STYLE PRESS

Beauty  2020.02.18|Beauty

【痛い・気になる!】ささくれを起こしてしまう原因と効果的な対策は

指の先にできてしまったささくれは、小さくても痛みは強く、手を使うたびに気になってしまいますよね。ささくれができてしまう原因や対策、ケア方法を知って綺麗な指先を目指しましょう。

ささくれの原因

ささくれになってしまう原因①指先の乾燥

指のささくれに驚く女性

ささくれとは、爪の表皮の甘皮が剥けてしまった状態をいい、その一番の原因は指先が乾燥してしまうことにあると言われています。

体の中でも特に毎日使うことの多い指は、水仕事やパソコンのキーボードのタイピング、日々のシャンプーや石鹸での手洗いによって、知らず知らずのうちに自分が思っているよりも乾燥してしまっているということがほとんどです。

ささくれになってしまう原因②ネイルをしたり落としたりする頻度が多い

ネイルを塗る

2つ目の原因として、マニキュアでネイルをしたり、除光液でネイルを落としたりと、爪へ負担をかけることの頻度が多いことです。

ネイルを変えるために頻繁にネイルを落とすための除光液を使っていると、除光液に含まれるアルコール分が自分の肌から出された、指の保湿に必要な分の皮脂までもを蒸発させてしまうので、指のささくれのみではなく、二枚爪や爪のひび割れが、ネイルをする頻度が少ない人より起こりやすくなってしまいます。

また、ネイル前の下処理の甘皮除去なども自己流でやってしまうと、指先の皮膚に雑菌が入りやすくなり、痛いささくれを起こしてしまいます。

ささくれになってしまう原因③食生活の乱れ

インスタントラーメン

3つ目の原因は、食生活の乱れです。
指先のささくれと食生活はあまり関係がないように思ってしまいがちですが、指先や爪の状態で健康状態が分かることもあります。

インスタント食品やファーストフードで各栄養素が減ってしまうと、一気に指先が乾燥し、痛みのあるささくれを起こしてしまいます。
指周りや爪の健康もしっかりとキープするためには、良質なたんぱく質を摂ることが大切です。

また、肌の再生や修復に必要なビタミンやミネラルの量が著しく減少してしまうと、指先の乾燥を招いてしまうのみならず、ささくれの治りを遅らせてしまう原因にもなります。

ささくれの効果的な予防法

ハンドローションを塗る

痛いささくれを予防するために一番効果があって簡単なのは、ハンドローションを使って、常に指先や爪を保湿しておくことです。
手や指の保湿ケアをするときは、ささくれが起こりやすい爪周りを中心に、たっぷりめにハンドローションを塗りましょう。

さらに乾燥がひどい時は、保湿力のより高い全身に使うことのできるボディオイルやネイルオイルを塗って、指や爪を保護しましょう。

ネイルの下処理後や、ネイルを落とした後は保湿することを忘れてしまいがちですが、この後に保湿をするかしないかで指先の健康状態が全く変わってきてしまうので、しっかりと忘れずにケアしてあげましょう。

ささくれができてしまった時のケア法

キューティクルニッパー

しっかりケアしていたけれど、どうしても痛いささくれができてしまった時は、無理に剥いてしまったり、指でひっぱったりしてしまわずに、キューティクルニッパーを使ってゆっくりとケアするようにしましょう。
キューティクルニッパーで痛いささくれ部分を綺麗にカットする時は、カット部分が平らになるようにすることがポイントです。

ささくれ部分のカットがあまく、長めに残ってしまうと着替える時に洋服に引っかかってしまい、よりささくれ部分を傷つける原因となります。
キューティクルニッパーを使ってささくれ部分をケアした後は、液体絆創膏や防水絆創膏を貼って保護しましょう。

ささくれケアアイテム

①Curél(キュレル)のハンドウォッシュ・クリーム

スキンケア分野で名前を良く耳にするCurél(キュレル)ですが、こちらのハンドソープは、普通のハンドソープと違い、手に必要な油分まで落としてしまうことのない、手に優しい低刺激性のもので、使いやすい泡タイプになっています。

また、ハンドクリームも肌の角質まで潤いが浸透するような成分が配合されているので、痛いささくれの原因となる乾燥やひび割れをしっかりと皮膚の内側から防いでくれます。

②O・P・I(オーピーアイ)のオイル

 

個性的なカラーから普段使いしやすいカラーなど、ネイルカラーで有名なO・P・I(オーピーアイ)のネイル&キューティクルオイル。こちらは、爪や指先に特化したケアができるように作られているので、痛いささくれを防止するためのアイテムにぴったりです。

保湿力の優れたグレープシードオイルが配合されているので、夜にこちらのオイルを使って指先や爪周りをオイルマッサージするだけで、次の日の朝にはふっくらとした潤いのある指先になっているのが感じられます。


ささくれをそのまま放置してしまうと、ささくれ部分が化膿して悪化してしまったり、傷口からばい菌が入り、感染症を起こしてしまうこともあるので、ささくれだからと軽視してしまわず、しっかりと治るまで毎日ケアを忘れずにしましょう。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.