STYLE PRESS

Beauty  2020.02.26|Beauty

べっ甲ネイルの完全オリジナルデザイン集&セルフネイルのやり方解説

今回は、誰でも意外とできてしまうべっ甲ネイルのセルフネイルのやり方・デザインを紹介していきます。完全オリジナルのデザインが多く出てきますので参考にしてみてください!

べっ甲セルフネイルの下準備

ネイル

あまりお金をかけずにオリジナルの可愛いネイルができてしまうセルフネイル。
難しいと思う方も多いのはないのでしょうか?

しかし、最近は専用のセットやシールなどを使用することで、意外と簡単にできてしまうのです!お値段もそこまで高くなく手が出しやすいです!

そんなセルフネイルですが、始める前には準備が必要です。可愛いネイルは下準備からできてきますので怠らないようにしましょう!

べっ甲セルフネイルの下準備①爪を整える

ネイル

ジェルネイルでもセルフネイルでも、ネイルをするのには下準備が必要です。「綺麗で可愛いネイルは下準備から!」怠らないようにしましょう!

まずはマニキュアを塗る前に、爪やすりなどで綺麗に爪を整えます。この作業の際、真ん中→左右の側面というように形を整えていくのがコツです!
いきなりネイルをはじめてしまうと、爪にある汚れなども巻き込んでしまい、綺麗に塗るのがむずかしくなってしまうので注意してください。

べっ甲セルフネイル下準備②爪表面を磨く

ネイル

爪やすりなどで爪を綺麗に整えたら、仕上げにコットンなどを使って爪を磨いていきましょう。

爪やすりで整えたときに出てきた汚れなどもしっかりふき取ってください。しっかり汚れを拭き取ることによって綺麗にマニキュアを塗ることができ、良い仕上がりになります。

べっ甲セルフネイル下準備③ベースコート

ネイル

さあ下準備が終わってネイルスタート!といきたいところなのですが、より綺麗に長持ちさせたくありませんか?

下準備が終わったらいきなりマニキュアをのせるのではなく、ベースコートを塗っていきましょう!ベースコートを塗ることによって直にマニキュアを塗ってしまうより綺麗に仕上がるうえに、持ちが長持ちするのでおすすめですよ♪

さっそく実践!

まずはデザインを決めよう!

ネイル

初めにデザインを決めていきます。

どんなデザインにしようか迷うところですが、初心者の方はまずは簡単でシンプルなデザインから始めていくことをおすすめします!

初めから難しいものに挑戦して失敗してしまうと心が折れてしまうなんてことも。せっかくの準備も無駄になってしまいます。徐々に慣れていって感覚を養っていきましょう!

次にネイルを塗ってく!

ネイル

次にネイルを塗っていきます!爪の端から塗っていくのではなく、真ん中を塗ってから、横、横と順番に塗っていくのです。

ネイルの量は少なくしたりせずに、たっぷりのせていきます。乾いたらさらに二度塗りしていくと、綺麗に仕上がるので実践してみてください。

べっ甲ネイルデザインの参考

赤系のべっ甲ネイルデザイン

べっ甲ネイルデザイン

こちらのデザインは赤を基調にしたべっ甲柄のデザインです!

人差し指をあえて銀色にしたり、ワンポイントに金色のラインを入れるなどして一風変わったデザインに仕上げています!

こういった明るい色のデザインはオールシーズン対応できます!

ダルメシアン柄べっ甲ネイルデザイン

べっ甲ネイルデザイン

こちらのデザインはダルメシアン柄をワンポイントに使ったデザインとなっています!

一見派手に見えてしまうアニマル柄ですが、こうしてワンポイントで使うことによって奇抜さを抑えながら個性をアピールできます!

アニマル柄は季節問わず使いまわせるのでおすすめです!

大人らしいシンプルなべっ甲ネイルデザイン

べっ甲ネイルデザイン

こちらはクリアジェルの上にラメパウダーを散りばめたミラーネイルという種類のネイルです!

デザインは落ち着いたカラーのデザインになります。

全体的に明るすぎない色を選び、ラメを使うことによって落ち着いた色でも華やかさを演出できます!

ワンポイントでクリアジェルの厚みを利用した模様を入れることによってただ塗っただけでない遊び心のあるネイルに仕上がります。

2色使ったダルメシアン柄べっ甲ネイルデザイン

べっ甲ネイルデザイン

こちらは先ほど紹介した「ダルメシアン柄」に似ていますが先ほどとは少し違ったポイントがあります。

ダルメシアンの柄を二重にしてあるのがわかると思います。
このように重ねて柄をつけることによって奥行きがでて、また違った雰囲気になります!

茶系と黒の組み合わせは、秋など寒くなってきた時期におすすめです!

【べっ甲ネイル】ネイルチップで楽しむ!

ネイルは塗るのではなく、のせるというチップタイプもあります!

ネイルチップは、両面テープによってつけていくものと、接着剤でつけていくものがあります。

チップは自分の爪と同じか、または少し大きいものを選びます。爪にのせたら、自分の爪の形に合うように削っていきます。
そこまで完了したら両面テープを張り、実際に爪につけていきます。このチップタイプは貼るだけなのでさらに簡単にネイルができます!

時間がない!ネイルをやりたいけど面倒臭いと言う方にオススメです!


今回はべっ甲柄のセルフネイルの基本とデザインについて紹介してきました。セルフネイルは難しいと感じている人も多いとは思いますが、意外と簡単に100均などで最低限は揃いますし、安くできます!種類も様々で紹介したものはほんの一部です。皆さんもぜひいろんなデザインに挑戦してみてください!

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.