STYLE PRESS

Beauty  2020.02.06|Beauty

背中ニキビができる原因を知って綺麗な背中をキープしましょう!

一度できてしまうと、広範囲に広がる上になかなか治らない背中ニキビに悩まされている方も多いのではないでしょうか?背中ニキビを発生させてしまう原因や、自分でできる対策法をご紹介します。

背中ニキビの原因

背中ニキビの主な原因①真菌(肌のカビ)

ニキビ肌の女性

背中の広い範囲に散ったようにしてできる背中ニキビと、顔などに発生する一般的なニキビとは原因が異なります。

一般的なニキビは角質に皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことで発生します。一方で、背中ニキビの場合は、黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの、肌に常に存在している常在菌が、ストレスや外からの刺激などにより、毛穴に侵入して炎症を起こすことが原因で発生します。

背中ニキビの主な原因②衣服のこすれによる刺激

トップス

肌を刺激してしまいやすい素材が多く使われた洋服を着用することも、背中ニキビの原因の一つです。
ニットなどのチクチクしやすい毛糸が使われた衣服や、ざらざらした素材などの摩擦を肌に与えてしまうような服を着ることで、肌に余計な負担がかかり、背中ニキビをできやすくしてしまいます。

背中ニキビの主な原因③紫外線ケアができていない

ビーチで紫外線を浴びる

紫外線を浴びたときに、しっかりとアフターケアができていないことで、肌の乾燥を促進してしまい、背中ニキビの発生に繋がってしまうこともあります。

一般には知られていませんが、肌の表面だけではなく、肌の内面が乾燥してしまっているインナードライという状態が背中ニキビの原因になってしまうそうなのです。

インナードライは強い紫外線を浴びることで引き起こされます。見た目だけでは気が付くことが難しいので、対策が遅れてしまうのです。そのまま保湿せずにいてしまうと、どんどん肌を乾燥させてしまい、結果的に背中ニキビを発生させてしまう原因になってしまいます。

特に海水浴やリゾート地へ行って、強い紫外線を浴びたときには、保湿力の高いボディローションで保湿ケアして、背中ニキビを防ぎましょう。

背中ニキビの対策

効果的な背中ニキビ対策①十分に睡眠時間をとる

眠る女性

一番簡単で、背中ニキビだけでなくお肌のあらゆる悩みにも速攻で効く方法が、質の良い睡眠を十分にとることです。
睡眠不足は、免疫力を下げてしまったり、肌の新陳代謝も遅らせてしまうので、健康な肌のターンオーバーを乱してしまいます。

肌の新陳代謝が特に活発になるのは、夜の22時から午前2時の間だと言われています。

効果的な背中ニキビ対策②こまめにパジャマを洗う

パジャマ姿の女性

何日も続けて同じパジャマを着続けていると、知らず知らずのうちにパジャマに菌が住み着き、背中ニキビの原因となってしまいます。
パジャマは肌触りが良くて、柔らかいコットンなどの素材のものを選び、こまめに洗濯をして清潔に保ちましょう。

合わせてベッドカバーやシーツ、枕カバーなどの寝具も洗って清潔なものに取り換えるように心がけましょう。

効果的な背中ニキビ対策③脂質の多い食事や糖分を控える

お菓子

背中ニキビ対策には、バランスの良い食事を摂ることが効果的です。
脂質や糖分の高いもの中心の食事をしてしまうと、顔だけでなく体から出される皮脂の量も多くなってしまい、その皮脂によって毛穴をつまらせてしまうので、結果的に背中ニキビを発生させやすい肌にしてしまいます。

背中ニキビにも良いビタミンC、ビタミンB、ミネラルは、皮脂の代謝を促進してくれる効果もあるので、肌の調子を整えてくれます。
ビタミンCはブロッコリーやキャベツなどの野菜や果物、ビタミンBはアーモンド、大豆、魚介類に多く含まれています。

効果的な背中ニキビ対策④適度な運動を心がける

ランニングする女性

日々の生活に少し運動を取り入れるだけで、全身の新陳代謝を良くしてくれるので、肌の毛穴が詰まりにくくなり背中ニキビを防ぐことができます。

家の周りをランニングして軽く汗を流すだけでも何もしない時と比べて肌の調子が全く違ってきます。

効果的な背中ニキビ対策⑤市販薬で治療してみる

自分でニキビの薬を塗る女性

背中ニキビができてしまった時の緊急対策として、まず自分で市販薬を購入して治療してみるのがおすすめです。

慢性化してしまいやすい背中ニキビですが、アクネ菌が原因の場合は、ドラッグストアなどで売っている市販薬で改善されることがほとんどです。

自分で背中ニキビをケア

背中ニキビのケア法①優しく洗う

体を洗う

まずはよく泡を立てて、優しく肌をなでるように背中を洗ってケアすることが大切です。
さらに効果的に背中ニキビをケアするために、ニキビ専用の石鹸を使ったり、背中を洗う時のタオルをナイロンのものではなく、コットンタオルのものにすると良いそうです。

背中ニキビのケア法②保湿力の高いボディローションで保湿

ボディケアする女性

背中ニキビができてしまった時は、背中のケアにいつもよりも気を配ることで、改善することもあります。
しっかりと背中全体にボディローションがいきわたるように塗るのがポイントです。

背中ニキビのケア法③敏感肌用化粧水を使ってコットンパック

コットンに化粧水を含ませる

消炎効果のある敏感肌用の化粧水をたっぷりとコットンにしみ込ませて、背中に乗せてパックすると、背中ニキビによって起こった肌の炎症を抑えてくれます。
炎症があるからと、保冷剤や冷たいタオルで冷やすことはさらに刺激を与えることになってしまうので避けましょう。

また、敏感肌用の化粧水を使っていてもかゆみや赤みが増すようであれば、自分の肌に合っていない成分が含まれているということになるので、すぐに使用を中止しましょう。


なかなか治りにくい背中ニキビですが、普段の食生活や生活習慣を見直すだけで、改善が見られることもあります。 セルフケアしても治らない場合は、アクネ菌が原因でないニキビや、ニキビでないことも考えられるので、病院でしっかりと治療しましょう。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.