでしょう。

身長差が10〜20センチ未満のカップルのデメリットとは?

手をつなぐ男女

15〜20センチの身長差は理想的だと言われていますが、良いところばかりではありません。

手を繋ぐ場合、どうしてもどちらか一方が高さを合わせて上げる必要があります。女性が腕を上げっぱなし、男性が体を傾けっぱなしになることも少なくありません。短時間ならそれほど負担になりませんが、長時間になると疲れが出てきます。

この場合、腕を組むようにすると、お互いに楽な体勢が維持できるようになりますよ。

身長差が20センチ以上のカップルのメリット・デメリット

身長差が20センチ以上のカップルのメリットは?

踊るカップル

身長差が20センチ以上になると、女性の場合は守られている感たっぷりで、強い安心感が得られます。自分では手が届かない高い位置にあるものをサッと取ってくれる男性にドキッとすることもあるでしょう。

体格差も大きくなるので、ハグをすると女性の体が男性の体にすっぽり収まるようになります。

身長差が20センチ以上のカップルのデメリットは?

浜辺のカップル

身長差が20センチ以上になると、遠くから見るとまるで親子のように見えてしまうというデメリットがあります。目立ちやすくなるので、気にしてしまう方もいらっしゃるでしょう。
女性が高めのヒールを履いたりして身長差を埋めてあげる必要があります。

また、お互いの耳の位置が変わるので、立ったままの姿勢では話し声が聞こえづらくなるというデメリットもあります。

キスやハグの時にも体勢に負担がかかりやすくなるので、楽な姿勢をとれるように工夫していきましょう。

身長差別に見るおすすめのシューズをご紹介!

身長差別におすすめの靴【1】10センチ未満ならローヒール

身長差が10センチ未満なら、断然ローヒールです。ポインテッドトゥならば、女性らしく上品なスタイルに決まりますよ。柔らかいスエード素材は長時間履き続けていても足が痛くなりにくいので、デートの時にもおすすめです。

ポインテッドトゥローヒールスエードパンプス

¥1,399

販売サイトをチェック

身長差別におすすめの靴【2】10〜20センチ未満ならパンプスもOK

身長差が10〜20センチ未満なら、ヒールのあるパンプスがおすすめ。歩きやすいヒールの高さで、彼とのデートを楽しみましょう。シンプルなデザインであれば、オフィスコーデでも活用できますよ。

スエードポインテッドトゥパンプス

¥1,799

販売サイトをチェック

身長差別おすすめの靴【3】20センチ以上なら厚底タイプで

身長差が20センチ以上なら、厚底タイプのハイヒールブーツで目線を合わせていきましょう。

レースアップブーツなら、足首までしっかりホールドされるので安定感も抜群ですよ。ワイドパンツやロングスカートと合わせてあげると厚底も目立ちにくくなります。


身長差は、気にする人もいれば全く気にしない人もいます。どちらか一方が気を使いすぎたり、無理な姿勢を続けたりすることがないようにきちんと話し合っていきましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.