STYLE PRESS

Fashion  2019.01.11|Fashion

スノボではどんな服装がふさわしい?初心者必見のポイントや持ち物

初めてスノボに出かける時には、どのような服装で行けばいいのか分からないですよね。そこで今回は、スノボウェアの下に着ておきたい服や、スノボに持っていきたいアイテムなどを併せてご紹介します。

スノボに出かける時は動きやすく暖かい服装で

ウィンタースポーツとして人気のスノボ。この冬初めてチャレンジするという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、スノボウェアの下にはどのような服装をすればいいのか、分かりにくいですよね。

スノボウェアの下は、動きやすくて防寒性に優れたものを着用しましょう。スカートやショートパンツといった露出が高いものや、伸縮性のない窮屈なデニムジーンズなどは適しません。
柔らかく、可動域を妨げない素材を選ぶようにしましょう。
耐水性に優れたナイロン素材もおすすめです。

靴も高いヒールや水に弱い革靴、ロングブーツなどは控え、雪道に強いレザーブーツなどが適しています。持っていない場合は、履き慣れたスニーカーでも構いません。防水スプレーなどを使用しておけば雪道でも濡れにくくなりますよ。

トップス別に見るスノボの時におすすめの服装は?

トップス別スノボの時に着る服装【1】一番下には吸汗性に優れたインナーを

ウィンタースポーツと言っても、激しく動き回っていれば当然汗をかきますよね。スノボウェアの一番下には、動いて汗をかいてもすぐに乾く、吸汗性と速乾性に優れたインナーを着用しましょう。特に化学繊維の機能性インナーがおすすめです。

スノボの時に着る服装【2】インナーの代わりにTシャツを使ってもOK

インナーの代わりにTシャツやカットソーを使うのもおすすめです。
ただし、綿素材は吸汗性には優れていますが、乾くのが遅いというデメリットがあります。汗が乾かずそのままでいると、体温が奪われて体調を崩してしまう可能性があります。綿製のインナーならば、汗をかいたらこまめに着替えるようにしましょう。

スノボの時に着る服装【3】インナーの上からはパーカーやスエットを

インナーの上に着る服には、外部からの冷気を防ぐ防寒性の高さが求められます。厚手生地のパーカーやスエットを重ねて着るといいでしょう。ボア付きタイプなどは防寒性が高く、暖かく過ごせます。体温調節がしやすいフロントオープンのパーカーやフリースもおすすめです。

ボトムス別に見るスノボの時におすすめの服装とは

ボトムス別スノボの時に着る服装【1】シンプルなレギンス

スノボウェアの下は、レギンスや厚手のタイツを履きましょう。吸汗性があり、伸縮性にも優れているので動きやすさを損ないません。
薄手でも防寒性に優れた機能性レギンスなら、足元も冷えにくいですよ。

ボトムス別スノボの時に着る服装【2】靴はスノーブーツがベスト

 

雪の上もサクサクと歩けるスノーブーツは、スノボの行き帰りに最適です。
濡れても中まで水気が浸透しにくく、防寒性にも優れています。もちろん雪道に限らず、冬場のおしゃれアイテムとしても非常に優秀ですよ。

小物別に見るスノボの時におすすめの服装とは

小物別スノボの時に着る服装【1】レッグウォーマーでぬくぬくコーデ

足首が冷えると体全体が冷えて動きが鈍ってきます。厚手の靴下やレッグウォーマーなどを用意しておくと安心ですね。
雪が入り込むと体温で溶けて濡れるので、替えは複数枚用意しておきましょう。

小物別スノボの時に着る服装【2】首周りはネックウォーマーで

首元を暖めるアイテムと言えば、マフラーを思い浮かべる方も多いでしょう。行き帰りの最中なら問題ありませんが、スノボ中のマフラー着用は危険です。
スノボ中では、ほどける心配のないネックウォーマーを着用するようにしましょう。スノボ専用のものなら、機能的でフィットしやすく安心ですよ。

小物別スノボの時に着る服装【3】帽子や手袋も忘れずに

スノボではニット帽や、手袋も欠かせないアイテムです。定番のニットキャップなら、耳元まですっぽり覆われるので暖かく過ごせます。
スノボ専用のビーニーもおすすめです。
手袋は指がきちんと分かれている、厚手生地を選ぶようにしましょう。

ベーシックニットキャップ

¥500

今すぐチェック

スノボに持っていきたいおすすめのアイテムをご紹介!

防水スマホケース

スノボ中に写真を撮ったり、友達と連絡を取り合ったりするのに欠かせないのがスマホですね。
防水機能付きでないスマホの場合は、防水ケースを用意しておくことをおすすめします。衝撃吸収機能がついているものなら安心ですね。

また、ちょっと休憩したり、コインロッカーなどを使用したりするときにあると便利なのが、小銭です。手軽に持ち歩けるサイズの小さなコインケースに小銭を用意しておきましょう。

雪は思った以上に紫外線を反射します。ゴーグル焼けを起こすこともありますので、真冬でも日焼け止めクリームをしっかりと塗っておきましょう。

スノボの行き帰りにおすすめのファッションアイテムをご紹介!

スノボの行き帰りにおすすめの服装アイテム【1】ボアパーカー

モコモコとした起毛が柔らかいボアパーカーは、保温性抜群でスノボの行き帰りの道中も暖かく過ごせるアイテムです。
上からスノボウェアを着用するのであれば、フードなしでもいいでしょう。着膨れしないサイズを選ぶのがきれいに着こなすポイントですよ。

ボアBIGパーカー

¥1,899

今すぐチェック

スノボの行き帰りにおすすめの服装アイテム【2】ダウンジャケットで暖かく

アウトドアやスポーツなど、アクティブシーンの定番アウターと言えば、ダウンジャケットですよね。
防寒性が高く、軽くて動きやすいのが魅力的なアイテムです。ダウンジャケットは明るくて鮮やかなカラーが多いので、雪山でも目立ちますよ。

カラーフードエコダウンジャケット

¥3,499

今すぐチェック

スノボの行き帰りにおすすめの服装アイテム【3】シンプルなレギンス

ポケットやファスナーなどが付いていないシンプルなデザインのレギンスは、スノボウェアの下に履いてもごわつきません。
ウエストがゴムのタイプなら着心地も楽ですよ。
シルエットもスッキリしているので、足が太く見える心配もありません。


スノボに出かける時は、機能性を重視した服装を取り入れるのは大切ですが、万が一の時に人の目に付きやすい色を取り入れておくのも重要です。自分でスノボウェアやボードなどを揃える時は、安全性にも考慮して選ぶようにしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.