STYLE PRESS

Lifestyle  2019.03.24|Lifestyle

彼氏への依存から抜け出す方法は?あなたに依存させる方法も

彼氏のことが好きな女性は彼氏に依存したり、彼氏から依存されたいと思ったりします。ここでは、彼氏に対する依存から抜け出す方法や、彼氏を自分に依存させる方法についてご紹介します。

彼氏に依存する女性の特徴

仲良しの彼氏と彼女

彼氏に依存している女性は意外と多いです。彼氏のことが大好きなのは良いことですが、依存が激しくなると「重い」「面倒臭い」と思われて、最悪の場合は別れを切り出されることもあります。

依存が原因で幸せを逃さないためにも、彼氏に依存しやすい女性の特徴をチェックしてみましょう。

■彼氏が最優先
何よりも彼氏のことが大切で、彼氏の言動に一喜一憂したり、友達や家族と会う回数が減ったりしている場合は、依存していると判断してよいでしょう。

依存が進むと、一日中彼氏のことしか考えられなくなったり、彼氏と会うために仕事や学校を早退したりすることもあります。

■自分で物事を判断できない
些細なことも自分で判断できない女性は、彼氏に依存しやすいです。何かを買う時や明日の予定を決める時などでも彼氏を頼ってしまう人は依存の傾向があると言えます。

■常に彼氏と連絡を取っていないと不安
彼氏と常に連絡を取っていたいという女性も依存している可能性があります。数時間、彼氏からの連絡が途絶えただけでイライラしたり、不安になったりしているなら、依存度が高まっているでしょう。

■彼氏の好みに合わせて自分を変える
彼氏の好みに合わせて自分自身を変えてしまう女性も彼氏に依存する傾向にあります。例えば、彼氏ができたら服装やヘアスタイル、趣味などを彼氏の好みに合わせて変える人は彼氏依存症になりやすいです。

■友達が少ない
友達が少ないと、彼氏を頼りがちになります。「もしかして彼氏に依存している?」と気になっても相談できる相手がいなければ、客観的な判断ができず、依存が加速してしまうでしょう。

■自分を後回しにする
疲れていても彼氏からの誘いを断れない人や金銭的に余裕がないのに彼氏に高額なプレゼントを贈ってしまう人も依存しやすいです。

恋愛は相手だけでなく、自分も幸せになるための手段ですが、自分が後回しになる場合は、彼氏への依存で正確な判断ができなくなっているのかもしれません。

■彼氏のすべてを知っていたい
恋愛中は相手のことを知りたいと思いますが、彼氏のすべてを知りたいと考えている女性は、彼氏に依存していると考えられます。例えば、彼氏の明日のスケジュールやスマホに登録されているすべての人について知りたいと思う人は依存に注意が必要です。

彼氏に依存する原因は?

考えている女性

「辛い」と思っていても、大好きな彼氏に対する依存から抜け出せない女性は珍しくありません。彼氏に依存するのは、どんな原因が関係しているのでしょうか。

■自分に自信がない
自分に自信がないと、フラれるのが怖く、何よりも彼氏を優先してしまいます。また、自分の判断で失敗するのを恐れて彼氏を頼り、依存が悪化することも多いです。

■極度の寂しがり屋
「常に誰かと一緒にいたい」という極度な寂しがり屋の性格が原因で、彼氏に依存してしまうこともあります。特に、過保護気味に育てられた女性や同性の友達が少ない女性は、寂しさを補ってくれる彼氏に依存する傾向にあります。

彼氏への依存から抜け出す方法

友達と話している女性

彼氏に対する依存をやめたいと考えている女性も多いです。依存していることに気が付いたら、彼氏に嫌われたり、別れたいと言われたりする前に、状況を改善しましょう。依存を抜け出すための方法をご紹介します。

■自分に自信をつける
彼氏に対する依存をやめるには、自分に自信をつけることが大切です。自分に自信が付くと「浮気されるかも」「彼氏が離れたらどうしよう」などという不安がなくなるので、依存から抜け出せます。

自信をつけたい時はおしゃれしたり、仕事や勉強に打ち込んだりするのがおすすめです。

■趣味を楽しむ
彼氏以外に幸せや楽しみを探すのも良いでしょう。趣味を見つけて没頭すると、寂しさを感じず、彼氏と連絡を取れなくても気になりません。趣味で人間関係を広げれば、第三者の意見が入ってくるので、判断力もアップします。

例えば、ハンドメイドの作品や、家庭菜園で作った野菜を彼氏以外の誰かにプレゼントして喜んでもらうと、気持ちも満たされます。

■第三者に相談する
彼氏に依存していると感じたら、家族や上司、親友などの信頼できる第三者に相談してみましょう。アドバイスをもらうと、客観的に自分と彼氏の状態を知れるので「依存から抜け出そう」と思えます。

■彼氏の立場に立つ
彼氏の立場に立って考えることも大切です。例えば、職場で待ち伏せしたり、何度も電話をかけたりしていると、彼氏は「怖い」「疲れる」と感じるでしょう。彼氏からの連絡がない時は仕事で忙しかったり、家にスマホを忘れたりしているのかもしれません。

常に彼氏の立場で冷静に物事を考えれば、依存から抜け出しやすいです。

■彼氏と距離を置く
思い切って彼氏と距離を置くのも一つの手段です。「依存をやめるために距離を置きたい」などと本音を伝えれば、彼氏も理解してくれるでしょう。毎日、長時間彼氏と連絡している人は、電話やLINE(ライン)の回数を減らすと、少しずつ依存をやめられます。

同棲中の人は週に1日程度は友達や両親、兄弟などと会って彼氏以外の人とも接するのがおすすめです。

彼氏を自分に依存させる方法

彼女に依存している彼氏

彼氏に依存されると「愛されている」と実感できます。彼氏から依存されたい女性は次の方法を試してみましょう。

■デートを早く終わらせたり、断ったりする
デートを早く切り上げると、彼氏は「物足りない」と感じます。一回のデートが物足りなければ、「もっと会いたい」と感じて依存が進みます。

たまにデートを断るのも良いでしょう。デートを断ると、彼氏は「早く二人で過ごしたい」と考えたり、次のデートに向けて楽しいプランを練ってくれたりするでしょう。

■LINE(ライン)の返信を遅らせる
LINEの返信が遅いと、男性は彼女のことが心配になります。彼女について考える時間が増えれば、依存度がアップするでしょう。ただし、毎回返信を遅らせていると効果が薄れるので、頻繁にこの方法を使うのは避けましょう。

■彼氏のことを褒める
依存されたいなら、「かっこいいね」「おしゃれだね」「頼りになるね」などと彼氏のことを褒めるのもおすすめです。褒めれば「彼女に認めてもらいたい」という気持ちになるため、服装や性格を彼女の好みに近づけたり、友達よりも彼女を優先したりするでしょう。


彼氏に対する依存に悩んでいる女性は自分に自信を持ったり、彼氏と距離を置いたりして状況を改善しましょう。彼氏から依存されたい人はデートの回数を減らしたり、彼氏を褒めたりしてみてください。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.