STYLE PRESS

Fashion  2018.10.31|Fashion

キャップ女子必見!季節別ファッションを知って楽しくお出かけしよう

キャップはスポーツの時しか使わない、マニッシュスタイルにしか使えない、日差しの強い季節しか使いづらい……。そうやって決めつけてファッションの幅を狭めてしまっていませんか?今回は、季節別に使えるキャップファッションアイディアをご紹介します。

キャップファッションはコーディネートが難しいと思っていない?

つばが前についており、野球帽などスポーティーなイメージの強いキャップ。運動時のファッションにしか使えない、マリン調のスタイルにしか合わせられないと思っていませんか?

実はキャップとは季節を問わず、被るだけでいつものコーデにワンポイントを加えた、脱マンネリを成功させてくれる万能アイテムでもあるんです。

色を上手にチョイスすれば一年中使えますし、フェミニンやガーリーな服装と合わせれば、甘さを引き算しておしゃれのバランスを取るのにも使えます。

今回は、使い勝手のいいキャップファッションの季節別コーデをご紹介します。

キャップの春ファッション【1】ベージュキャップでラフなお散歩コーデ

春には柔らかい雰囲気を醸し出すベージュのキャップが大活躍します。爽やかな白Tシャツには、ラフで軽やかなバギーパンツを合わせましょう。白、水色、ベージュといった淡い膨張色には、濃いめのネイビーでピリッと引き締めるのが正解です。

まだ少し肌寒い春には、花柄ロングシャツを羽織って。爽やかなお出かけルックが完成します。

キャップの春ファッション【2】ベージュキャップとボーダーシャツのピクニックコーデ

ベージュキャップはボーダーとも相性が抜群です。赤とネイビーはマリンルックの定番カラーですが、差し色としてベージュをプラスしてみましょう。ベージュは寒色系にも暖色系にも合わせやすい優等生カラーなので、どんなファッションにもしっくりきます。

キャップの春ファッション【3】ベージュキャップでスパイスを効かせたガーリーコーデ

爽やかな春の季節には、ほがらかな陽気に合わせた優しいカラーの服装が似合います。パステルカラーのフレアスカートを使ったフェミニンスタイルにだって、キャップを合わせることでいつもと違ったガーリースポーティースタイルに仕上げることができます。

ちょっと甘すぎるように思えるキュートなスカートに、黒のボーダーとスニーカーを合わせてピリッと引き締めましょう。最後にガーリースタイルの真逆をいくキャップを合わせることで甘さにスパイスを。甘さと辛さがちょうどいいミックスバランスになりますよ。

キャップの夏ファッション【1】白キャップで引き締め効果バケーションコーデ

夏と言えばキャップが大活躍する季節ですよね!夏は爽やかに白をベースとしたファッションを極めてもいいでしょう。白Tシャツに白キャップ、白のサンダルが似合うのは夏ならではです。

そこにてろっとしたインド綿のような薄い素材のガウチョパンツをざっくり合わせて、ラフに着こなしましょう。上下柔らかい素材のもので合わせた際は、白のキャップで引き締め効果を狙ってみて。

カジュアルだけれどラフになりすぎない、セレブ感の漂うバケーションファッションになります。

キャップの夏ファッション【2】白キャップが爽やかな夏の定番マリンルックコーデ

夏と言えばマリンルックは外せません。白とネイビーの定番の組み合わせでクールに決めましょう。夏のファッションには欠かせない白キャップで、爽やかさを演出することも忘れずに。

ボーダーTシャツをロングスカートにインすることで足長効果も出て、ゴージャスな印象になります。

キャップの秋ファッション【1】ブラウンキャップが知的さを演出する芸術の秋コーデ

キャップは春夏だけに似合うアイテムではありません。こっくり秋色を選べば、シックな秋ファッションにも綺麗に合わせることが可能です。

例えばブラウンのキャップにチェックのセーターを合わせて、学生ルックに仕上げても可愛いですね。ブラウンのスカートとバッグで統一感を持たせ、秋のイチョウ並木が似合いそうな勉強と芸術の秋ルックの完成です。

キャップの秋ファッション【2】カーキのフライトキャップがアクセントの山ガールコーデ

深みのあるカーキカラーは秋コーデにとても馴染みます。ファーがついた秋冬仕様のフライトキャップなら、なおさら秋ファッションに存在感を出してくれます。

キャップに強い印象と重みがあるので、洋服は優しい花柄ワンピでバランスの足し引きをしましょう。無地のワンピよりあえての花柄チョイスで、スイート感も上手に取り入れるといいですよ。

キャップの冬ファッション【1】黒キャップとモノトーンで品を出す大人コーデ

黒キャップは、冬のダークカラーのコートやジャケットと相性抜群!冬でもぜひキャップをコーデに取り入れていただきたいです。

アッシュ系のセーターにロングスカートを合わせた、冬の大人っぽいワントーンファッションも素敵。ですが、黒のキャップとブーツでさらに引き締め効果を出せば、上品に仕上げることができます。

キャップの冬ファッション【2】ブルーキャップを差し色にしたメンズライクコーデ

明るいカラーのキャップでも、ベロア生地なら冬コーデにしっくりきます。冬は黒やグレー、茶色などシックなカラーをコーディネートすることが多いので、明るめカラーのキャップがむしろ差し色となり、ファッションのアクセントにもなりえます。

寒い冬の時期こそ、大胆にカラーを取り入れてファッションを楽しんでみましょう。

おすすめキャップ【1】ロゴ刺繍キャップ

シンプルで使い勝手の良い黒いキャップは、ヘビロテになること間違いなし!スポーティースタイルに合わせてもばっちりですし、ガーリースタイルのカジュアルダウンに使ってもいいでしょう。目立ちすぎないロゴ刺繍が可愛さをアップしてくれます。

ロゴ刺繍キャップ

¥799

今すぐチェック

おすすめキャップ【2】コーデュロイキャップ

綺麗めスタイルに合わせて大人っぽくおしゃれに決めたいなら、キャップの素材にこだわってみましょう。コーデュロイ調のキャップは、大人カジュアルコーデにぴったり。シックなスタイルにも合わせやすいブラックキャップをいつものスタイルに取り入れて、ワンランク上のコーデに挑戦してみましょう。

おすすめキャップ【3】ダブルロゴバックタブリングキャップ

みんなと差をつけたおしゃれなキャップを身につけたいなら、形にもこだわりましょう。バックスタイルにロゴテープがついたキャップなら、歩くたびゆらゆら揺れてキラッと個性が光ります。つば先のダブルのシルバーリングがクールで、カッコいいスタイルにぴったりです。


キャップはいつものあなたのファッションの幅を広げたり、コーデを引き締めたり、アクセントをつけてくれる有能なアクセサリーです。日差しの強い季節だけとは言わずに、一年を通してキャップを使ったコーディネートを楽しみましょう。

お問い合わせ

Copyright 2020 STYLE PRESS All Rights Reserved.