STYLE PRESS

Entertainment  2020.02.13|Entertainment

初の海外公式の佳子さま!英語力と留学や隠された努力のエピソード

国際基督教大(ICU)を卒業後、成年皇族として初の海外公式訪問・国際親善など、活動の幅も広げられ、ますますのご活躍が期待される、秋篠宮家の次女・佳子さま。今回は、英語にまつわる数々の英語のエピソードをご紹介します。

佳子さまの気になる学生時代の英語力とは?

「アイドル皇族」と呼ばれるほど魅力がある、秋篠宮佳子(あきしののみや かこ)さまですが、学習院大学を中途退学から、国際基督教大学(ICU)に合格されたり、そのチャレンジ精神でも注目されていましたね。

学習院大学を中退後、国際基督教大学に入学後は教養学部アーツ・サイエンス学科に在籍されましたが、佳子さまが学ばれた国際基督教大学とは、どのような学校でしょうか。

簡単に説明しますと、英語の学習で有名な大学の一つで知られており、授業はほとんど英語で行われます。

佳子さまの英語は英検では、準1級程度のレベルとされ、これは聞く、書く、話す、読むという能力が高く、相手の会話内容にも対応することができ、その中で自分の意見を発信できるということを示しています。

佳子さまは帰国子女が多いクラスではなく、純日本育ちの生徒が多いクラスに所属され、平均的な英語力を持たれていたとされていますが、一般的に佳子さまの英語力は上級といえるでしょう。

佳子さまはの英語は留学でさらに向上!

そして国際基督教大学在学中に、芸術分野を学ばれるため、イギリストップ10大学の一つであるリーズ大学(University of leeds)に10ヶ月間の短期留学。世界的にも質の高い教育を受けられました。

皇族ということで特別扱いではなく、書類選考や面接選考を受けられ、世界の名門校への留学を勝ち取られており、公務の合間にも佳子さまは英語を猛勉強をされて、他の帰国子女と同じように試験を合格されたというエピソードも。

ICUを卒業された際の記者の質問で、留学の感想を「印象深い経験だった」と述べられ、異文化に触れ、母国語から離れるという経験により、さらに佳子さまの英語も上達されました。

自力での留学を勝ち取られたというところには、佳子さまの強い意志を感じざるを得ませんし、そうしたところが魅力の一つでもあらせられるのかもしれません。

佳子さまの初めての英語でのスピーチ

佳子さまの初めての英語でのスピーチは、2018年に茨城県つくば市で行われた第30回『国際情報オリンピック』の開会式です。

セレモニーはすべて英語で行われ、“若い人たちに関心を呼び起こすことを期待しています”と、佳子さまも英語で選手を激励されました。

初めての公務で国際大会の場での佳子さまの英語でのスピーチは、初めてとは思えないほど堂々とされており、テレビでの報道やインターネットでも話題となりました。

佳子さまの英語力にはいろいろな評価もあるようですが、大変なプレッシャーの中で、世界中の人々の前で話す姿を拝見すると、やはり相当の努力をされていることがわかります。これから日本の皇族として、海外の場でご活躍されることが期待できますね。

佳子さまが英語を上達する理由とは?

佳子さまも含めた皇族の方々の英語のスピーチでとても印象的な部分は、品格ある綺麗な英語を使われているという事。
優しく美しい英語で発音も聞きやすく、英語に慣れていない日本人が聞いても耳に自然と入っていきます。

佳子さまの英語も声とリズムが良く、聞きやすい英語との評判がありますが、幼少時代の海外生活や留学経験もなく、気軽に英会話スクールに通ったり、海外留学も自由に大学を決めることもできない中で、佳子さまは英語をどのように上達させたのでしょう。

それは、日本語が母国語として定着する前の幼少期から、英語に親しませ、英語を英語のままスピーディーに理解する工夫がされた皇室に受け継がれる外国語の学習法があるようです。
決して特別な方法ではなく、英語を習得するために長い年月をかけて根気よく学習する方法なのです。

佳子さまにとっての英語とは?

そして英語とは自分にとって何をするための「手段」なのか考え抜かれ、佳子さまもそのように伝統的な英語の学習を受けて来られたのでしょう。

佳子さまが進学された国際基督教大学は、秋篠家のメンバーの進学先となっていることから、英語教育に力を入れていることが十分に理解できます。

今後も佳子さまにとっての英語とは、日本の代表として日本の文化、風習、伝統を海外に自分の言葉で発信するひとつの方法となり、日本のいいところをどんどん世界に広められ、その使命を果たすため、英語力を高められることでしょう。

2019年9月にはオーストリアとハンガリーの公式訪問など、今後も皇族としての公務が増える佳子さま。とびきりの笑顔で世界と向き合って頂けることを願います。


今後さらに期待される、佳子さまの英語による海外公務。日本の代表、誇り高い日本の皇族として、世界中の人々の胸に響く英語でのスピーチを披露されることでしょう。あたたかく見守りたいですね!

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.