STYLE PRESS

Fashion  2018.11.27|Fashion

茶色で作る大人のこっくりコーデ。ファッションのメインにどう使う?

ナチュラルで上品なイメージの強い茶色は、ファッションのメインに取り入れやすいアイテムです。そこで今回は、大人の女性にぴったりの茶色を使った様々なコーデ方法をご紹介します。

茶色を使ったコーデはどんなものがあるの?

茶色と言うと、どうしても地味な印象が強いものですが、しっかりとトレンドを押さえれば、おしゃれで落ち着きのあるコーデに仕上がります。

デザインだけでなく、素材感や合わせるアイテムとの組み合わせ方を考えて選ぶのがポイントです。

どのような着こなし方があるのか、茶色を取り入れたおすすめコーデ方法を、季節やアイテム別にご紹介します。

ケーブル編みロングニットカーディガン

¥2,499

今すぐチェック

季節ごとに見る茶色のアイテムを使ったコーデ術

季節別茶色を取り入れたコーデ【1】春は茶色のカーディガンで上品に

春はまだまだ肌寒さが残る季節です。カーディガンは体温調節もしやすい春先におすすめのアイテム。
茶色のカーディガンなら黒よりも柔らかく、女性らしい印象を与えてくれます。同系色であるベージュと合わせて、統一感のあるコーデに仕上げていきましょう。

季節別茶色を取り入れたコーデ【2】夏は薄めの茶色で爽やかに

夏は通気性がよく、軽やかな素材のトップスがおすすめです。ベージュに近い薄い茶色なら、爽やかなコーデになりますよ。

茶色は麻や綿、革などの自然素材との相性が抜群です。革製のバッグや麦わら帽子などを組み合わせることで、ナチュラルさが引き立ちます。

季節別茶色を取り入れたコーデ【3】秋はロング丈で暖かく

秋はロング丈のボトムスで、暖かみのあるコーデに仕上げていくのがおすすめです。重厚感のあるロング丈も、明るめの茶色を選べば軽やかで上品なスタイルに仕上がりますよ。

革製ブーツと茶色の相性は抜群ですよ。明るい茶色には白や黒、深めのアースカラーがよく合います。

季節別茶色を取り入れたコーデ【4】冬はコートをメインにして

冬はアウターをメインにしたコーデがよく映える季節です。可愛らしいチェック柄も、チェスターコートやトレンチコートなど大人っぽいシルエットのコートを選べば落ち着きのある上品なスタイルに仕上がりますよ。

チェック柄のアウターには無地のトップス、ボトムスを合わせてあげましょう。

トップス別に見る茶色を取り入れたコーデ術をご紹介

トップス別茶色を取り入れたコーデ【1】定番のニットセーター

茶色のニットセーターは、秋冬の肌寒い季節にピッタリのアイテムです。同じデザインでも、黒のニットより柔らかな印象を与えてくれますよ。

ケーブル編みなら一枚でも様になります。シンプルなニットには、下にシャツやタンクトップなどを着てデザイン性を高めてあげるのもおすすめです。
ボリューミーなシルエットのニットなら、スリムタイプのボトムスでバランスを取ってあげましょう。

トップス別茶色を取り入れたコーデ【2】ボーダー柄でキュートに

ボーダー柄は可愛らしいカジュアルコーデにおすすめのアイテムです。キャップやスニーカーなどのアイテムと組み合わせれば、スポーティーなスタイルにも仕上がりますよ。

ハイウエストのワイドパンツを合わせれば脚長効果抜群で、スタイルも良く見えます。ワイドスカートを合わせて、フェミニンに決めるのもおすすめです。

ボトムス別に見る茶色を取り入れたコーデ術をご紹介

ボトムス別茶色を取り入れたコーデ【1】コーデュロイで季節感を出して

茶色のコーデュロイパンツは、とても暖かく秋冬の肌寒い季節にピッタリです。薄めの茶色でも素材感があれば、暖かそうな印象に仕上がります。

きれいめカーディガンと合わせて上品なコーデを決めていきましょう。

ボトムス別茶色を取り入れたコーデ【2】チェック柄ワンピースでフェミニンに

茶色が苦手な方でも、チェック柄なら比較的取り入れやすいアイテムと言えるでしょう。クラシカルなグレンチェック柄のワンピースは、上品で落ち着きのあるコーディネートに仕上がります。

シャツワンピースタイプは一枚でも様になりますが、フロントボタンを開けてシンプルなインナーと組み合わせてアウターとして使うのもおすすめです。

ボトムス別茶色を取り入れたコーデ【3】フレアスカートで可愛らしく

明るいキャメルブラウンは、季節を問わずナチュラル感を出せる万能アイテムです。重くなりがちな茶色もキャメルブラウンならば、軽やかに着こなせますよ。

アースカラーとの相性がいいので、ネイビーやボルドー、ベージュなどを合わせるのがおすすめです。

ボトムス別茶色を取り入れたコーデ【4】オールインワンでラフに

楽な着心地が魅力的なサロペットやオールインワンも、茶色のグレンチェック柄ならば、ラフでありながらもきちんと感の残る上品なコーデになりますよ。

きれいめトップスやシューズと組み合わせれば、ガーリーさを抑えて大人可愛いスタイルに仕上がります。インナーは無地でシンプルなデザインを合わせていきましょう。


茶色には、ベージュに近い色からキャメルブラウンのような鮮やかな茶色、黒に近い焦げ茶色など様々なものがあります。季節やシーンに合わせて、ぜひ色々なコーデにチャレンジしてみてくださいね。

お問い合わせ

Copyright 2019 STYLE PRESS All Rights Reserved.