STYLE PRESS

Beauty  2020.02.27|Beauty

【アイシャドウの塗り方】基本を覚えて自然なデカ目を手に入れよう

メイクの中でもひと際、印象を大きく左右するアイメイク。その中でもアイシャドウは目の印象を決める重要な役割のあるアイテムです。そんなアイシャドウの塗り方は、基本ができていないと目が小さく見えたり腫れぼったく見えたりと逆効果になることも。アイシャドウの基本の塗り方を覚えて大きく印象的な目を手に入れましょう。

アイシャドウ初心者におすすめはパレット

アイシャドウの塗り方を覚えるにあたり、おすすめのアイテムはアイシャドウパレットです。
印象的な目に仕上げるために必要なカラーが全て揃っていて、一つ購入すればアイシャドウが完成するので初心者も迷うことがありません。

そんなアイシャドウパレットにはどんなカラーが入っているのでしょうか。
各カラーと役割を紹介します。

アイシャドウパレット①ハイライトカラー

ハイライトカラー

アイシャドウパレットの中でも一番淡く明るいカラーのことです。

まぶたをパッと明るくし、くすみのない透明感のあるまぶたを演出します。
ハイライトカラーの土台があるのとないのとではアイシャドウの仕上がりが全く違ってきます。

一番淡いカラーですがとても重要な役割をもった侮れないカラーです。

アイシャドウパレット②ミディアムカラー

ミディアムカラー

一番淡いカラーと一番濃いカラーの中間のカラーのことです。

主にハイライトカラーとシェイドカラーのつなぎとして使用します。
ミディアムカラーがつなぎとなることで綺麗なグラデーションができ、目に自然な陰影が作られます。

ミディアムカラーはアイシャドウのイメージを決めるメインとなるカラーでもあります。
ここに一番好きなカラーを選ぶ方も多いと思います。

アイシャドウパレット③シェイドカラー

シェイドカラー

アイシャドウパレットの中で一番濃く暗いカラーのことです。

ポイントで使用することでアイシャドウ全体を引き締めます。
グラデーションをもっと深いものにできるので、さらに印象深い目に仕上げることもできます。

アイシャドウのカラーは見せたいイメージで選ぶ

アイシャドウのカラーはどんな自分に見せたいかによって変わってきます。
各アイシャドウのカラーでどのようにイメージが異なるのか紹介します。

アイシャドウで見せたいイメージ①ナチュラル

肌色に馴染むベージュやブラウン系のカラーがおすすめ。

素顔に近い印象なのでオフィスなど日常使いにも向いています。
どんなシーンにも活躍し、使いやすいカラーなので1つ持っておくと便利です。

肌馴染みの良いカラーに注力したアイシャドウパレットです。
微細なパールが程よく肌にツヤ感を与えつつも自然な目元を演出します。

特にSR01ベージュブラウンは誰にでも似合いやすい優秀カラーで人気です。

エクセル スキニーリッチシャドウ SR01ベージュブラウン

¥1,650

今すぐチェック

アイシャドウで見せたいイメージ②可愛い

可愛いイメージならピンク系のカラーがおすすめ。
目元にのせれば一気に女性らしい雰囲気が増します。

ピンクにはパステルピンク、ベージュピンク、くすみピンク、青みピンクなど様々なピンクカラーがあります。
使用するシーンや見せたい印象に合わせて選んでみて下さいね。

プチプラなのに5色も入った贅沢なアイシャドウパレット。

中でもクラシックピンクは他にはないシックで落ち着いたピンクで話題です。
ピンクならではの可愛さもありながらグレーがかった大人っぽさも持ち合わせているため、どんなシーンでも対応できる幅広い年齢層に使いやすいアイテムです。

アイシャドウで見せたいイメージ③クール

クールなイメージに見せたいならグレーやブルー系のカラーがおすすめ。
ミステリアスな大人の女性らしさを演出することができます。

特にグレーは様々なカラーと組み合わせしやすいので一つ持っておくと便利ですよ。

見るからにラメが美しい4色のカラーが入ったアイシャドウパレットです。

しっとりしたテクスチャ―なので肌に密着しラメが飛び散ることもありません。
スモーキーなグレーなので肌馴染みもよく普段使いもしやすいグレーカラーです。

アイシャドウの塗り方

アイシャドウの塗り方①アイホールにハイライトカラーをのせる

アイホールにアイシャドウを塗った女性

目を閉じたときに眼球のふくらみとその周りにくぼみができます。
その眼球のふくらみとくぼみまでの範囲がアイホールです。

ハイライトカラーを指にとりアイホール全体にぼかしを入れていきます。
まぶたのくすみと色ムラをなくし、なめらかな目元になります。

広範囲に塗ることになるので指や大きめのブラシを使うのがおすすめです。

アイシャドウの塗り方②二重幅にミディアムカラーをのせる

中性色のアイシャドウ

大きめのチップを使い中間色であるミディアムカラーをのせていきます。
二重幅にのせたらハイライトカラーとの境目をぼかし自然なグラデーションを作ります。

アイシャドウの塗り方③下まぶたにもカラーをのせる

下まぶたにアイシャドウをのせる女性

ミディアムカラーを下まぶたにものせていきます。
上まぶたと下まぶたに同じカラーをのせることで目の縦幅を広げます。
アイシャドウで目を囲むことで目を強調する効果もあります。

アイシャドウの塗り方④シェイドカラーで目元を締める

シェードカラーをアイシャドウする女性

細いチップを使い上下まぶたの目尻側にのせていきます。
このとき、なるべくアイラインのキワに沿って細く入れるのがポイントです。

ハイライトカラーとミディアムカラーで仕上げたグラデーションを引き締めると共に、アイシャドウに深みを出す効果があります。


アイシャドウの塗り方の基本を覚えておけば、使用するアイシャドウが変わっても塗り方に迷うことはありません。 慣れてきたら単色アイシャドウを自分流に組み合わせたり、アイシャドウの質感の違いで遊んでみたりもできると思います。 アイシャドウの効果を理解してアイシャドウを思いっきり楽しんで下さいね。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.